SONY DSC

薬剤師求人サイトのランキングは信じていいの?有効活用する方法は?

薬剤師求人サイトの情報が知りたくてネット検索。すると求人サイトの比較表やランキングがたくさん見つかります。実は、これらのほとんどは根拠が薄く信頼に値するものではないのです。 この記事では信頼できる比較表・ランキングの見分け方を紹介し、徹底取材を通じて作成した「求人サイト比較表の決定版」を公開します。転職を成功させるためには良質な求人サイトへの登録は必須。ぜひご一読ください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.信頼できる薬剤師求人サイトの比較・ランキングの見分け方

誰が、誰に向けて書いているのかが明確か?

インターネットで検索すると、「おすすめ薬剤師求人サイトランキング」などのサイトを見かけることがあります。

  • ・転職サイトランキング! 1位:薬剤師○○、2位:薬剤師△△
  • ・薬剤師○○と薬剤師△△を徹底比較!!

といった内容ですね。これらのサイトの多くは、残念ながら信ぴょう性が薄いものです。なぜならどのような運営者が、誰をターゲットとして作ったのか不明確だからです。

なぜ、このようなサイトが乱立しているのでしょう?基本的には転職希望者のニーズが高いからだといえるでしょう。「薬剤師求人サイトが多数あるので、どこを利用すればいいのか迷う」と悩んでいる人が多いのです。
しかし、ランキングや比較の対象となる転職サイトは基本的に大きな違いはありませんよね。「薬剤師が理想の転職を果たす」という目的は同じです。

それを踏まえて「求人サイトのランキング・比較サイト」を考えてみると、まとめサイトのランキング情報を鵜呑みにするのはおすすめできません。
本当に重要なのは、求人サイトは絞るのではなく、できるだけ幅広く登録した方が良いということです。たとえ話をしましょう。あなたが川で魚を捕まえるとしたら、可能な限り網を多く仕掛けますよね?それと同じ考え方です。網が多い方が魚を多く捕まえられますし、何より、「思いがけない大物」が捕まる可能性も高まります。
転職サイトも同様です。ひとつではなく、いくつかの転職サイトに登録すれば、それだけ検討に値する求人が多くヒットします。そして自分が望んでいたレアな「理想の求人」が見つかる可能性も高まるのです。しかも、求人サイトのほとんどは無料で登録できるのです。

根拠は明確か?

とはいえ、ランキングサイトは気になるものです。どうしても気になる場合は、その情報が何を根拠に語られているのかをしっかり調べて判断しましょう。もしサイト制作者や運営会社がわかるならそこから見えてくるものもあるはずです。

2.薬剤師求人サイトの信頼できる比較表!

続いては、事実に基づいた「確かな情報」のみで薬剤師求人サイトをみていきましょう。

調剤薬局・病院の求人を探すなら薬キャリかファルマスタッフ!

調剤薬局や病院の求人を探すなら、薬キャリ(エムスリー)かファルマスタッフです。
まず、薬キャリ(エムスリー)については、医師登録者数20万人越えのm3.comを運営しているので、調剤薬局の経営者や病院の経営を担当している医師からも信頼が厚く、調剤薬局や病院の求人を豊富に取り揃えています。
次にファルマスタッフについては、ファルマスタッフの強みは何と言っても日本調剤薬局とメディカルリソースが運営をしているので、調剤薬局業界に強いパイプを持っています。大手調剤薬局転職の情報やノウハウを持っていますので、調剤薬局への転職を考える場合、ファルマスタッフは外せません。
最後に、マイナビ薬剤師ですが、特徴はなんと言っても転職コンサルタントの質です。また、面談が多く、コンサルタントも親身になって相談にのってくれるので、とても信頼できます。なので、利用者の満足度も圧倒的に高く94パーセントという数字を誇っています。より、コンサルタントとともに安心して転職活動したい場合はマイナビ薬剤師がオススメです。

3.薬剤師求人サイトのメリット

続いては、薬剤師の求人サイトに登録するメリットについてみていきましょう。1人で転職活動を行う場合とどのような違いがあるのでしょう?

非公開求人を紹介してもらえる

薬剤師専門の求人サイトには、一般には出回っていない非公開求人が登録されています。なぜ、公開ではなく、あえて非公開求人として扱うのでしょう?
理由のひとつとして企業側の都合があります。企業が求めるターゲット以外の人からの応募が多く、応募者対応などで手間ばかりかかってしまうのです。
たとえば専門性の高い薬剤師やビジネス英語ができる薬剤師など、一般的な求人サイトではなかなか条件にマッチする応募者が集まりません。専門サイトにしか求人を載せないという企業もあるほどです。
給与などの条件面や仕事内容の面でより良い条件の求人をお探しの方は、一度薬剤師専門の求人サイトに登録してみましょう

転職エージェントに相談できる!しかしハズレのエージェントも…

転職サイトに登録することの最大のエリット、それは「エージェントがあなたの味方に付いてくれること」です。エージェントは、求人情報ではわからない情報を把握しています。たとえば…

  • 社内の人間関係や、スタッフ同士の雰囲気
  • ・企業が求める人材
  • ・飲み会などの社内行事の頻度

「えっ、そんなことまで知っているの?」という情報をあなたに教えてくれるでしょう。
また年収などの条件は、コンサルタントを経由して交渉することができるので、交渉が苦手な方も安心です。

しかし、転職エージェントも人間です。担当との相性がよくないと感じたり、考え方に共感できないといったこともあるようです。実際、転職エージェントも仕事ですから成績を上げなければなりません。その成績とは「転職させた人数」で決まることがほとんどなので、応募者の意向と違う紹介会社を提案をしてくるケースも多いのです。
そのような場合は担当を変えてもらったり、別の転職サイトに乗り換える選択肢もあります。
違和感を抱きながら転職活動を行う必要はありません。担当の転職エージェントが自分に合わないと感じたら、自分の直感を信じて遠慮なく断りましょう。

無料で登録できる

転職コンサルタントの利用は原則無料です。一円も払わずに手厚い転職サービスを受けられるのですから、使わない手はありません。
転職サイトをうまく活用し、効率的に情報を集めれば、短期間で理想の勤務先に転職することも夢ではありません。

4.薬剤師求人サイト登録から転職までの流れ

転職する際に転職サイトを活用すること、そしてコンサルタントを活用することのメリットはご理解いただけたかと思います。では、実際に転職活動はどのような流れで進んでいくのでしょうか?詳しくみていきましょう。

まずは転職コンサルタントと希望条件を伝えよう

転職サイトに登録すると、エージェントから連絡が来て打ち合わせを行う話になるはずです。打ち合わせはさまざまな方法で行います。求職者がエージェントの最寄り支店まで足を運ぶこともありますし、エージェントとカフェで待ち合わせることもあります。
遠方の場合は電話やSkype、メールなどのオンライン面談も行われます。

エージェントに転職相談する際は、自分の希望条件、転職理由をすべて伝えてください。あなたの理想に合う仕事を紹介してくれるでしょう。「正社員以外は考えていない」「土日祝日は完全休みが良い」とか「人間関係を重視したい」などとにかく思っていることを正直に伝えてください。
希望条件すべてにあてはまる職場はないかもしれません。それでもエージェントは、あなたが働くうえで大切にしていることを読み取り、いろいろな仕事を紹介してくれます。あとはあなたが求人内容を確認し、判断すればいいのです。
選考中の応募者は企業に「選ばれる側」と考えがちですが、企業を「選ぶ側」でもあります。気になることがあれば断ってもいいですし、担当エージェントを通じて条件アップの交渉などをしても問題ありません。

コンサルタントとの打ち合わせはさまざまな方法で行います。求職者がエージェントの最寄り支店まで足を運ぶこともありますし、コンサルタントとカフェで待ち合わせることもあります。遠方の場合は電話やSkype、メールなどのオンラインでの面談も行われます。

コンサルタントに転職相談する際は、自分の希望条件、転職理由をすべて伝えてください。そのうえでコンサルタントがあなたの理想に合う仕事を紹介します。「正社員以外嫌だ」とか「土日祝日は完全休みがいい」とか「人間関係が良いところがいい」などとにかく思っていることを正直に伝えてください。
希望条件すべてにあてはまる職場はないかもしれません。それでもコンサルタントは、あなたが働くうえで大切にしていることを読み取り、いろいろな仕事を紹介してくれます。あとは求人内容を確認し、あなた自身が判断すればいいのです。

選考中の応募者は企業に「選ばれる側」と考えがちですが、企業を「選ぶ側」でもあります。また、薬局などの店舗についても同じことが言えます。気になることがあれば断ってもいいですし、担当コンサルタントを通じてさらに深い相談をしても問題ありません。

履歴書の添削や面接の練習をしてくれる!

転職でわずらわしい作業といえば履歴書や職務経歴書の作成。しかし、エージェントがしっかりサポートしてくれます。履歴書や職務経歴書の添削、さらには面接の練習のサポートなどの転職支援サービスを行っているのです。
エージェントの最寄り支店に出向いてサポートを受けることもできますし、支店が遠い場合や時間がない場合はSkype(ネットで行うテレビ通話)やメールなどを使って受けること可能です。

面接対策は、Skypeであれ訪問であれ事前にフィードバックをもらっておくと有効です。本番で緊張してしゃべれない、ということがないようにしっかり準備しておきたいものです。
一方で履歴書や職務経歴書の添削については、エージェントのスタッフ全員がキャリアコンサルタントの資格を持つわけではないため当たりはずれが大きいです。いずれにしても内容面というより表面的な部分の修正係だと思ってください。
しかし自分では気がつかない誤字脱字や、レイアウトの崩れ、表現について第三者の意見がもらえるのは、よりよい履歴書を作るうえで貴重なアドバイスとなります。志望動機やアピールする経験について相談する場合は、自分の状況をしっかり説明しておくといいアドバイスがもらえるでしょう。

面接に同行してくれることも!

転職コンサルタントによっては面接同行サービスをおこなっています。面接が不安という人にとってはうれしいサービスですね。ただし「面接ではあくまで自分が主役」という意識を忘れてはいけません。実際コンサルタントが面接に同行しても、積極的に発言することはあまりなく、あくまで同席しているというだけと考えてください。
しかし、1人で臨むよりはるかに気が楽になるのは確かでしょう。

そんな魅力のある「面接同行サービス」ですが、転職活動にマイナスに働く可能性もあります。面接官によっては「ひとりで自己アピールもできない人間」と思われ、悪印象を持たれてしまうからです。そもそも、コンサルタントの面接同行を許可していない企業もあるようです。
だからこそ、企業の面接スタイルを熟知しているコンサルタントへの事前の転職相談が重要です。同行すべきか、単独で臨むべきかを判断し、あなたの魅力を最大限に引きだせる面接スタイルを提示してくれるはずです。

【必読】薬剤師の転職サイトを有効活用するために

転職希望日を、6か月以上先と言わないようにしましょう。

転職サイトへの登録時や電話での本人確認時には、転職希望時期を聞かれます。 転職サイトは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている人は極力「6ヶ月以内」と回答しましょう。

【2017年最新版】これだけ見れば自分にピッタリなサイトがまるわかり!「勤務条件別」薬剤師転職サイト一覧

求人サイト名
調剤薬局
ドラッグストア
病院
製薬企業
高時給派遣求人あり
薬キャリ

時給や通勤時間などの要望が通りやすい

調剤併設・OTCなど情報が詳細

病院の設備や取り組みなどの情報を保有

製薬メーカー・CROの求人あり

時給3500円の求人も

登録はコチラ
調剤薬局、ドラッグストア、病院の求人情報数は日本最大級。薬剤師で転職するならまず初めに登録するべきサイト。「産休・育休取得実績あり」「ブランク・未経験OK」「研修充実」などママ向け求人情報が豊富。また親会社エムスリー(m3)のパイプで病院や製薬企業への転職にも強く、ほとんどのニーズに対応できる最強求人サイト。時給3500円の高額派遣求人も多数ある。

公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師

調剤薬局求人が25,000件以上(日本最大級)

求人掲載されている店舗全てに訪問している

看護師・医師との人間関係も把握

新卒事業があるので大手製薬企業に強い
×
サポートしていない

登録はコチラ
スキルに自信がない人でも最後まで丁寧にサポートしてくれるため、男女問わず若手薬剤師および復職ママ薬剤師からの人気が高く、満足度は3年連続でNo.1を獲得(楽天リサーチ調べ)。ハードルの高い病院や企業の転職でも最後までサポートしてくれる。また、拠点が全国10箇所以上にあるので首都圏だけでなく地方求人にも強い。初めての転職なので会って相談をしたいなら、まずマイナビに登録をし、サブとして他の転職サイト(2,3社)に登録しておくと良い。

公式サイトはこちら

ファルマスタッフ






登録はコチラ
派遣薬剤師の求人数は国内トップクラス。時給4,000円の派遣求人も取り扱っている。派遣を検討しているならエムスリー「薬キャリ」と「ファルマスタッフ」に登録を。全国15カ所拠点があるので、実際に面会してのサポートを希望する方にオススメ。病院や製薬企業への転職を検討されている方には不向きです。

公式サイトはこちら

ファーマキャリア




×

登録はコチラ
希望条件に合う求人がない場合薬局・病院に交渉して「オーダーメイド求人」を作ってくれる転職サイト。転職に求める条件が厳しく、「他で断られてしまった」という薬剤師や、絶対に勤務条件をアップさせたいというキャリア志向の男性に人気。

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師




×

登録はコチラ
求人情報の質と紹介スピード重視の転職サイトで、運営がリクルート社のため企業への転職サポートが得意。企業への転職ならマイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師のように大手企業が運営する転職サイトに登録するのがおすすめ。

公式サイトはこちら

ヤクジョブ






登録はコチラ
意外と派遣の求人を扱っている転職サイトは少ないので、派遣を検討されている方は登録必須。特にスポット派遣の求人数が多い。ヤクジョブの派遣は福利厚生がしっかりついていることでも有名。

公式サイトはこちら

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら