pixta_23183154_S

転職したいけど不安なあなたへ!転職して幸せをつかむ方法

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

この記事にたどり着いたあなたは、何かしらの理由で転職したいと考えているはず。しかも今ひとつアクションまで踏み切れず、モヤモヤとした感情を抱え続けている人もいるかもしれませんね。

転職は決して後ろ向きな選択ではありません。積極的に幸福をつかみにいく前向きな方法なのです。転職したいという気持ちを実際のアクションにつなげたい方、ぜひこの記事を最後までお読みください。

①【年代別】転職したい、その理由は?

転職理由は人それぞれ。入社時は期待に胸をふくらませていても、働くうちに自分に合わない会社だとわかったり、自分自身の考えが変わったりすることは珍しくはありません。
まずは人々がどのような理由で転職を決意しているのか、年代別にみていきましょう。

全年代に共通する転職したい理由

仕事内容

仕事内容に対する不満は、代表的な転職理由のひとつです。入社時にイメージしていたものと違う仕事や、自分が求めるレベルより簡単すぎる仕事、逆に難しすぎる仕事だとストレスを感じてしまいます。毎日単調な仕事が続く、ひとりでは処理できないほど困難な仕事をまかされるなど、仕事内容に納得がいかないことが原因で転職を決意する人は多いです。

人間関係

職場は一日の大半を過ごす場所ですから、周囲の人との関わりはとても重要です。たとえば同僚や上司、後輩との関係が良好でないと仕事に支障が出てしまいます。人間関係のしがらみにとらわれず本来の業務に集中したい、これ以上悩みたくない、という理由で転職を選ぶ人もいます。

プライベートの変化

自分自身は働き続けたくても、やむを得ないプライベートな理由で転職しなければならないこともあります。たとえば出産や育児、配偶者の転勤や家族の介護などです。

条件面の不満

条件面の不満も転職理由に直結します。たとえば給与面への不満や、残業や休日取得に対する不満などです。入社時は納得していたとしても、生活の変化にともない求める条件が変わることもあるでしょう。

新卒20代の転職したい理由

20代は自分の考えや好みによって仕事を選ぶ傾向にあります。若さゆえに新しいことにも挑戦しやすいですし、リスクのある転職にも踏み切りやすい年代です。「働く上で何を大切にしたいのか」「どの仕事が向いているのか」といったビジョンや適性がまだ確立されていないため、実際に働いてみて自分の考えに気付くこともあるでしょう。

スキルアップ、キャリアチェンジ

20代はその若さゆえ、新しいことへの挑戦やスキルアップへの意欲も強く、勢いがあります。そのため転職を決意するスピードも早いです。第二新卒を対象にした転職市場も活発で、若者に合ったカジュアルな採用手法が増えていることも20代の転職の後押しになっています。

失敗や挫折

20代の多くは社会で働くことが初めてです。社会人としては未熟な部分があるため、壁にぶつかるたびに挫折感を味わい、「今の仕事は向いていないのでは」とネガティブにとらえがちです。学生の頃には味わったことのないような挫折や失敗が、転職を考えるきっかけとなるようです。

30代の転職したい理由

結婚や出産などプライベート面での変化があらわれ始める30代。パートナーや家族を理由とした転職が増えてきます。「これで最後の転職にしよう!」と決めている方も多く、転職時もはっきりとした理想を描いている方が多いのが特徴です。

出産・育児・介護等、家庭状況の変化

出産、育児、介護といった家庭の状況の変化によって、働き方や勤務地、仕事内容を変えなければならないこともあります。とくに女性が家庭に合わせた選択をするケースが多いようです。

待遇改善

30代になると将来のことを見据え、待遇を改善したいという人が増えてきます。たとえば「子どものためにもっと収入を増やしたい」「家族と一緒に過ごせる時間を増やしたい」などです。また、30代はスキルをさらに磨き、市場価値を高めて今後の転職に備えようとする傾向もあります。

40代の転職したい理由

積極的な理由ではなく、「転職するしかない…」という理由で転職をする人が増えるのが40代です。転職時にはスキルや経験、年齢や人柄などが職場になじむかといった点を厳しく見られるため、できれば転職をしたくはないという方が多いようです。

将来への不安

勤務先の経営悪化や、新たな技術や社員によって仕事を奪われるかもという危機感も転職の引き金になります。「これ以上年を重ねる前に転職しよう」という切実な理由が多いようです。

精神的・体力的な要因

40代になると以前のようにバリバリと働くことが体力的に難しくなってきます。また「中年の危機」という言葉があるように、メンタル面でも問題が生じやすい年代です。そのため以前はできていた仕事に限界を感じることもあるようです。

②転職したいけど踏み切れない…5つの理由

「転職したい」という思いはあっても、いざ転職活動を始めるとなるとためらう人も多いはず。ここでは、なぜ転職に踏み切れないのか、その理由をみていきましょう。あなたはどのポイントで踏みとどまっているでしょうか?

理由①転職活動の時間がない

残業が多かったり、有給が取りにくい会社は多く存在します。そのような環境では求人情報をチェックする時間はおろか、面接に行く時間さえも確保できません。転職は想像以上に労力が必要です。そのため本業と並行しながらの転職活動は、心身ともに疲弊してしまう可能性も。結果的に「今のままガマンするか…」と転職をあきらめる人も少なくありません。

理由②今の職場に未練がある

転職には興味がありつつも、現職でやり残したことがあったり、人間関係が良好であったりするとなかなか退職しづらいものです。特に職場の人と仲がいい場合は、居心地の良さから現職にとどまる選択をしがちです。

理由③転職に不安がある

現状を変えるためには転職がベストな方法だと思いつつも、転職が成功する確証がないため踏み切れない人もいます。特に転職経験がない場合は成功するイメージがわかず、漠然とした不安に駆り立てられることもあるでしょう。

理由④家族に納得してもらえない

独身の場合は自分が納得すれば転職できますが、年を重ねると家族など抱えるものが増え決断しづらくなります。転職をした結果、安定した収入が得られなくなったり、収入が減る可能性も大いにあります。仕事によっては転勤を余儀なくされるケースもあります。生活の変化が生じるかもしれない転職には、どうしても慎重になってしまいます。

理由⑤転職をネガティブにとらえている

日本では、まだどこかで「長期間働くことが美徳」「残業や休日出勤をしている人=仕事をがんばっている人」というイメージがあります。職場を変えることは、目の前の問題から逃げたという印象を持たれることも少なくありません。そのため多少不満があっても我慢し、今の職場にとどまり続けるという人もいるようです。

転職をすることは「逃げ」ではない

転職は大きな決断です。不安に思うのも当然でしょう。以前は「転職=逃げ」という認識が一般的でしたが、近年は働き方の価値観も大きく変わり、転職を前向きにとらえる傾向にあります。今のあなたの気持ちに耳を傾け、ベストな選択が転職であるなら、まずは一歩踏み出してみることが大切です。
今の時代、幸いインターネットでいくらでも求人情報を探すことができます。無料で相談にのってくれるサービスもあります。今すぐに「絶対転職する!」と決めなくても、まずはそういったサービスを通じて自分を見つめ直してみるのもよいでしょう。

③転職すべき人、すべきでない人の違いは?

本当に転職をした方が良いのか、という悩みはひとりでは解決しません。ここではどのような人は転職すべきなのか、逆に転職すべきでないのはどんな人なのかをみていきましょう。

転職したほうがいいのはこんな人

一人前になれたと感じる人

今の会社で限界まで成長できたというのであれば、次のステージを検討するべきです。目標とするスキルを身につけたり、実績を残したり、一人前の定義は人それぞれです。たとえば営業であれば毎月予算が達成できる、指導した後輩のトラブルも解決できるなどです。

会社と自分の方向性が違う

会社のビジョンと自分のビジョンが一致せず、なんとなくモヤモヤを抱えたまま仕事をするのは避けるべきです。そのモヤモヤはどんどん大きくなり、いつしか会社との決別を招くでしょう。方向性をが一致しているということは「同じ夢を持てる」ということです。どうせ働くならそんな会社でのびのびと、やりがいを持って働きたいですよね。

心身が疲れ切っている人

何をするにも体が資本です。目の前の課題に向かって努力することは大切ですが、自分の体や心にも耳を傾ける必要があります。よく眠れない、涙が勝手に出てくる、仕事をしていると気分が悪くなる等の症状があるようでしたら、一度立ち止まって気持ちを整理してみましょう。

転職しないほうがいいのはこんな人

一時的な感情に流されている人

「〇〇が嫌いだから」「〇〇ができないから」といった負の感情を理由とする転職には注意しましょう。その場から逃げ出したいがために、さまざまな理由を自分のなかで正当化している可能性があるからです。
とはいえ仕事上でどうしても受け入れがたいことや、避けたいこともあるでしょう。まずは一時的な感情には流されず、気持ちが落ち着くまでは転職を決めないようにしましょう。転職したい理由を紙に書きだして客観的に整理するのもおすすめです。また、人に相談してみてみるのも有効な手段です。

すぐに転職してしまう人

働いていれば何かしら不満は出てくるものです。「上司との相性が悪い」「今の仕事は自分には向いていない」といった理由で退職したとしても、次の職場でも似たようなことで悩まされる可能性はあります。しかしその度に転職をしていては、「ジョブホッパー(すぐに転職をする人)」の烙印を押され、次第に採用されにくくなってしまいます。もちろん我慢することが必ずしもよいとは限りませんが、現状の課題を克服することも社会人としては必要です。

④転職したいけどやりたい仕事がない見つからない人の対処法

「転職はしたい、でもやりたいことが見つからない」という悩みは多くの人が抱えています。経験や年齢を重ねても、自分の適性には気づいていないことが多いものです。そのような方は最初から条件を絞らず、幅広く世の中の仕事に触れてみてはいかがでしょうか。予想外の仕事が自分の天職であるかもしれません。ここではやりたい仕事が見つからない人に向けてのアドバイスをみていきましょう。

現在の職種に関連した職種を知る

まずは今の仕事に関連する仕事をイメージしてみましょう。たとえば以下のように思わぬ職種が自分に向いている可能性もあります。

【営業から採用担当者へ】コミュニケーション力とアピール力を活かせる

営業経験者が採用担当者に転職するケースは非常に多いです。なぜなら営業のスキルが採用担当としても活かせるからです。営業は会社の顔としてクライアントと接し、商品の魅力をアピールし、相手に合わせてコミュニケーションを取ります。一方採用担当者はその会社の顔として、自社の良さを求職者にアピールします。採用難の時代、いかに求職者に内定承諾をもらうかといった点は企業としても課題です。攻めの採用が求められている今、営業の経験はアピールしやすいでしょう。

【サービス業から人材業界へ】接客経験を活かせる

ホテル、アミューズメント、小売経験者は人材会社からのニーズがあります。サービス業で培った「お客様に気持ちよく過ごしてもらう」ためのホスピタリティ精神が、求職者や法人担当者とやり取りをする人材会社の営業に活かせるのです。サービス業の知識も豊富に持ち合わせているため、ポテンシャルと意欲さえあれば足りない点は補えるでしょう。

未経験でも転職できる職種を知る

転職を考える際、現職とはまったく異なる業界へ興味を持つこともあるはず。具体的にどのような職種であれば未経験でもチャレンジしやすいのかみていきましょう。

介護・保育系のお仕事

経験や年齢を問わず転職しやすいのが介護や保育系です。老人福祉施設や保育園は人手が足りておらず、自治体によっては人材教育のプログラムを持っているところもあります。

サービス系のお仕事

2020年のオリンピックに向け、全国的にサービスの質を上げていこうという動きがあります。接客の経験がなくとも、素質としてホスピタリティを持ち合わせていればすぐに戦力になれます。語学力があればより活躍の場は広がるでしょう。

IT・インターネット系のお仕事

新たな技術やサービスが次々と生まれてくる一方、人材不足に悩まされているIT業界。実は素養があればチャレンジできる仕事もあります。たとえば「デジタルマーケター」というスマホなどの電子媒体の分析や施策立案をする仕事は、Excelが得意であったり、Webディレクター出身であったり、何かしらデジタル関連の知識があればチャレンジできるでしょう。

⑤転職の不安を解消する方法

転職に不安はつきものです。むしろ不安を抱いていないという人はほとんどいないでしょう。どうすれば転職にまつわる不安を解消できるのか、具体的な方法をみていきます。

相談できる人を見つけておく

会社を辞め新たなフィールドを切り拓くには、相当なエネルギーが必要です。そんな時に家族や親友、恋人など身近に相談できる人いれば大きな支えとなってくれるでしょう。転職に対する考えを話すことで、改めて自分の気持ちが整理されることもあります。自分のことはなかなか客観視できないものですが、第三者の意見を聞くことで新しい発見もあるはずです。

転職エージェントを利用する

家族や友人以外にも、転職の際に味方になってくれる存在があります。それは転職サイトの転職エージェントです。転職希望者をサポートする転職エージェントは、転職についての知識を豊富に持ち合わせており、最新の業界情報を教えてくれます。転職にまつわることであれば何でも答えてくれるため、あなたが持つ不安も解消されることでしょう。

転職エージェントの利用料は一切無料です。転職エージェント側はあなたが入社することで紹介料を得るビジネスモデルであるため、惜しみないサポートを提供してくれます。

転職はひとりで戦うものではありません。周囲のサポートを得ながら、あなたが今よりもっと輝ける、納得のいく仕事を探しましょう。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。