people do medical experiment in lab

抗菌化学療法認定薬剤師とは?業務内容や資格取得方法について

チーム医療の現場では、薬剤師には、医師のサポートといったこれまでの役割から、医師や看護師などの他の医療スタッフたちと協力して一緒に治療に当たっていくという役割への転換が求められています。抗菌化学療法を実施するにあたって、薬剤の専門家として積極的に治療に関わる『抗菌化学療法認定薬剤師』。具体的な業務内容や資格取得方法、年収について説明してまいります。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,抗菌化学療法認定薬剤師とは

公益社団法人日本化学療法学会が実施・認定する『抗菌化学療法認定薬剤師』の資格は、抗菌化学療法に専門性を特化した薬剤師を育成することで、薬物血中濃度モニタリング(TDM)や抗菌薬に関する薬剤師の発言力を強めることを目的としています。

化学療法と感染症におけるホリスティックな教育内容

発言力を強めるためには、日本化学療法学会が主催する教育セミナーや日本化学療法学会の中の抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会が指定する研修プログラムに参加して、化学療法全般に関する知識を深めるだけでなく、日本TDM学会や日本医療薬学会が実施するプログラムに参加して、専門的に感染症の病態やガイドラインについても学ぶことが必須となります。

抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得するためには、あらゆる角度から見た抗菌化学療法についての実践的スキルや情報を習得することが条件となりますので、自然と医療現場の医療チームにおける責任と発言力が増していくのです。

2,抗菌化学療法認定薬剤師資格の取得方法

抗菌化学療法認定薬剤師資格を申請するために満たさなくてはならない資格と、抗菌化学療法認定薬剤師の申請を行ってから認定を得るまでの流れについて説明します。

抗菌化学療法認定薬剤師の申請資格

薬剤師として抗菌化学療法に5年以上携わっていることを医療機関の施設長あるいは感染対策委員長が証明すること、日本化学療法学会の会員であること、薬剤管理指導や治療薬物モニタリング、医薬品情報業務を通して直接参加した感染症患者の症例報告書を15例以上提出すること、日本化学療法学会が主催する抗菌薬適正使用生涯教育セミナーや講習会などに参加して60単位以上取得していることが、抗菌化学療法認定薬剤師資格の申請者の満たすべき条件となります。

抗菌化学療法認定薬剤師資格の新規申請手続き

抗菌化学療法認定薬剤師認定申請書と薬剤師免許の写し、既定の単位を取得したことを示す書類、症例報告書、所属する施設長もしくは日本化学療法学会評議員の推薦状、抗菌化学療法に関わっていることを示す証明書、そして申請料を振り込んだことを示す書類を、認定申請受付期間内必着で日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会宛てに郵送します。

抗菌化学療法認定薬剤師資格の更新申請手続き

抗菌化学療法認定薬剤師資格の認定期間は5年ですので、認定期間中に60単位を取得して資格更新手続きを行うことができます。更新の際には、取得した単位が分かる書類と更新申請料を振り込んだことを示す書類を、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師認定委員会宛てに郵送します。ただし、認定期間中継続して日本化学療法学会の会員であることが条件となります。

3,抗菌化学療法認定薬剤師の年収とやりがい

病院薬剤師として抗菌薬を扱う際に、薬剤師以外の特別な資格は必要ありません。そのため、抗菌化学療法認定薬剤師の資格が、即年収に反映されることは難しいと言えます。病院によっては資格手当が支給されることがありますが、抗菌化学療法認定薬剤師の資格取得にかかる時間などに見合う額とはならないことが多いでしょう。

ですが、抗菌化学療法認定薬剤師の資格を保有しているなら、より実践的かつ効果的な方法で業務を行うことが期待できます。抗菌化学療法に携わる薬剤師なら、自身のスキルアップのための必須資格と言っても過言ではありません。抵抗力が弱った患者に責任を持って処置を行っていくためにも、常に学び続けることで資格の維持ができる抗菌化学療法認定薬剤師資格は非常に有意義であると言えるでしょう。

4,抗菌化学療法認定薬剤師資格が活かせる場所

病院内の感染対策チームで抗菌化学療法認定薬剤師としての資格を活かし、抗菌薬の適正使用を実施することで治療効果向上に貢献することができます。また、院内感染対策にも抗菌化学療法認定薬剤師としての知識とスキルが活用することができます。

5,抗菌化学療法認定薬剤師の適性

抗菌化学療法の分野は、進歩が著しい分野でもあります。治療方法や薬剤など、新しい技術を使用したものが次から次へと発表されています。そのため、抗菌化学療法に携わる薬剤師も常に学び続ける姿勢が求められています。

新しい治療法や治療薬を自分の知識として吸収し、患者に最善の治療を提供したいと願う姿勢を持っていることが、抗菌化学療法認定薬剤師への適性だと言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら