調剤報酬点数表に書く薬剤師

研修認定薬剤師とは?制度の意義や取得方法、活かされる場について

医薬品や医療の分野では、常に新しい技術が生まれています。そのため、薬剤師資格の取得はゴールではなく、各自のスキルをアップさせていくスタート地点だと言えるでしょう。薬剤師が自己研さんを行うための1つのスケールとして、『研修認定薬剤師』の制度があります。『研修認定薬剤師』制度の意義や『研修認定薬剤師』になるための方法、どのような場で『研修認定薬剤師』であることが活かせるのかを説明してまいります。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,研修認定薬剤師とは

薬剤師の国家試験合格後も継続して知識やスキルを習得し、たゆまぬ努力をしていることを示すことが『研修認定薬剤師』であり続けることを意味します。倫理や基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関連法規などに関する講座を指定期間内に受講し、学会参加や研究会参加などで必要な単位数を取得すると、『研修認定薬剤師』の資格を認定・更新することができます。

2,研修認定薬剤師制度の意義

研修認定薬剤師制度の第一の意義は、薬剤師に受講者として、生涯学習する機会を与えることです。薬剤師の資格は一度取得してしまえば、研修や講義を受けなくても一生涯保有することができます。ですが、医学や薬学が飛躍的な進歩を遂げる中、薬剤師も常に新しい知識を取り入れ学び続けなければなりません。薬剤師資格とは異なり、研修認定薬剤師の資格は学び続けることが資格維持の条件となりますので、薬剤師は学びの環境に自らを置くことになるのです。

研修認定薬剤師制度のもう一つの意義は、認定を受けた薬剤師が薬剤師免許を保有するにふさわしい資質を備えていることを、他の医療従事者や患者に客観的に示すことです。薬剤師が自己研さんを行っている資格者なのかそうでないのかは、他の医療スタッフたちや病院を訪れる患者からは簡単には見抜くことができません。研修認定薬剤師の資格を有しているということが、定期的に研修や講習会を受けている薬学の専門家であると言う証にもなるのです。

3,研修認定薬剤師になるには

学び続ける薬剤師であることを示す『研修認定薬剤師』の資格を取得するには、次のステップを踏む必要があります。

1.薬剤師研修手帳を入手する

ファックスや郵便、インターネットで公益財団法人日本薬剤師研修センターに『薬剤師研修手帳』の購入を申し込みます。日本薬剤師研修センターの賛助会員になることでも、薬剤師研修手帳を入手することができます。

2.研修受講シールを貼る

4年以内に40単位を取得(1年に5単位以上)し、単位取得ごとにもらえる『受講シール(単位シール)』を薬剤師研修手帳に貼り付けます。

単位申請ができるのは、日本薬剤師研修センターが主催する研修や他の団体との共催研修会、指定された学会、通信講座研修、特定口座研修、実習研修、薬局内の勉強会や企業による新薬説明会、書籍やインターネット等による自己学習です。

研修会や実習などの団体学習では研修の場で受講単位分のシールが配布されますが、勉強会や自己学習などの受講シールが配布されない学習の場合は、日本薬剤師研修センターに受講単位請求書を提出して受講シールを郵送してもらいます。

3.研修認定薬剤師の申請手続きを行う

申請期間内に必要単位数が取得できたら、認定申請料の振り込み証明書と取得単位数が証明できる薬剤師研修手帳、研修認定薬剤師認定新規申請書を都道府県の薬剤師協議会に提出します。研修認定薬剤師としての登録が完了すると、認証機関から認定薬剤師証が郵送されます。

4.更新手続きを行う

更新申請は3年ごとに行います。更新申請期日の2か月前に更新用の申請様式が郵送されてきますので、更新を希望する場合はその様式を利用して手続きを行います。更新の際も、単位を認証する薬剤師研修手帳と更新手数料が必要です。3年以内に30単位(1年に5単位以上)を取得し、手数料支払い証明書を同封して郵送しましょう。

4,研修認定薬剤師であることが活かせる場

研修認定薬剤師の資格を保有することや維持することは法的には定められていませんが、自己研さんを行う薬剤師であることを示す客観的な証明書として使用することが可能です。常に知識を取り入れスキルアップを行っている薬剤師として、患者に信頼と安心を与えることができるのです。

また、目の前の患者に安心感を与えるだけでなく、今後接して行く全ての患者に安心を与えることができると思えば、薬剤師が研修認定薬剤師としての資格を保ち続けることは、マクロな視点では国民の利益向上を意味しているとも表現できます。
→認定薬剤師の資格を活かした転職は薬剤師求人専門の「薬キャリ」がオススメ
新規申請のときでも更新申請のときでも、研修認定薬剤師認定書とは別に、写真入りの『研修認定薬剤師IDカード』(ホルダー付き)の発行を希望することも可能ですので、患者に研修認定薬剤師のIDカードを提示しながら自己紹介を行い、充分な信頼を得てから服薬指導などを行うこともできるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら