認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師とは?業務内容や年収、必要な資格について

薬学部が6年制になり、薬学生が学ぶ内容も実習時間も飛躍的に増加しました。必須となった長期間の薬局病院実務実習において、指導的な役割を果たすのが『認定実務実習指導薬剤師』です。『認定実務実習指導薬剤師』の具体的な業務内容や年収、資格取得方法について説明してまいります。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

認定実務実習指導薬剤師の業務内容

公益社団法人日本薬剤師研修センター(JPEC)が2005年から実施・認定している資格制度が『認定実務実習指導薬剤師』です。各薬剤師研修施設に少なくとも1名以上配置することを目標に掲げ、指導者としてふさわしい人材の育成と承認を行っています。

具体的な仕事内容は次の通りです。

  • 実習にやってきた薬学部の学生の指導を行う。
  • 必要に応じて学生を評価し、発展的なアドバイスを行う。

認定実務実習指導薬剤師の資格取得方法

認定実務実習指導薬剤師の資格を取得するためには、どのような条件を満たしている必要があるでしょうか。また、どのような流れで資格取得を行うことができるでしょうか。

認定実務実習指導薬剤師資格の申請条件

病院や薬局での実務経験が5年以上ある薬剤師が、認定実務実習指導薬剤師資格の取得のための研修に応募することができます。ただし、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修認定を取得している薬剤師、もしくは薬学部の修士課程を修了している薬剤師は実務経験が3年以上でも申請することができます。

認定実務実習指導薬剤師養成研修

認定実務実習指導薬剤師資格の養成研修には、ワークショップ形式と講習会形式の2種類があります。認定実務実習指導薬剤師の資格を取得するためには、どちらの形式の研修会も参加し、講習会受講証と修了書を交付されている必要があります。

ワークショップ形式の研修は、一般社団法人薬学教育協議会が認めるものを指します。また、講習会形式の研修は4つの講座から成り、それぞれ『学生の指導について』『薬剤師の指導理念について』『実務実習モデル・コアカリキュラムについて』『参加型実務実習の方法について』を学びます。

認定実務実習指導薬剤師の認定申請

認定実務実習指導薬剤師に新規申請を行う場合には、所定の申請書類(認定実務様式1)に必要事項を記入し、ワークショップの修了書(WS修了書)と講習会の受講証(いずれも写しで可)、最終学歴から現在までの職歴を全て記した履歴書、認定通知書用の官製はがき1枚、認定申請料振り込み明細の写しをまとめ、公益財団法人日本薬剤師研修センターの認定実務実習指導薬剤師認定係へ郵送します。書類に不備がない場合は、1カ月程度で認定実務実習指導薬剤師認定証が送られてきます。

認定実務実習指導薬剤師資格の更新申請

認定実務実習指導薬剤師の資格は有効期間が6年となっています。更新期限日の3ヶ月前から更新手続きを行うことが、1年前から更新講習を受講することができます。登録更新を行うためには、認定期限内に1例以上の薬学生実務実習を指導し、更新直近1年の間、薬剤師としての実務に継続して携わり、認定期限内に合計3年以上、薬剤師として実務を行っていることが必要です。

更新申請書類と更新講習の受講証明書、履歴書、返信用はがき、更新申請料の振り込み明細の写しを認定実務実習指導薬剤師認定係に郵送し、更新申請手続きを完了させます。

認定実務実習指導薬剤師の年収とメリット

厚生労働省では、薬学生の実務実習のレベルを高めるためにも、実務実習研修機関に1人以上の認定実務実習指導薬剤師を配置したいと計画していますが、研修機関となる病院や薬局にとっては認定実務実習指導薬剤師を配置することは義務ではありませんので、特に高い給与や手当を支払って認定実務実習指導薬剤師の有資格者を確保しようという動きにはなっていません。

そのため、認定実務実習指導薬剤師の資格は、年収には直接結び付きにくい資格ということができますが、認定実務実習指導薬剤師になるために講習やワークショップを受けることは、薬剤師にとって大きなメリットがあると言えます。

実務と自身のスキルアップに役立つ認定実務実習指導薬剤師の資格

学生を指導すると言うことは、指導する薬剤師自身に基本から応用までの幅広い知識とスキルが求められる作業です。講習やワークショップを通して再度学ぶ機会を持つことができるのは、得難い機会となるでしょう。

また、実習の実務も学びますので、コミュニケーション方法やグループの進行といった社会生活に必要なスキルも身につけることができます。実際に薬学部学生の実習の時にも活用できる資格ですが、それ以外の場面でも活用の機会の多い資格となることが予測に難くありません。

もちろん、職場によっては認定実務実習指導薬剤師の資格に対して資格手当が支給されることもあります。研修さえ修了すれば取得と更新が比較的簡単な資格ですので、自身のスキルアップのために取得することは有意義だと言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら