調剤報酬点数表に書く薬剤師

毒物劇物取扱責任者とは?業務内容や年収、必要な資格について

毒物や劇物を取り扱う場所において、保健衛生上の責任を負う『毒物劇物取扱責任者』。具体的にはどのような業務を行う仕事でしょうか。また、年収ややりがい、必要とされる資格についても説明いたします。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,毒物劇物取扱責任者とは

毒物や劇物の製造業者・販売業者、輸入業者などは、施設ごとに『毒物劇物取扱責任者』を配置し、それらの危険物が適性に取り扱われるように管理させる必要があります。常に適性に取り扱われていることを確認するためにも、『毒物劇物取扱責任者』は常勤かつ一定の権限を持つ必要があります。

毒物劇物取扱責任者の業務内容

1975年に厚生省薬務局長が各都道府県知事にあてた通知『毒物劇物取扱責任者の業務について』によりますと、次の事柄が毒物劇物取扱責任者の仕事として定められています。

  • 毒物や劇物を製造・貯蔵・陳列・運搬するための設備基準は適正か、点検・管理すること。
  • 毒物や劇物の表示や着色が『毒物及び劇物取締法』の規定に沿っているか確認すること。
  • 毒物や劇物の紛失や漏出を防ぐための措置が規定に沿って行われているか確認すること。
  • 毒物や劇物の運搬や廃棄技術が適正であるか点検すること。
  • 事故時の応急措置に必要な機材が配置されているか点検すること。
  • 事故が起こったときに、保健所への届け出や周辺事業所への連絡を行い、再発防止のための対策を行うこと。
  • 毒物や劇物を取り扱う従業員への教育活動。
  • 毒物や劇物の取り扱いや管理に関わる日誌を作成すること。

2,毒物劇物取扱責任者の資格

毒物劇物取扱責任者としての資格証や免許証は存在しませんので、毒物劇物取扱責任者として国または地方自治体に届け出る場合は、毒物劇物取扱責任者としての資格があることを証明する書類を提出します。

毒物劇物取扱責任者の資格を証明するもの

薬剤師の資格を証明する書類、厚生労働省令で定める学校において応用科学に関する学科を修了したことを証明する書類、都道府県で実施される毒物劇物取扱責任者試験に合格したことを証明する書類のいずれかを提出すれば、各施設において毒物劇物取扱責任者として任用されることが可能です。

上記のいずれかの書類を有する場合でも、18歳未満・心身の障害により毒物劇物取扱責任者としての業務を果たせない者・麻薬などの中毒者・毒物や劇物に関する罪を犯し、刑の執行が終了してから3年に満たない者のいずれかに該当する場合は、毒物劇物取扱責任者として指定することはできません。

毒物劇物取扱責任者試験の申請方法

薬剤師の資格を持たず、応用科学に関する学科を修了していない場合には、毒物劇物取扱責任者試験を受験し、合格することが必要となります。

各都道府県の薬務担当課(地域によっては健康医療福祉部薬務感染症対策課、医務薬務課、健康福祉部薬事衛生課、保健福祉部医薬安全課、健康福祉部薬務課、薬務課、生活衛生部薬務課など担当部署名が異なることがあります)で直接願書を受け取るか、インターネットでダウンロードするかして、受験願書を入手します。

6カ月以内に撮影した写真と受験手数料(収入証紙で支払うことが一般的)と一緒に所定の提出先に期限内に受験願書提出を完了します。

毒物劇物取扱責任者試験の流れ

受験票が担当事務局より郵送されてきますので、受験番号と試験会場、試験日を確認し、当日所定の場所に向かいます。

試験は筆記試験と実地試験からなり、筆記試験は『毒物及び劇物に関する法規』『基礎化学』『毒物及び劇物の性質・貯蔵・取り扱い方法』の3つの試験科目から問われます。実地試験は毒物及び劇物の識別方法や取り扱い方法が問われ、これらの試験に合格すると合格証書が各地方自治体の薬務担当課から郵送されます。

3,毒物劇物取扱責任者の年収とやりがい

毒物劇物取扱責任者試験を受験しなくても任用することができますので、毒物劇物取扱責任者として薬剤師の資格を有する者が就任することが多いです。そのため、一般的な薬局薬剤師と同程度の年収(450万円~550万円前後)が、毒物劇物取扱責任者の年収となることが多いです。

薬剤師の年収としては特に高い方ではありませんが、毒物劇物取扱責任者はそれ相応の権限と役職を持つことが多くなるだけでなく、担当する施設内の全ての毒物や劇物の安全管理・安全取り扱いに関する責任を負いますので、重要度が非常に高く毒物劇物取扱責任者自身の判断でできる範囲が広い仕事です。やりがいはもちろんのこと、責任も非常に大きい業務と言えるでしょう。

4,毒物劇物取扱責任者の適性

責任は非常に重大ですが、点検や管理といったルーティーンワークが多くなりますので、業務に慣れてしまい緊張感を維持できなくなってしまうことがあるかもしれません。ですが、一瞬の気の緩みが大きな事故を招くことにもなりませんので、常に危機感を持って仕事に当たり、緊張感を保ち続けることができる性格が要求されると言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら