mrへ転職薬剤師仕事内容

腎臓病薬物療法認定薬剤師の仕事!業務内容や平均年収、資格について

慢性的な腎臓病患者や透析療法を受けている患者に、専門的な知識を持って接する『腎臓病薬物療法認定薬剤師』。具体的にはどのような仕事を行っているのでしょうか。また、平均年収ややりがい、腎臓病薬物療法認定薬剤師の資格取得方法についても説明してまいります。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,腎臓病薬物療法認定薬剤師の役割と業務内容

腎機能が低下している患者に腎排泄型の薬剤などを投与することで、重度の腎障害が発生することや症状によっては死にいたることもあります。このように腎疾患に関連する薬剤には、適正量を厳しく鑑査し、副作用を初期の時点で発見することが必要なのです。

腎臓病薬物療法認定薬剤師は、腎領域の専門家として、薬物療法や血液透析に通じていることが求められています。慢性腎疾患が国民病ともなりつつある現代において、腎臓病薬物療法認定薬剤師に期待されている役割は大きいのです。

主な業務内容

  • 透析医療や腎移植などの慢性腎機能障害に関わる薬物の適正使用を実践する。
  • 急性腎障害や腎臓が未発達の未熟児など、救急医療において薬物治療と指導を行う。
  • 高齢者が多いCKD患者(慢性腎臓病患者)において、専門性を活かした適切な患者教育を実践する。

2,腎臓病薬物療法認定薬剤師資格の受験資格と取得方法

腎臓病薬物療法認定薬剤師資格を受験するためには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 薬剤師として5年以上の実務経験があり、日本腎臓病薬物療法学会の会員として3年以上が経過していること。
  • 日本医療薬学会認定薬剤師・日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師・日本臨床薬理学会認定薬剤師などのいずれかの資格を有していること。
  • 受験申請日からさかのぼって3年以内に必要とされる単位を45以上取得していること。
  • 日本腎臓学会・日本医療薬学会・日本透析医学会などの全国規模の学会や国際学会において腎臓病や透析患者を対象とした薬物療法に関する学会発表を3回以上行っていること。
  • 受験申請日からさかのぼって5年以内の症例を30以上提出すること。

これらの条件を全て満たし、日本腎臓病薬物療法学会が実施する資格取得試験に合格すると、『腎臓病薬物療法認定薬剤師』になることができます。

上位資格『腎臓病薬物療法専門薬剤師』

『腎臓病薬物療法専門薬剤師』の試験を受ける際には、次の条件を満たしている必要があります。

  • 腎臓病薬物療法認定薬剤師として、腎臓病や透析患者の薬物療法に3年以上関わっていること。
  • 申請時において日本腎臓病薬物療法学会員であること。
  • 日本腎臓学会もしくは日本透析医学会の個人会員であること。
  • 日本腎臓学会・日本医療薬学会・日本透析医学会などの全国規模の学会や国際学会において腎臓病や透析患者を対象とした薬物療法に関する学会発表を5回以上行い、そのうち2回以上は筆頭発表者を務めていること。
  • 複数査読制を実施している全国規模もしくは国際規模の学会誌において腎臓病や透析患者を対象とした薬物療法に関する論文を3編以上投稿し、そのうち1編以上は筆頭投稿者を務めていること。

これらの条件を全て満たしたうえで、日本腎臓病薬物療法学会が実施する試験に合格すると、『腎臓病薬物療法専門薬剤師』の資格を取得することができます。

3,腎臓病薬物療法認定薬剤師の年収とやりがい

慢性的な腎臓病患者が増えるにつれ、薬物による医療事故の報告も度々聞かれるようになってきました。腎疾患と関連する医薬品についての深い知識を有する『腎臓病薬物療法認定薬剤師』へのニーズは、今後も一層高まっていくと予想されます。

主に仕事を行う場所は、透析を専門に行う病院や透析治療を実施している総合病院などになりますが、その専門性の高いスキルが評価され病院薬剤師としても指導的な立場になることも多くなりますので、平均的な病院薬剤師よりは少し高めの500万円~700万円前後が年収の相場となっています。

ハイリスクな局面を扱うことも少なくありませんので、高度な技術と知識を要求される分、責任感や達成感を多く得られる仕事となります。チーム医療においても、腎臓病薬物療法認定薬剤師としての高いスキルを活かして積極的に治療に関わっていきますので、充足感も大きいと言えるでしょう。

4,腎臓病薬物療法認定薬剤師の適性

患者に高齢者が多いのも腎臓疾患の特徴です。意識がはっきりしない方や言語が不明瞭な方も少なくありませんので、腎臓病薬物療法認定薬剤師には高いコミュニケーションスキルも必要とされるでしょう。

また、合併症や感染症、副作用などを防ぐためにも、薬剤のチョイスと用量決定、患者の観察を厳密に行う必要があります。慢性的になることが多い領域ですが、処方鑑査は決して慢性的にならないよう、常に細心の注意を払う心構えも大切です。石橋をたたいて渡る慎重さが、腎臓病薬物療法認定薬剤師には求められているのです。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら