転職に成功した女性薬剤師のコツとは

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の仕事!業務内容や資格取得について

妊娠中もしくは授乳中の女性の治療を行うときに活躍する『妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師』とは、具体的にはどのような仕事を行うのでしょうか。資格の取得方法や年収、適性などについても説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の役割と業務内容

妊娠中や授乳中に飲んではいけないとされる薬やサプリメントは少なくありません。特に禁じられていない薬剤でも、胎児への影響や安全性を考えて服用を自制する人も多くいます。また、持病があって恒常的に服薬している人が、自発的に赤ちゃんの出産をあきらめるケースもあるのです。

ですが、全ての薬剤が妊娠中や授乳中に飲んではいけないのではありません。正しい知識を持った専門家に薬剤指導を受けているなら、患者の治療と出産を両立できることもあるのです。

胎児と母親、そして薬剤における専門知識を有する薬剤師が『妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師』です。患者に適切な服薬指導を行い、母体と赤ちゃんの健康を守っていく職種なのです。

具体的な仕事内容

  • 服用薬と胎児への影響が気になる患者の相談に乗り、適切なカウンセリングを行う。
  • 妊娠自体が持つリスク、自然発生による催奇形性などについて説明する。
  • 関連する薬剤情報と、起こり得るリスクについて説明する。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師資格の受験資格と取得方法

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格試験を受けるためには、次の条件を満たしている必要があります。

  • 薬剤師として5年以上の実務経験があり、申請時において3年以上、病院や診療所において妊婦や授乳婦の薬剤指導を継続して経験している状態にあること。
  • 日本病院薬剤師会・日本薬剤師会・日本女性薬剤師会のいずれかの団体の会員であること。
  • 日病薬病院薬学認定薬剤師もしくは日本医療薬学会認定薬剤師であること。
  • 日本薬学会・日本臨床薬理学会などの指定された学会の会員であること。
  • 日本病院薬剤師会が指定する研修施設で、カウンセリングなどの実技研修を40時間以上履修していること。
  • 日本病院薬剤師会が指定する講習会や研修などに、10単位以上参加していること。
  • 妊婦や授乳婦に対する薬剤指導実績が30症例以上あること。
  • 病院長あるいは施設長の推薦を受けていること。

これらの条件を満たす薬剤師が、日本病院薬剤師会が実施する妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師資格試験に合格すると、資格認定を申請することができます。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の年収とやりがい

条件を満たす薬剤師が多くないことと、2008年から始まった資格ということで歴史が浅いこともあり、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は有資格者が非常に少ない資格です。そのため、平均的な年収に関するデータは公表されていません。

ですが、資格自体の知名度も高くはないことから、有資格者に対して特別な待遇があるとは考えにくい状況です。妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の年収は、平均的な病院薬剤師の年収前後(450万円~600万円)だと予想できるでしょう。

有資格者は少ないが、妊婦や授乳婦における服薬指導の需要は高い

妊娠中や授乳中は、薬剤に対して過敏になるのが一般的です。女性たちの不安を取り除き、適切な薬物療法や服用方法をアドバイスする妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師に対する期待は大きいと想定されます。くすり相談外来や産婦人科などで資格を持ってカウンセリングを行うなら、悩んでいる妊婦や授乳婦の力になることができますので、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の適性

妊娠中や授乳中にどのようなことが不安になるか、またどのような疑問を持つことがあるのかを実体験として語ることができるなら、悩みを持つ女性たちが「相談しやすい」とみなしてくれますので、彼女たちの力になりやすいと考えられます。そのため、女性薬剤師、できれば妊娠や授乳の経験がある女性薬剤師が妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の適性が高いと言うことができるでしょう。

もちろん男性薬剤師や妊娠・授乳の経験がない女性薬剤師も、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師としての適性がないわけではありません。親身になって女性たちの話を聞き、的確な情報とアドバイスを提供することができれば、優れた妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師だと言うことができます。

どのような立場で妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師としての仕事を行う場合にも、高いカウンセリング能力が求められます。特に、妊娠中や授乳中はホルモンが乱れがちになることもあり、些細なことでくよくよしたり、気分が高揚したり落胆したりすることがあります。また、不安になる必要がないことまで、不安になってしまうことも少なくありません。そのような女性たちの微妙な心の変化に気付き、訴えたい内容を正確に把握し、適切な情報と指導を行うことが何よりも求められる資質となるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら