転職不安を解消した女性薬剤師

NST専門薬剤師の仕事!業務内容や年収、資格取得について

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team、NST)で働くための専門資格を取得した薬剤師を『NST専門薬剤師』と呼びます。このNST専門薬剤師とは、主にどのような業務内容を行うのでしょうか。また、平均的な年収ややりがい、資格取得の方法についても説明いたします。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,NST専門薬剤師とは

『NST専門薬剤師』とは、日本静脈経腸栄養学会が実施・認定する『栄養サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)』の資格を有する薬剤師のことです。『NST専門薬剤師』や『栄養管理サポートチーム専門薬剤師』などとも呼ぶことがありますが、正式名称は『栄養サポートチーム専門療法士』となります。

薬物療法の効果を最大限に高めるためにも、患者の栄養管理を行い、栄養状態が最適な状態となっているチェックすることは必要です。そのため、入院患者に栄養療法を行う専門医療チーム『栄養管理サポートチーム』が組まれることがあります。

『栄養サポートチーム専門療法士』の資格がない薬剤師もNSTに加わって栄養療法活動を行うことはできますが、専門資格を取得しているなら、より豊富な知識と情報、実践的手法を持って患者の栄養指導を行うことができるようになるでしょう。

2,NST専門薬剤師の資格取得

栄養サポートチーム専門療法士の資格を取得するためには、受験資格を満たしたうえで、日本静脈経腸栄養学会が指定する研修会や学会に参加し、認定基準を満たす単位を取得します。また、認定教育施設で実習を行い、栄養サポートチーム専門療法士の認定試験に合格すると認定証を受けることができます。資格認定期間は5年間ですので、期限内に更新手続きを行うようにしましょう。

栄養サポートチーム専門療法士資格を受験申請するための条件

栄養サポートチーム専門療法士の資格試験を受験するためには、管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・歯科衛生士のいずれかの医療系国家資格を保有しており、その資格者として5年以上、福祉施設や医療施設で勤務し、栄養管理に関わった経験があることが求められます。

栄養サポートチーム専門療法士認定試験の合格率

NST専門療法士の合格率は年度によってばらつきはありますが、平均して70%前後となっています。特に、薬剤師や看護師、管理栄養士の専門資格を保有する方が、多く受験します。

3,薬剤師と栄養サポートチーム専門療法士

薬物療法を行う患者だけでなく、高カロリー輸液で栄養を摂取している患者にとっても、薬剤に関するスペシャリストである薬剤師が栄養管理を実施するのは大変メリットのあることです。医薬品や点滴栄養などに関する豊富な知識から、摂取における注意事項や副作用などについて、薬学的知見に基づいて適切に説明・指導を行うことができるでしょう。

治療における栄養管理の重要性への認識は、年々高まってきています。また、栄養管理チームを組織し、患者に適切な栄養指導を行い、生活の質の向上や感染症・合併症の予防対策を行うことで、『栄養サポートチーム加算』を申請することができます。診療報酬請求のためにNSTを導入する医療機関・福祉機関が増加することも見込まれますので、栄養サポートチーム専門療法士の需要は高まると予想できるでしょう。

4,NST専門薬剤師の年収とやりがい

病院薬剤師として栄養管理業務だけを行うことは少ないと言えますので、栄養管理サポートの仕事を行うことで特別な手当を支給されることはあまりありません。ですが、専門薬剤師としての資格に対して資格手当が月に1万円~1.5万円程度支給される医療機関もありますので、年収に少し影響が出ることもあると言えるでしょう。

栄養管理サポートを行うのは、主に病院が舞台となります。そのため、NST専門薬剤師の年収も平均的な病院薬剤師の年収と同じく450万円~600万円前後になることが多いでしょう。

やりがいの多いNST業務

年収に反映されることは少ない資格ですが、栄養サポートチームとして常にチーム医療を実践することができるのは、大きなやりがいにつながります。医師や看護師、その他の医療スタッフたちと連携を取りながら、患者の状態を適時把握し、最適な管理と処置を実行していきます。

また、患者の治療に直接関わることや薬学的所見に基づく意見を積極的に述べること、他の立場の意見を聞いたりすることで、医療の最前線に立った業務を行えます。患者の病態が良くなるなどの達成感も味わえる仕事ですので、充足感を得やすいとも言えるでしょう。

5,まとめ

病院薬剤師として仕事をしていくなら、栄養管理業務は欠くことができないポイントになります。栄養管理に関する知識を深めて技術を習得するだけでも、薬剤師として大きなスキルアップにつながります。栄養管理は今後もニーズが高まっていく分野ですので、NST専門薬剤師の資格は転職する際にも強くアピールできる資格になります。目指してみる価値が充分にある資格とも言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら