収入を上げる薬剤師の職場

薬剤管理指導業務とは?仕事の内容や年収、必要な資格について

薬剤師の仕事の1つ、『薬剤管理指導業務』とはどのような業務を指しているのでしょうか。詳しい業務内容や年収、やりがい、適性、そして必要な資格や持っていると重宝される資格について説明してまいります。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤管理指導業務とは

薬剤管理指導業務とは、主に入院患者を対象に、2つの目的で行われる業務です。1つは、患者の薬歴を管理し、適切な服薬指導を行うことで、患者自身の薬物療法への認識を向上させることです。患者が投薬された医薬品や持参薬の効果・副作用を正しく理解するように指導し、飲み忘れや不適切な服用がなくなるように努めます。また、管理方法も適切に指導し、薬剤の物理的変化を防止します。

もう1つの目的は、入院している対象患者から服薬状況や薬を飲んだときに起こる症状などの情報を聞き出して記録し、その内容を担当医師に伝えることです。副作用や相互反応が起こっていないかを確認するだけでなく、今後の薬物治療の方針を決める大きな手掛かりにもなります。

薬剤管理指導業務ができる求人を探す

薬剤管理指導業務に含まれる行為

  • 薬物治療を行う当該患者を対象に、投薬や注射、服用指導を行ったときに、処方される薬剤の種類(麻薬や注射薬など)によって薬剤管理指導料の算定を行います。
  • 入院初日から基本的に週に1回、服薬に関する指導を行います。
  • 適切な指示と支援が行えるように、患者情報と服用歴、アレルギー歴、副作用歴、そして投与されている医薬品情報を収集しておきます。
  • 患者の治療に関わる医師や看護師などの他の医療スタッフと情報交換を実施します。そして正確な情報をもとに治療や看護の方針を定めていきます。
  • 処方医や看護師、その他の薬剤師の情報提供と各自の判断をもとに、患者ごとの報告書を作成します。
  • 退院時に、在宅医療を受ける場合や病院外来を利用する場合などを想定し、薬剤に関する情報や投与量・副作用・調剤時の工夫などの事項を説明し、文書化して患者に提供します。

需要が高まっている薬剤管理指導業務がしたいあなたにオススメの求人はこちら

2,薬剤管理指導料を請求する施設基準

薬剤管理指導業務を行い、薬剤管理指導料を加算するためには、医療機関は一定の施設基準を満たしている必要があります。具体的な条件としては、当該保険医療機関に常勤の薬剤師が2人以上配置されていること、医薬品情報の扱いを専門に行う医薬品情報管理室(DI室)が設置され、常勤の薬剤師が1人以上配置されていること、そして、入院中の患者1人1人に対して薬剤管理指導記録を作成し、記録に基づく指導を行っていることが挙げられます。

これらの条件を全て満たし、なおかつ適切な情報提供・情報交換・服薬指導・服薬支援を実施し、厚生労働省に申請し受理されると、薬剤管理指導料を加算できるようになります。

3,薬剤管理指導料の点数

薬剤管理指導料を請求する施設基準を満たしていると厚生労働大臣が認可した医療機関に入院している場合のみ、薬剤管理指導料の加算が行われます。その中でも、救命救急入院料などを算定している患者には、週1回、月4回を限度として430点を薬剤管理指導料として加算請求が実施されます。

また、救命救急入院料を算定しない患者の中で、免疫抑制剤や不整脈製剤、抗てんかん剤、血液凝固阻止剤、抗悪性腫瘍剤などの特に安全管理が必要な薬剤を処方している患者には、週1回、月4回を限度として380点を薬剤管理指導料として加算されます。

救命救急入院料を算定しない患者で、特別な安全管理を要する薬剤の処方はない患者には、週1回、月4回を限度として325点を薬剤管理指導料として加算されます。

4,薬剤管理指導業務に関わる薬剤師の年収とやりがい

薬剤管理指導業務は、病院薬剤師、その中でも病棟に配属される薬剤師のほとんどが携わる業務です。そのため、薬剤管理指導業務を行うからと言って、特に年収に反映されることはありません。一般的な病院薬剤師と同じく、450万円~600万円が年収の相場となるでしょう。

薬剤管理指導業務は、薬剤師1人ではできない仕事です。他の医療スタッフと頻繁に情報共有を行い、疑問点や改善点がある場合は、積極的に意見を述べる必要もあります。また、患者や家族とも頻繁に関わり合い、よりよい治療を実践するために指導と観察を丁寧に行います。チーム医療ならではの達成感や、治療に直接携わることによるやりがいを得られる仕事だといえるでしょう。
→薬剤管理指導業務に転職するなら薬剤師求人専門サイトの「薬キャリ」に相談

5,薬剤管理指導業務に求められる資格

薬剤管理指導業務に当たって、特に必要な資格や持っていると重宝される資格はありません。薬剤師としての基本的な知識と技術が身に付いており、患者に対する丁寧な指導や観察が実行できるならば、問題なく行うことができる業務です。

薬剤管理指導業務は、基本的かつオールラウンドな業務ともいうことができます。薬剤師としてのトータルな実力が試される仕事、また、薬剤師として総体的な力を伸ばすことができる仕事とも表現することができるでしょう。病棟専任薬剤師は今後ますますニーズが高まる存在でもあります。病棟に勤務し薬剤管理指導業務を行うことは、時代に合った働き方とも言えるのです。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら