State that you are busy experiment

感染制御専門薬剤師の仕事!業務内容や年収、適性などについて

消毒薬や抗生物質は効果も絶大な代わりに、危険性や合併症、使用禁忌なども広範囲に存在します。ますます種類が増えていく抗菌薬や抗生物質を安全に取り扱う必要性が高まったことを受けて、2006年、社団法人日本病院薬剤師会は『感染制御専門薬剤師』という資格制度を開始しました。『感染制御専門薬剤師』とはどのような業務を行うのか、また年収ややりがい、適性や試験資格について説明してまいります。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

感染制御専門薬剤師の役割と業務内容

感染制御専門薬剤師は、肝不全や腎不全など、感染症や合併症のリスクが高い患者に対して、感染症治療を行う専門医と協力し、抗生物質などを適切に投与することで症状の改善を目指します。抗生物質は高い効果が期待できる半面、副作用も大きく、使用する際には医薬品に関する深い専門的知識と経験が必要となります。

感染制御専門薬剤師の具体的な業務内容

消毒薬や抗生物質に関する院内マニュアルを作成し、医師や看護師、臨床検査技師、理学療法士などの医療従事者の注意喚起を行います。また、必要に応じて、ガイドラインに基づいた勉強会を実施し、医療施設内の職員の教育・指導も行います。

その他の業務としては、新たな感染症や薬剤耐性菌に関する情報を、医療機関同士や学会、研究施設などから収集して把握・評価し、必要に応じて適正使用できるようにまとめておくことも挙げられます。また、感染発生防止に必要な対策を立てるだけでなく、感染予防に用いる医薬品を病院内に確保することや、適切に管理することも感染制御専門薬剤師に求められています。

活動内容は普段の感染予防業務だけではありません。臨床現場に緊急介入して活動することもあります。早産や腎不全などのハイリスク患者に対して、適正な感染予防対策を実施し、専任医師と協力して抗生物質の投与を行います。

感染制御専門薬剤師の年収とやりがい

院内で感染症の治療や予防活動を行うときには、感染症専門医や感染管理認定看護師、感染制御専門薬剤師などの専門家で組織される『感染制御チーム』を構成します。感染制御専門薬剤師は、感染制御認定薬剤師の資格を有し、さらに多くの臨床経験と研究活動を行った薬剤師だけがなれる資格でもありますので、年収も一般的な病院薬剤師よりは高めの500万円~600万円になることが多いです。

感染症や感染関連の薬剤を扱う責任者として、業務は多岐にわたり、病棟や外来の医療スタッフからの期待も多い仕事ですが、その分、やりがいのある職種ということができます。医師や看護師と連携して積極的に治療にも関わる機会が多くありますので、チーム医療をじかに感じることができ、大きなやりがいにもつながります。

感染制御専門薬剤師の資格

薬剤師としての実務経験が5年以上あること、日本病院薬剤師会の会員であること、日病薬病院認定薬剤師もしくは日本医療薬学会認定薬剤師の資格を有していること、申請時において、3年以上院内感染対策チームに所属し、院内感染対策業務を行っていること、感染防御業務の実績が20例以上あること、所定の講習会を履修していること、感染制御認定薬剤師の資格を有していることが、感染制御専門薬剤師の資格を受験する際に求められます。

すでに感染制御の認定薬剤師としての資格を保有していることが条件として挙げられていますので、感染制御専門薬剤師の資格は、感染制御分野のスペシャリスト中のスペシャリストということができるでしょう。

感染制御専門薬剤師の適性

消毒薬や抗生物質に関する深い知識、新薬や臨床研究に対する情報収集と理解が、感染制御専門薬剤師には求められています。また、知識を有するだけでなく、分かりやすく医療スタッフや患者、家族に伝える能力や、知識習得のために関連医療機関や製薬会社・研究機関と密に連絡を取るコミュニケーション能力も必要とされています。

緊急時の対応も感染制御専門薬剤師の主要な役割ですので、迅速な判断と手早く正確な処置能力も必要とされる機会が多くあると言えるでしょう。

感染制御専門薬剤師の求人

求人情報に「感染制御専門薬剤師を求む」と記載されていることは少ないですが、医療機関に転職する際に感染制御専門薬剤師の資格を持っていることは大きな強みになります。また、その専門的な知識と豊富な臨床経験を活かして、製薬企業などに就職することも可能です。

今後ますます需要が高まる感染予防分野の資格ですので、医療機関に応募する場合も製薬企業に応募する場合も、感染制御専門薬剤師の資格を持っていることを最大限アピールすることで有利に転職できると言うことができるでしょう。

まとめ

消毒薬や抗生物質の技術の進歩には目覚ましいものがあります。正しい知識を習得し実践することが、医療関係者には求められているのです。薬剤師としての知識と実績が充分に活かせる職種ですので、目指してみる価値は充分にあると言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら