企業薬剤師の魅力

DI室で働く!業務内容や年収、必要な資格について

病院などの医療機関や製薬会社、医薬品販売会社などに設置されているDI室(Drug Information Room、薬剤情報室)に勤務する薬剤師。具体的にはどのような業務を行い、どの程度の年収を得ているのでしょうか。また、適性ややりがい、DI室で働く際に求められる資格や持っていると優遇される資格についても説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,DI室での業務内容

医薬品情報を管理するDI室での業務。病院などの医療機関における業務と製薬会社や薬品卸業者における業務とでは、内容がかなり変わってきます。

医療機関におけるDI業務

医薬品に関するメーカー側が提供したデータや研究データなどの情報収集を行い、院内の医師や看護師などの医療従事者の要請に応じて適した情報を提供します。薬物治療を実施するにあたって、投与量や投与方法、安全性、妥当性などについて尋ねられることも少なくありません。また、治療の過程で副作用や相互作用が見られたときや急性期患者に薬品を投与するときなど、業務に緊急性が要されるときもあります。

医療スタッフ以外からも、情報提供を求められることもあります。入院患者や外来の患者が、調剤されている薬品の副作用情報や使用方法について尋ねることもあるでしょう。また、持参薬や治験薬に関して尋ねることもあるかもしれません。

DI担当者は、求められた情報が手元にないときや情報の正確性が疑われるときには、製薬会社などに問い合わせて正しい情報を収集することも必要です。化学療法におけるがん剤などの命に直接関わる医薬品情報から気軽な薬相談まで、薬品に関するすべての情報に精通していることが医療機関におけるDI室で勤務する人には求められているのです。

製薬会社や薬品卸業者におけるDI業務

医療機関のDI担当者や医師、看護師などの医療関係者、また、薬品を納品している薬局や販売会社などから医薬品に関する情報を求められたとき、適切に対応して必要な情報を提供するのが、製薬会社や薬品卸業者におけるDI業務です。

また、社内の営業担当者から、医薬品に関する情報が求められることもあります。その場合は口頭で情報を伝えるだけでなく、営業活動に即使用できる見やすい資料を作成することも必要とされるでしょう。

各方面からの依頼にスムーズに答えるには、普段から自社製品・自社採用薬品に関して充分な量の情報を収集しておくことが大事です。疑問点をクリアにし、確かな根拠に基づいて説明できるように準備しておきましょう。

2,DI室に勤務する薬剤師の平均年収とやりがい

企業のDI室に勤務する場合は、土日祝日は休み、残業もなしという規則的な勤務スタイルになることが多いです。会社によって年収にかなり格差がありますが、400~600万円がDI室勤務の薬剤師の一般的な年収となります。

病院などの医療機関に勤務する場合は不規則な勤務帯になることもありますが、基本的には突然残業になることや休日出勤は稀で、年収は400~550万円ほどが平均になります。またパートタイムや非常勤での雇用もありますので、希望する勤務スタイルで探してみることができるでしょう。

調剤業務を兼任することはあまりなく、DI担当薬剤師としての業務のみをこなします。情報のスペシャリストとして治療方針にも大きく関わっていきますので、チーム医療を遂行する達成感を味わうことも多く、やりがいの大きい仕事と言えるでしょう。また、企業で働く場合も、情報を管理することで営業担当者や取引先と積極的に関わっていきますので、自分が収集・提供する情報が活用されていると言う喜びを感じることができます。

3,DI室に勤務するために必要な資格・あるとよい資格

DI室で働くために特に必要な資格はありませんが、外国の薬剤添付資料や論文・データを読む機会が多くありますので、英語力は求められるということができます。医学・薬学系の文章をスムーズに読解する力と表現する力があるならば、就職する時にも転職する時にも有利に作用するでしょう。

また、認定資格として『医薬品情報専門薬剤師』の資格もあります。薬剤師として5年以上の実務経験があることや必要な研修を受けていること、学会で医薬品情報に関する論文を発表していることなどが受験申請資格として求められますが、保有しているならDI室勤務の即戦力となると言えるでしょう。

4,DI室業務の適性と転職

情報を収集し資料としてまとめる力、膨大な情報から必要な部分を抽出する力、相手が利用しやすいように表現する力がDI室勤務には求められます。また、情報を収集する際や提供する際に、自社や他社の担当者と適切なコミュニケーションができることも必要です。求める情報をスムーズに入手するためにも、普段から円滑な関係を築いておくことも大事でしょう。

DI室の勤務は、調剤業務などの他の薬剤師業務と比べると募集件数が非常に少ないことが特徴です。DI業務に興味がある場合は、薬剤師転職サイトなどの豊富な情報を一括で検索できるサービスを活用して、こまめにチェックすることが必要と言えるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら