Dollarphotoclub_100262521

注射剤混合調製業務とは?実施する場面と業務のポイントについて

患者の体重や検査値・年齢などを考慮して注射剤を調製する『注射剤混合調製業務』。具体的にはどのような内容の業務なのでしょうか。また、必要とされる場面や手順、仕事のポイントについても説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

注射剤混合調製業務とは

アンプルやバイアルに入った薬剤を点滴に混合し、すぐに患者が使用できるように調剤することを『注射剤混合調製業務』と言います。注射剤は有効成分を直接血管に投与することができますので、内服薬や外用薬と比較すると効果が大きく、治療結果が早く現れることが特徴です。

その分、量や濃度などの処方せんの確認を厳密にし、衛生的に調剤することが求められます。とくにがん化学療法に用いるがん剤の場合は、防護衣を着用し、専用の安全キャビネットで調剤するなど、衛生管理と調剤する薬剤師の曝露防御・安全対策に十分配慮して調剤を実施します。

また、長期間食事ができない患者の点滴・カロリー輸液は非常に栄養に富んでいることから、細菌汚染されやすい傾向にあります。このような汚染の可能性が高い注射剤を扱うときは、クリーンベンチを使用し衛生面に配慮して調製します。

いずれの場合も、注射剤は有効性が高い代わりに副作用が大きく、安全性に配慮しなくてはならないものが多いですので、処方内容を順守して投与量や製剤方法を何度もチェックする習慣をつけておきましょう。

注射剤混合調製業務を行う場所

かつては注射剤混合調製業務を行う医療現場は、病院内の調剤室や無菌室に限られていました。入院患者や外来患者に医師の指導と処方に基づき、院内における治療にのみ注射剤が使用されていたからです。ですが、在宅医療が進む中でがん剤治療を在宅で受ける方も増加し、薬局薬剤師も注射剤を製剤する機会が増えてきました。

院内調剤の場合も薬局での調剤の場合も、処方を受けた時は処方内容を確認し、重複投与になっていないか相互作用はないか薬歴をチェックする必要があります。また疑わしい点や改善点がある場合は積極的に医師に疑義照会を行い、よりより処方ができるように努力する必要があります。

注射剤混合調製業務の手順

注射剤混合調製業務は、次の手順で行われます。

1:処方せん受付、処方鑑査

注射剤の処方せんを受けつけ、患者の個人情報や薬歴、医師による指示を確認し、処方監査を行います。処方箋に問題点や不明瞭な部分がある場合は、医師に連絡を取り疑義照会を行います。

2:混合薬剤の準備

注射剤が混合を含まない場合は、そのまま必要な薬剤を取りそろえます。混合が必要な場合は、混合する薬剤を取りそろえ、調剤前に取りそろえた薬剤が間違っていないか他の薬剤師にも確認してもらい、ダブルチェックを実施します。

3:無菌室での混合調製

200ml以上の輸液、もしくは50ml以上の細胞毒性薬剤など、無菌的に混合調製が必要な場合は、無菌室での調剤を実施します。ディスポーザブルタイプのマスクとガウン、帽子を着用し、適切なグローブと眼鏡を着用します。抗がん剤を調剤するときは、曝露防御のためにフィルタータイプのマスクを着用しましょう。

4:混合後の鑑査

注射剤混合調製が終了したら、再び監査を実施します。患者に処方された全ての薬剤を取りそろえ、最終鑑査に移行します。

注射剤混合調製業務における注意点

注射剤混合調製業務の遂行に当たって、何に注意することができるでしょうか。また、起こり得るリスクを最小限にするためには、どのような心構えが必要でしょうか。

調剤の前後や途中で監査を複数回実施する

有効成分を直接血管に届ける注射剤。効果が高いだけでなく、副作用が強く出ることもしばしばみられます。そのため、注射剤の調製業務を行うときには、調剤前・調剤中・調剤後と複数回監査を実施する必要があるといえるでしょう。抗がん剤などの特に薬効が高いとされる医薬品を調剤する際には、他の注射剤を調剤するときよりさらに1回多く鑑査することが勧められています。

鑑査する項目は、用法は適切か、用量は患者の検査値・体重・年齢にふさわしいか、配合禁忌は冒していないか、配合変化のない組み合わせになっているか、ラインへの吸着はないか、溶解液は適切かなどです。

院内製剤の場合は、プロトコルに沿っているかも確認

基本的に、院内で登録されていないプロトコルの薬剤は調製しません。処方医の指示を確認し、適切な注射剤のみを調剤しましょう。

服薬指導と情報提供

調剤だけでなく服薬指導も薬剤師の大切な業務の1つです。医薬品に関する情報を提供し、患者の疑問に答えるよう適切な服薬指導を行いましょう。調剤から投与までに時間がある場合は、適切に注射剤を管理することも薬剤師の仕事です。

まとめ

注射剤混合調製業務は、細心の注意を払って適切に遂行していく必要があります。抗がん剤など薬剤師が曝露してしまう恐れがある薬剤もありますので、安全に配慮することも忘れないようにしましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら