Dollarphotoclub_97355471

医療現場で求められる監査の仕事!必要な理由と質を高める方法

処方箋を受け取ったときと調剤を終了したとき、薬剤師は監査業務を行います。なぜ監査業務は重要なのか、また質を高めるには何を行うことができるのか説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師が行う監査業務

監査業務は、主に調剤前のタイミングと調剤後のタイミングで行われます。それぞれの監査の目的と、チェックするポイントを記します。

調剤前の監査:処方監査

処方せんを受け取ったら、まず処方内容の確認をし、具備事項に記載されている情報をチェックします。薬局や薬剤部によっては、データを入力するだけで重複投薬や薬歴のチェックを自動で行える監査システムを導入していることもありますが、システムがない場合は薬歴を目でしっかりと確認して処方監査を行いましょう。

処方監査は、患者の処方された内容のチェックや薬歴管理だけではありません。併用薬との相互作用や薬剤に関するアレルギー、妊娠中かどうかなどの属性についても確認します。処方された医薬品の種類や量が間違っていると判断した場合や不明瞭な場合、曖昧な記載がある場合は、処方医師に疑義確認を行います。

処方せんのデータ入力の行為は薬局事務員が行うことも可能ですが、疑義照会は薬剤師が責任を持って行います。処方監査をしっかりと行い、疑問点を抽出しましょう。また疑義照会を行う前に適切と思われる調剤薬や用量、剤形などを調べ、問い合わせと同時に医師に提案するならば、時間と手間の短縮につながるでしょう。

調剤後の監査:正確性と妥当性

薬の調製が終わったら、再度、薬剤師の資格者が、処方せん通りの商品と数が調剤されているかの正確性をチェックします。そして、医薬品情報や患者の個人情報・薬歴情報に見合った薬剤が処方されているのかの妥当性も確認します。

監査業務の意義

監査業務をしっかりと行うことで、薬剤による医療事故や処方ミスを防ぐことができます。処方箋によって投薬される医薬品は、ドラッグストアなどで消費者が手にとって購入することができる一般用医薬品とは異なり、成分が強いことも多く量や用法を誤ると健康被害や死亡の恐れもあります。

処方するときに医師が細心の注意を払うのは当然ですが、薬剤師も薬剤のスペシャリストとして同等以上の注意を払って、医師の処方が適切か、見落としはないのか、薬剤同士の相互作用や禁忌事項はないのかチェックする必要があるのです。

また、監査業務をしっかりと行うと、患者に服薬指導をする際にも、より具体的な指導を行うことができます。反対に服薬指導を行うことで、監査業務をより良いものにすることも可能です。患者の服薬指導を行いながら、サプリメントや他の薬局で受け取っている薬剤、生活習慣などの患者情報を入手し、それらの情報を患者の薬歴やお薬手帳に記載しておくなら、次回以降の処方監査に活用することもできるでしょう

『監査』と『鑑査』の違い

処方監査に関する資料を集めてみると、『監査』という言葉も『鑑査』という言葉もほぼ同じ意味の言葉として使用されています。辞書的な意味は、『監査』は業務が正しく行われているか監督・確認することを意味しており、『鑑査』は物事が正しいのか判断することを意味しています。

この区分けを処方監査にあてはめると、処方せんや薬歴から患者に適切な薬が処方されているのかをチェックすることは『処方鑑査』となり、医師に疑義照会を行うことは『処方監査』ということになります。物事が正しいのかを判断するだけの狭義なショホウカンサは『処方鑑査』、正しいのか判断するだけでなく見守り追求する広義なショホウカンサは『処方監査』、ということもできるでしょう。

公的機関では『処方鑑査』の言葉が採択されていますが、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで多く検索されているのは『処方監査』の方です。

処方監査の質を高める方法

処方監査の質を高めるには、まず、薬剤師自身が医薬品に関する知識を増やし、相互作用や配合変化、投与禁忌などに関する広く深い情報を入手することができます。そして、服薬指導や患者の個人情報から、どのような処方が適切と考えられるのか、あらゆる可能性を模索していくことも大切です。

医師との協働が不可欠

ですが、薬剤師がどんなに頑張っても完璧な処方監査は行えません。医師との協働なしには、処方監査の質をさらに向上させることは不可能なのです。

処方は不適切だと感じても、大きな間違いと判断しない場合は、医師に疑義照会を行わない薬剤師も多くいます。ですが、それでは本当の意味での処方監査は実行できていません。不適切ではないと思えてもよりよい処方がある場合、変更した方が患者の利益になる場合は、積極的に医師に疑義照会を行い、薬剤師自身の見解を臆することなく述べることが大切なのです。

まとめ

早く監査を終えることよりも正確に監査を行う姿勢と医師と協働して処方監査を行う姿勢が、処方監査の質を高めるだけでなく患者の利益になるのです。監査のスキルアップを目指していきましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら