ホスピスケアをする薬剤師

ホスピスケアの仕事!薬剤師の役割と適性、習得できるスキルについて

患者の生活の質を守ることや痛みを緩和することに主眼を置いた『ホスピス』。このホスピスケアの現場でも、薬剤師は求められているのです。どのような仕事内容なのか、また適性や習得できるスキル、転職案件の探し方についても説明してまいります。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,ホスピスケアにおける薬剤師の仕事

ホスピスケアは、病院のホスピス病棟やホスピス専門施設だけでなく、在宅医療でも展開されています。提供される拠点は変わっても、医師や看護師などの他の医療関係者と連携して行う『チーム医療』であることは変わりありません。

薬剤師の仕事1:疼痛管理

悪性腫瘍などの強い痛みのある疾病を抱える患者の痛みを少しでも緩和することが、ホスピスケアの薬剤師に求められる仕事です。薬の種類や量を細かく調整して調剤し、痛みのコントロールを行います。

薬剤師の仕事2:服薬指導

医療機関に入院してケアを受けている場合でも、在宅でケアを受けている場合でも、決められた薬剤を忘れずに飲むことが症状緩和につながります。服薬指導を徹底して行うことも、ホスピスケアの薬剤師に求められているのです。

薬剤師の仕事3:請求業務

地域でホスピスケアを提供する場合は、在宅医療チームの中に薬剤師が1人だけという状況がほとんどです。調剤報酬点数を計算して請求する業務も薬剤師の仕事です。

2,ホスピスケアを行う薬剤師の適性

痛みはいつどこでやってくるか分かりません。保険医療機関においても地域医療においても、突然の残業や時間外勤務などは多くあることが予測されます。24時間体制で患者に寄り添い患者の苦痛を理解することができる資質が求められるでしょう。

また、苦しみから精神症状が安定しないこともよくあります。当該患者だけでなく家族の気持ちを思いやれることも、ホスピスケアの医療チームの薬剤師には求められるのです。

そして終末医療の現場ですので、急変も頻繁に予測されます。どのような事態が起こっても落ち着いて正確な判断と処置が行えることも必要な資質と言えるでしょう。

医療チームと患者・家族との密なコミュニケーション

普段からチームの担当医師などの医療従事者や患者、家族と密にコミュニケーションを取ることも求められます。特に在宅患者の場合は、薬剤師としての仕事だけでなく看護や介護も手伝う機会が多くありますので、他の医療分野にも精通しておくことが必要です。

精神的なタフさ

終末期医療と関わるということは、辛い事実に向きあわなくてはいけないということです。痛みに苦しむ患者や家族と触れ合うことは、薬剤師だけでなくチーム医療に携わる全てのスタッフが苦しみを分かち合うと言うことでもあるのです。

患者と家族に思いやりを示しつつも、一時の感情に流されないで適切な時期に的確な処置を行うことは、相当レベルの精神的なタフさが必要とされるということができるでしょう。

3,ホスピスケアを行うことで習得できるスキル

治療法や薬剤の進歩により、在宅でホスピスケアを受ける自宅療養の患者が非常に増えてきました。そのため、地域医療連携薬局や在宅療養支援診療所に勤務する薬剤師も、患者の家庭を訪問して医療行為を行う機会が増えています。

ホスピスケアに携わることで、救急時の判断や症状を診療する力、積極的に治療に関わるスキルの向上が期待できます。痛みに苦しむ患者を目の前にしたときに、どのように行動することができるのか常に試され、即戦力が身についていくのです。

また病院の薬剤部や保険薬局の調剤室とは異なり、患者や家族、他の医療関係者と密接に触れ合う機会を得ます。視野や情報が広がるだけでなく、コミュニケーションスキルも着実に身についていくと言えるでしょう。

4,ホスピスケアの求人

ホスピスケアの求人は、地域医療と連携している薬局や在宅医療を行う診療所、ホスピス併設のがん診療機関や一般病院、ホスピス専門施設などで探すことができます。幅広い薬剤師の求人を一括で検索できるサイトなら、『ホスピス』や『在宅医療』をキーワードとして容易に理想の職場を
見つけることができるでしょう。

ホスピスケアに携わる薬剤師の年収
ホスピス専門施設やホスピス病棟で働く場合は、年収は500万円前後と、他の病院薬剤師と大きく変わりません。また、在宅医療の現場でホスピスケアに携わる場合は、年収は380万円~550万円と、夜勤や残業の回数、所属する施設によっても大きな差があります。

5,まとめ

ホスピスケアはチーム医療を実践できる場でもあります。薬剤師だけでなく医師や看護師と一丸となって、患者や家族と関わりたいという方には、非常に適した分野がホスピスケアだと言うことができます。また、急性期医療も実施できる場でもあります。救急認定薬剤師などの資格を目指すなら、ホスピスケアの場面でもさらなるスキルアップができるでしょう。

特に在宅医療はますます需要が増える分野でもあります。薬剤師も多く求められていますので、ホスピスケアを通して在宅医療に挑戦して見ることもできるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら