薬剤の安全管理を行う

医薬品安全管理責任者の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

医薬品安全管理責任者は、医療機関において医薬品による医療事故防止のための業務を行います。具体的にはどのような仕事内容を行うのか、また年収ややりがい、必要な資格や保有していると優遇される資格などについて説明いたします。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,医薬品安全管理責任者の業務内容

医薬品安全管理責任者は、病院や薬局の管理者(病院長や薬局開設者など)の指示の下、医療事故が起こらないように適性に医薬品を管理する仕事として、2007年の医療法改正により全ての医療機関に配置することが義務づけられました。入院施設がある医療機関においては、安全管理委員会を設置し、委員会と連携しながら事故防止に努めます。

医薬品取り扱い手順書の作成

薬剤を安全に使用するために『医薬品業務手順書』を作成します。医薬品業務手順書は、医薬品を扱いなれている職員にとっては慢心を防ぐために、扱いなれていない従業者にとっては正しい手順の指針として活用されます。

特に名称や外観が似ている医薬品に注意を喚起し、購入する際や使用する際に取り間違えないように手順書に記載しておきます。その他にも麻薬や向精神薬・毒薬などの取り扱いに注意が必要な薬品の商品名、投薬指示を受けてから調剤するまでに仕入れておくべき患者の服用歴、持ち込み薬があるのか重複投与はないかなどの患者情報のチェックの仕方、処方せんの記載方法、調剤方法や処方監査方法、服薬指導や他の医療機関との連携において注意すべき点などについても、手順書に記載します。

安全使用のための研修会の実施

薬を安全に使用するために、事故事例やハット事例を取り上げた研修会を定期的に実施します。厚生労働省が示した医療法施行規則の指針によりますと、年に2回を目安に研修会を実施する必要があります。

施設によっては、施設内の医療従事者だけでなく薬局利用者を対象に講習会を開催することもあります。また、改善点や事故防止対策を直接指導することや、改善することにより事故発生が減ったのか、再発防止に効果があったのかなどの報告会の開催なども実施します。

安全使用のための情報収集

安全に医薬品使用を実施するための情報を収集します。具体的に防止対策を立てたり、安全管理責任者自身が院外の講習に参加したりすることも含まれます。また医薬品の添付資料や医薬品メーカーや行政機関から出される情報を収集し、従業者が適宜使用できるように取り計らいます。

2,医薬品安全管理責任者に求められる資格

医薬品安全管理責任者は、医師や歯科医師、看護師、薬剤師、助産師、歯科衛生士のいずれかの医療系資格を保有している常勤の職員に限られます。薬剤師が医薬品安全管理責任者になる場合、管理薬剤師として3年以上の実務経験があることなどが求められることもあります。また薬事法や医療法などの法に通じていることも、業務の性格上、要求されることがあるでしょう。

3,医薬品安全管理責任者の年収とやりがい

医薬品安全管理責任者として求人されることは少なく、薬剤師や管理薬剤師として勤務し、勤務先で医薬品安全管理責任者に任じられるパターンが圧倒的に多いです。そのため、年収は、勤務先でどれくらいの期間勤務しているか、また、役職手当があるのかどうかによっても大きく異なりますので、平均いくらくらいかは算定することができません。

まれに医薬品安全管理責任者として募集されているときは、各種手当を入れて450万円~520万円程度の年収のことが多いです。専任で勤務する場合は、残業や夜勤などはほとんどなく、休暇も取りやすい職場が多いです。

薬剤に関する医療過誤は、手順書をしっかりと作成することで大きく減少させることができます。医療スタッフたちから「手順書のおかげでミスを未然に防ぐことができた」「手順書があったので、業務が楽に遂行できた」などのように直接感謝されることが多い仕事でもありますので、頑張りが評価されるやりがいの多い仕事ということができるでしょう。

4,医薬品安全管理責任者の適性

こまかなことに気付くこと。危険察知能力に長けていること。この2つは医薬品安全管理責任者に必要な資質ということができます。また、優れた手順書を作成しても、スタッフたちが使用してくれなくては医療過誤防止という目標を達成することはできません。細かく声掛けするといったコミュニケーション能力も必要とされているのです。

5,まとめ

社会的に注目度の高い医療過誤問題。この問題への対策は、医薬品安全管理責任者に大きくかかっていると言うことができます。病院や薬局全体の信頼性を向上するために、手順書を作成し、講習会や研修会を開催して、医療スタッフ全員の意識やモチベーションを支えていく必要があります。

今後も、医薬品安全管理責任者に期待されている役割は多くなる一方ということができますが、その分、やりがいの多い仕事でもあるのです。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら