smoの薬剤師

SMOで働く薬剤師!業務内容や年収、求められる資格について

Site Management Organization(SMO、治験施設支援機関)では、薬剤師はどのような仕事に従事するのでしょうか。業務内容や年収、必要とされる資格やあると優遇される資格、やりがいや適性について説明いたします。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,SMOにおける薬剤師の業務内容

SMOは病院などの医療機関と契約し、治験コーディネーター(CRC)を派遣して治験業務がスムーズに行われるように支援します。治験コーディネーターは、担当医師への治験実施の説明や、被験者の選定や患者への説明などあらゆる方向からの治験支援を行います。

また、治験が医薬品の臨床試験基準(GCP)に則って行われているか確認するのも、治験コーディネーターの仕事です。1998年に改定されたGCP省令に沿って治験を行うことが法律で定められていますので、治験コーディネーターの責任は重大ということができるでしょう。

その他にも主に事務に携わる治験事務局の仕事があります。こちらは医療機関ではなくSMO本社・支社内での業務となり、仕事の内容上、薬剤師の資格を持つ人は治験コーディネーターと比べるとかなり少ないと言うことができます。

2,SMOで働くために求められる資格・あると優遇される資格

治験コーディネーターには特別な資格は必要ありません。ですが、医薬品や治療法に関する説明を医療者や患者に行うことがCRC業務の柱の1つとなりますので、薬剤師や看護師、臨床検査技師などの医療関係の有資格者が適任であると言うことができるでしょう。

そのため、薬剤師の国家資格を持っているならば、SMOに転職や就職する際に大きなアピールポイントになると言うことができます。

また、日本SMO協会が行っている『公認CRC制度』や日本臨床薬理学会の『認定CRC制度』の資格を取得しておくなら、CRCとしてのスキルアップ・レベルアップが望めるでしょう。

3,SMOとCROの違い

新薬を開発する際には治験実施が欠かせません。治験は主に医療施設で行われますが、治験を行う舞台である医療機関をサポートする会社が『SMO(治験施設支援機関)』、薬剤を開発する医薬品メーカーをサポートする企業が『CRO(受託臨床試験実施機関)』と、サポートする対象によって治験関連業務の業界を区分けしています。

4,CRCの年収とやりがい

SMOにおいて治験コーディネーターとして働く人の平均年収は380万円~450万円と、一般的な調剤薬局の薬局薬剤師や病院薬剤師と比較すると若干低くなっています。ですが、実際に病院側の立場に立ちながら他の医療従事者と協力して患者と接することは、大きなやりがいにつながりますので、給料以外の利点もあるということができるでしょう。

また、MRのように複数の医療機関で営業活動を行う仕事と比較すると、基本的に1か所の施設で業務を行うことや勤務時間が規則的であることなどのメリットもあります。知識や経験が優遇されますので、転職希望者や再就職者にも広く門戸が開かれている職種と言えるでしょう。

定時勤務や残業の少なさ、休暇の取りやすさなども、様々な事情を持つ人が働きやすい理由として挙げることができます。

5,CRCの適性

治験薬の有効性や安全性に関する知識はもちろんのこと、他の医薬品や検査方法・治療方法に関する幅広い知識も求められます。また、新薬と言う未知の薬品を扱いますので、新しい技術や治療法にも通じていることが求められます。「最先端の医療に携わっている」という思い込みを持たずに、謙虚にこつこつと勉強を重ね、広い情報を取得していくことも治験コーディネーターには必要なことなのです。

また、製薬会社や病院の立場だけでなく、被験者の立場に立った治験を進めていくことも治験コーディネーターの役割ですので、患者の人権と健康を守るという強い信念と倫理観を持っていることも求められるでしょう。

患者の「怖い」「不安」といった声に耳を傾け、どのように改善することができるのか、どのように対処することができるのか、ともに悩み善処していくことが治験コーディネーターの基本姿勢となるべきです。

治験は治験コーディネーターが1人で行う事業ではありません。他の医療スタッフや製薬メーカーの社員、患者と多くの人と協力することで実現できる事業ですので、高いコミュニケーション力や明るい人柄、ポジティブな姿勢なども治験コーディネーターにふさわしい資質ということができます。

6,まとめ

治験施設支援機関(SMO)から病院などの医療機関に派遣されて治験業務を行うことが、SMOに就職する薬剤師が担当することの多い治験コーディネーター(CRC)の仕事です。治験コーディネーターは、病院内で被験者と接触しながら、倫理的・法的・医学的に適切な状況で治験が行われているか厳しく管理する責任を持っています。

高い倫理観や患者の気持ちに沿うことができる思いやり、医薬品や治療方法に関する深い知識も求められる仕事として、薬剤師にとって非常にやりがいのある職種の1つと言うことができるでしょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら