監査する薬

処方監査の仕事!主な業務内容や監査業務の将来性について

医師が処方した薬剤が適切であるのかをチェックし、医師や歯科医師に処方せんの正否を確認することを『処方監査』と言います。具体的にはどのようにチェックするのか、そして監査業務を遂行することでどのような結果が期待できるのかについて説明してまいります。また、監査業務の将来性についても考察していきます。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,処方監査とは

薬は患者の健康や治療に多大な影響を及ぼしますので、調剤する前に幾重にもわたる確認を行うことが求められています。処方箋に記載されている氏名や年齢・性別などの患者情報は正確か、薬品名や剤形・投与量・用法・投与日数は適切か、患者の薬歴に基づいた処方内容になっているかを、薬剤師は確認しなくてはなりません。

特に処方内容を見るときは、重複投与になっていないか、投与禁忌を犯していないか、投与される薬剤同士が相互作用を示さないか、注射剤は混合しても配合変化が起こらない組み合わせになっているか、患者のアレルギーを考慮しているか、副作用についても考慮されているかもチェックする必要があります。

2,処方監査の業務内容

調剤業務を行う前に、処方せんに記されている情報を確認します。同じ医薬品であっても錠剤や散剤、水剤など剤状が異なると効果も変わってきますので、剤状指定を含む処方情報が正確に記されているかもチェックが必要です。

また、患者の個人情報が正確かを確認するだけでなく、処方せんの有効期限内(処方した日を含めて4日以内)に提出されているかも確認します。

また、患者の処方データや薬歴を確認して、投与が過量になっていないか重複されていないかも確認します。疑わしい点がある場合は、病院に問い合わせ、処方医師に正確な情報を求めることが必要です。処方変更が想定される場合は、あらかじめ量や代替薬などについての提案を伝えておくなら、チーム医療としての作業の手間が省けるでしょう。

3,処方監査と処方鑑査の違い

薬学系雑誌や製薬会社の広報資料には『処方監査』と『処方鑑査』のどちらの言葉も使用されており、特に明確には使用方法が区分けされていないようです。

国語辞典では『監査』という言葉は業務の執行を監督して検査することと定義されており、『鑑査』という言葉は優劣や適否・審議を審査することと定義されていますので、『処方監査』というと処方行為が正しいものか監督することを意味し、『処方鑑査』は患者にとって最適の処方になっているかを確認するということを意味しているということができます。

ですから、明確に言葉を区分けして使用するならば、処方せんに書かれてある情報が正確なのかを確認するときには『処方監査』という言葉を使用し、患者の薬歴やアレルギーに配慮した処方なのかを確認するときには『処方鑑査』という言葉を使用することができるでしょう。

なお、国や薬剤師協会などの公的機関では、『処方鑑査』の言葉が採択されています。

4,処方監査の将来性

処方や与薬・製剤・管理など薬剤関連の医療事故が多発しています。処方監査をしっかりと行うことで、薬剤関連の医療事故の大多数は防ぐことができると予測されます。医療事故に対する社会的関心が高い現代において、処方鑑査に求められる基準は非常に高いと言うことができるのです。

実際に投与する薬剤の濃度が間違っていたり(ボスミン注1mgと生理的食塩水を合わせて500mgが正しい投与量であるにもかかわらず、0.05%ボスミン液と処方されていた)、患者の体重が大幅に間違って計算されていたり(間違って記載された体重に基づいて抗がん剤の投与量が計算されていた)、薬剤の投与経路が間違っていたり(カリウム製剤の投与方法や投与経路が正確に記載されていなかった)等の重大な医療過誤につながる過失が、薬剤師の的確な処方鑑査によって見つかっています。

今後ますます必要とされる分野ですので、薬剤師はただ処方箋をうのみにするのではなく、積極的に監査していく姿勢を身につける必要があると言えるでしょう。

5,処方監査の課題

処方鑑査が、患者の治療と健康に多大な影響を及ぼすのは当然のことです。医療事故にならないとしても、的確な治療を行うことが患者の利益になりますので、医師と薬剤師の双方が処方をチェックする監査業務は重要性の高い仕事だと言うことができます。

ですが、大病院に隣接する薬局や、待ち時間が多いことで知られる院内薬局の場合、一つ一つの処方せんをしっかりと確認したくても、患者から「時間がかかりすぎる」「遅いから違う薬局を利用したい」などのクレームがつくことも少なくありません。

処理を素早くすることも重要ですが、患者に最適な薬剤を渡すことがさらに重要なのは言うまでもありません。時間短縮を至上命題としている薬局では、薬剤による医療事故が起こる危険性が高いと予測されるでしょう。

6,まとめ

患者の健康や病状管理において、適切な薬剤を投与することは非常に重要なことです。その根幹ともなる処方監査は、薬剤師に任された責任ある業務ですので、積極的に行ってまいりましょう。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら