救急薬剤師の役割

救急認定薬剤師の仕事!業務内容と年収、求められる資格について

救急医療における薬物療法に関する高度な知識を身につけた認定薬剤師に与えられる資格『救急認定薬剤師』。2011年から始まった比較的新しい認定資格制度です。この救急認定薬剤師とはどのような仕事を行うのか、年収ややりがい、受験に必要とされる資格はあるのか、などについて説明してまいります。
おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,救急認定薬剤師の役割と業務内容

救急認定薬剤師は、日本臨床救急医学会が日本病院薬剤師会の協力を得て認定する資格です。救急の医療現場における薬物治療の知識・技術・医療倫理を備えた薬剤師を育成し、資格を持った薬剤師が、医師や看護師などの他の医療スタッフと連携し、チーム医療を円滑に行うことで患者の救命を行うことを目的としています。

災害医療や事故現場では、緊急度や重症度を見極めてトリアージを行う救急医療の専門家が求められていますが、救急医療に関する認定資格を持つ医師たちや看護師たちと比べると、急性期医療に通じた薬剤師は絶対的に数が不足しています。

救急認定薬剤師の資格を制定することで、災害時などの緊急時にもスムーズに対応できる薬剤師を増加させる必要があるのです。

2,救急認定薬剤師の業務内容

救急現場において、医療チームの一員として適切な薬剤に関する情報を提供します。患者の状況や状態から、医薬品の投与量や投与方法・投与ルートを迅速に判断して行く必要があります。

また病院内や他の医療機関・施設において感染症が発見された場合も、的確な感染管理・薬学的処置・薬剤投与・処方提案も率先して行います。

3,救急認定薬剤師の申請資格

救急認定薬剤師の資格を取得するためには、薬剤師としての実務経験が5年以上あり、そのうちの2年以上は救急医療の現場に携わっていることが条件として求められます。また、日本臨床救急医学会の会員に登録してから2年以上が経過していることも必要です。

その上で、日本病院薬剤師会で生涯研修履修認定薬剤師を取得していること、また、日本医療薬学会認定薬剤師や薬剤師認定制度認証機構で認証された認定薬剤師の資格を有していること、あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師の資格を有していることが必要となります。

これらの期間・資格に関する条件を満たし、なおかつ救急医療に携わった症例25例以上を報告し、救急認定薬剤師の資格に必要とされる救急医療・薬物療法に関する研修会や学会に規定単位数以上参加し、所属する医療機関の施設長の推薦を受けて、救急認定薬剤師の受験を申請することができるのです。

筆記試験に合格すると、面接試験へと進みます。全ての試験に合格すると、資格の登録申請を行うことができ、認定証が授与されます。

4,救急認定薬剤師の年収とやりがい

2011年に始まった新しい認定資格ですので、まだ有資格者の人数も少なく、平均年収などの実態も分からないのが現状です。ですが、救急医療の現場はもちろん必要とされる場面が多い資格でもありますので、資格手当の対象になることも少なくありません。

救急医療の現場においては、救急認定薬剤師は薬物を使用する治療行為を率先して行う立場になります。処方せんに基づいて調剤を行うのとは異なり、主導的・自発的に治療に関わっていきますので、大きな満足感や達成感を感じる機会が多くなると言えるでしょう。

また、実際に患者と接しながら処方して行きますので、診断が的確であったのかの結果も目の当たりにすることになります。調剤室以外での現場の仕事も多くなりますので、やりがいも感じやすくなると言えるでしょう。

5,救急認定薬剤師の資質

救急認定薬剤師の資格を取得するためには、最低でも2年間は救急医療の現場において薬物治療に関わっている必要があります。救急医療は数をこなすことが実力を身につける最短かつ唯一の方法でもありますが、適性があるかどうかも数をこなしていくことで見極めることができます。

その場で的確な処方を行い、なおかつその根拠や知識が明確であることはもちろんのことですが、患者の状態や反応から正しい判断をするための『観察力』や『注意力』も求められる資質と言えるでしょう。

もちろん正しい判断を行うためには、その場の空気や感情に流されず、常に冷静でいることも大切です。そのためには、状況を多面的に見る能力が求められます。普段から積極的に薬学・医学・看護学などの総体的な知識を取り入れておくなら、状況を多面的に判断し、感情に流されない平常心を保つことができるようになるでしょう。

6,まとめ

災害や院内感染に社会的な注目が集まる現代において、救急認定薬剤師に期待される事柄は非常に多くあります。救急医療の現場でさらに実力を高めたいと考えている薬剤師や、今後需要が増える資格を取得したいと願う薬剤師にとっては、目指すべき認定資格の1つとなると言えるでしょう。

また、緊急の現場では患者との距離が近くなりますので、やりがいを得やすいのも魅力と言えます。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら