注射薬を調剤する

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,注射剤の調剤方法と注意点

入院患者に注射剤を投与するときは、通常、医師の処方内容に基づいて患者ごとに払い出しを行います。薬剤師はまず処方せんに記載されている投与量や投与方法が疾患・症状に合ったものであるかを確認し、2種類以上の注射薬を混ぜても配合変化はないか、他に処方されている薬剤と一緒に使用しても問題はないかをチェックします。

それらのチェックを行ってから注射剤の調製に移りますが、大規模な病院では『注射薬自動払い出し装置』を使用して、人為的ミスを最小限に抑える工夫を行っています。抗がん剤を使用する際には、入念なチェックが必要抗がん剤を製剤するときは、治療方法が標準的な範囲内なのか、

また、薬の連続使用期限内で投与が行われているのか、過去の治療歴などの情報から、適正量が投与されているかも厳しく注意してチェックします。即時対応を可能にする注射剤の払い出しまた、入院患者の病状変化に合わせてすぐに注射剤の変更や追加を行うことができるために、ナースステーションに注射薬を入れたカートやボックスなどを準備し、使用状況を管理する業務も行います。

2,細心の注意が必要な注射剤の調剤

外用薬も内服薬も、患者の健康と命を大きく左右すると言う点では注射剤と変わりはありません。ですが、注射剤は血管内に投与されますので、他の薬剤と比較すると効果は絶大で、とりわけ注意を要する薬剤と言っても過言ではありません。

複数回連続使用することもありますが、主に急性期に限定して使用されますので、病状の変化に合わせて微妙に処方が変化して行くのも注射剤の特徴です。そのため、調剤する薬剤師は思い込みがないか何度も処方せんを確認するだけでなく、連続投与回数や薬剤の量は適正なのか処方せんそのものの正確性を何度も確認する必要があるのです。

混ぜてはいけない薬剤や同時に処方してはいけない薬剤がないか、また患者の年齢や体重・食事摂取状況に応じた量が使用されているか、担当の医師とも何度もコンタクトをとりながら正確に処方して行きましょう。

3,患者への投与日数の制限

新薬は発売から1年間は、14日分以上の投与を一度に行うことができません。同じように麻薬や向精神薬も投与日数の制限があり、特殊な事情があった場合でも30日分以上を一度に投与することは禁じられています。抗がん剤は、特殊な事情があった場合に限り、最大56日分までまとめて投与することができます。

なお、船員などのように職業上30日以内に医療機関の外来に行くことができない場合は、1回に180日分までを処方することができます。いずれの理由で長期投薬する場合も、その事情を処方せんとレセプトに記録しておかねばなりません。

4,注射剤の調剤報酬点数と調剤料

注射剤は調剤数に関わらず、1回の処方せん受付に付き26点が調剤報酬点数として請求できます。

ただし無菌室で無菌製剤処理業務を実施した場合は、閉鎖式接続器具を使用して揮発性の高い薬剤からがん剤治療の注射剤を調剤したときは150点、閉鎖式接続器具を使用して揮発性が高くない薬剤から抗がん剤を調剤したときは100点、閉鎖式接続器具を使用しないで抗がん剤を調剤したときは50点、抗ガン剤以外の注射剤を調剤したときは40点加算されます。

5,診療報酬改定で、薬局でも注射剤が利用可能

平成26年度の診療報酬改定で、保険薬局で処方できる注射剤の種類が拡大されました。これによって在宅医療の幅も広がり、自己注射や訪問医療を選択する患者数の増加が予想されます。

具体的には、経口による栄養補給が困難な場合の水分と電解質の補給を行う『電解質製剤』と病原体の殺菌・静菌を目的とした『注射用抗菌薬』、『pH4処理酸性人免疫グロブリン製剤』が、保険薬局の調剤室でも配合・調剤できるようになりました。

6,注射剤の調剤とチーム医療

注射剤を調剤すると言うことは、単に製剤室での業務を意味しているのではありません。病棟の医師や看護師などの医療スタッフと連携して患者の病歴や現在の症状を深く理解し、最適な治療をチームとして模索する活動でもあるのです。

円滑な連携が実施されるためには、普段からのコミュニケーションも重要なポイントとなってまいります。処方せんやカルテといった紙の上の情報だけでなく、何度も医師や看護師、病棟薬剤師やその他のスタッフと話し合うことで見えてくる情報が、調剤を行う際の力となるのです。

7,まとめ

急性期医療には欠かせない注射剤。在宅医療の現場ではさらに幅広い分野でも使用されています。いずれの場合でも患者の体に強い効果を与える薬剤として使用されますので、患者個人の病歴や薬歴を正確に把握し、他の医療スタッフと入念なコミュニケーションを取って調剤して行きましょう。

病院についてより詳しく知りたい方は「薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたいリアルな現実」の記事も合わせてご覧ください。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えてみるのもオススメ

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

WEB情報では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら