品質保障を担っている人たち

薬剤師の品質管理の仕事とは?業務内容や年収、必要な資格について

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師が関わる仕事の中でも、医薬品メーカーの品質管理の仕事は経験者が求められる難易度の高い仕事として知られています。具体的にはどのような業務内容なのか、またどの程度の年収が期待できるのか、品質管理を行うに当たって必要な資格や持っているとよい資格とは何なのかについて説明いたします。

品質管理の業務内容

医薬品や化粧品の品質を一定基準に管理する仕事が、品質管理の仕事です。原料の検査や製品となった後の検査だけでなく、一定期間保管した後に品質はどの程度変化するのかのテストも行います。

このように検査を何重にも行うことで、医薬品の品質を均一に保ち、時間経過や保管場所の変化に関わらず品質の安定性を確認すること、業務プロセスや開発プロセスの妥当性・有効性をチェックすることが、品質管理の仕事の最大の目標と言えるのです。

品質管理の平均年収

医薬品や化粧品の品質という、製薬メーカーや化粧品メーカーにとっては非常に重要な部分を担う品質管理の仕事。責任が高い分、年収も高いと予想されます。工場で原料や製品のチェックをする場合や本社で新商品の開発に携わって品質をチェックする場合など、働く場所や規模、管理項目によっても多少差はありますが、都市部で450万円以上、地方で400万円以上が相場となっています。

業務内容が専門的な知識を要しますので、ほとんどの品質管理の雇用形態は正社員となっており、パートタイムや非常勤の募集はあまり見られません。また、定時勤務が基本となっていますので、残業が多いことや有休が取りづらいということもあまりありません。

品質管理に必要な資格・持っていると良い資格

実際に医薬品メーカーで品質管理の仕事を行っている人は、全てが薬剤師の資格を持っているわけではありません。製薬会社に一般就職し、品質管理業務を担当している方も大勢います。

ですが、薬剤に関する知識が豊富な人、薬剤を取り扱った経験が豊富な人が優遇されるのは当然ですから、薬剤師の国家資格を有しているなら、品質管理業務に転職・就職するのは資格非保有者と比べると可能性が高いと言えます。

特別な資格は不要!ただし語学力は必要

このように薬剤師以外でも就くことができる仕事ですので、特別な資格は要求されません。資格よりは品質管理を行った経験の方が優遇されると言えるでしょう。

ただし、TOEICで高い点数を得ているなど、英語力を持っていることは大きなプラスに働きます。外国の原料や医薬品を使用することもありますので、品質管理業務において英語が活かされる場面は以外に多くあるのです。

また、医薬品等品質管理基準(GMP)に関する知識を持っているなら、即戦力として評価されます。製薬やサプリメントの先進国でもあるアメリカの食品医薬局(FDA)が定めたGMPについての知識もあるならば、なお良いでしょう。

品質管理と品質保証の違い

製薬メーカーや化粧品メーカーで行う品質に関わる業務には、『品質保証』の仕事もあります。これは、医薬品や化粧品を製造するに当たって、品質を向上・改善させるために必要なプロジェクトを練り、必要ならばシステムを開発し、信頼性を検証して実行する仕事です。

品質の向上が生産性や利益の向上にもつながりますので、トラブルが起こった時の対処や、顧客からのクレームへの回答や対応も、品質保証の仕事の一部となります。

簡単にまとめると、品質管理は製品を一定レベルに保つことを主眼としていますが、品質保証は製品をさらに高レベルに引き上げることを主眼としていると言えるでしょう。企業によっては品質保証の業務の中に品質管理を含めていることもあります。いずれの業務も、豊富な薬剤の知識と経験が求められる仕事なのです。

品質管理のやりがいと働きやすさ

毎日同じような作業を行いますので、やりがいを得にくいと思われがちな品質管理の仕事ですが、製薬あるいは化粧品製品生産の最初の段階(原料)と最後の段階(製品)を担当しますので、お客様の命を左右する重要性の高い仕事が『品質管理』の仕事と言うことができます。

また、企業にとっても熟練した薬剤師を雇用したいと願っていますので、長く続けやすいように、育児休暇や有給休暇、福利厚生が充実している会社が多いです。子どもが幼いうちは、勤務時間や仕事体制を融通してくれることもあります。

品質管理に求められる人材

薬剤やGMPに関する知識と情報が豊富な人材が求められます。経験者・専門家が優遇されますので、転職を希望する場合は40~50代でもOKの職場が多いです。

また、品質保証業務も包括して行う場合は、コミュニケーション力の高さも要求されます。顧客への応対も組織によっては必要となりますので、対人サービスに就いた活動経験がある方はアピールできるでしょう。

まとめ

製薬や化粧品製造に欠かせない仕事が品質管理の仕事です。専門性は高い仕事ですが、特別な資格は要求されません。実力がものをいう仕事でもありますので、幅広い化学物質に関する知識やGMPに関する知識、英語力などを身につけておくことが求められます。

新たな業務知識やスキルアップに興味があるなら職場を変えるべき!

今すぐ転職する気はなくても、将来的に得たい業務知識、スキル獲得に関する相談も転職サイトでは受け付けています。

また、薬剤師専門の転職エージェントは、薬剤師のスキルアップに関するプロです。新たに学びたいスキルや興味のある職場がある場合は希望する職種や仕事内容について相談してみると良いでしょう。

ウェブ上では分からない仕事内容や将来性など、あなたが得たいスキルを身に着けられる職場を紹介してくれますよ。

1位スキルアップを考えるなら断然エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 研修制度が整った職場の求人がどこよりも多い
  • 資格を活かした幅広い職場、職種の求人が業界最大級の転職サイト
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載

2位人材大手のマイナビ薬剤師は求人の幅が最も広い

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 薬剤師利用者満足3年連続NO.1
  • 研修制度やスキルアップの流れの詳細をコンサルタントが丁寧に教える。
  • 人材大手企業のマイナビは様々なジャンルの求人が豊富

3位独自の教育プログラムがあるファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 日本調剤監修の独自教育プログラムでスキルアップに不安なし
  • スキルを学びながら収入アップも可能にする
  • 面接同行サービスで薬剤師の希望が通りやすい
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら