女性薬剤師のやりがい

「薬剤師」のやりがい再発見!悶々と悩むあなたにアドバイス!

どんな仕事でも「やりがい」は、大事です。特に薬剤師は、患者の健康に寄与できる仕事なだけあって、やりがいを感じやすい仕事だといえるでしょう。しかし、日々の業務の中でふと「やりがい」に疑問を持ってしまうという薬剤師もいるのでは? そこで、このページでは薬剤師の「やりがい」にスポットをあててみました。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師のやりがいにまつわる転職の例

まずは、やりがいにまつわる転職経験を持つ薬剤師の事例をケース別・職場別に紹介し、薬剤師のやりがいについて考えてみましょう。

【病院勤務】30代男性の場合

薬剤師としてのやりがいを見失いかけたときに結婚が決まったこの男性。お相手が専業主婦を希望していることもあり、収入アップを目指す必要もありました。自分自身でもMRへの転職にチャレンジしたものの全滅し、意気消沈…。そんなとき転職エージェントへに相談をしました。エージェントからの「宿題」は、本当にやりたいことを探すため、自分自身と向き合うことでした。その結果、やはり薬剤師を続けたいという結論に至り、希望年収を満たす職場への転職を果たしました。

【ブランクあり】50代女性の場合

調剤薬局の薬剤師として15年勤務経験のある女性。結婚後家庭に入り、薬剤師としてのブランクが10年発生してしまいました。ですが、現在スーパーのパート勤務で人間関係に悩んでいること、資格を持っていることを活かし家計の足しにしたいとの思いでエージェントに相談しました。年齢的なこと、ブランクがあること、人とのコミュニケーションをとることが苦手なタイプであることから、企業の研究職を紹介されました。結果的に、その企業に契約社員として入社しました。希望給与には届かなかったものの、人に気を使わずに済むこともあり、やりがいを感じつつ仕事に打ち込んでいます。

【ドラッグストア】30代男性の場合

ドラッグストアの店長補佐として働き、役職手当がついていることで年収が高めだった男性。既婚であることから年収水準を下げたくない、でもワークライフバランスを上手に取りたいという希望を持っていました。仕事自体にはやりがいを感じていたものの、今の職場で頑張り続けるのがよいのかと疑問を抱いていることをエージェントに相談しました。コミュニケーション力の高さから、MRへの転職を勧められ見事転職。これまでのパート従業員のいざこざから解放され、自分の仕事に没頭できるやりがいと、アップした年収に満足しています。

2,職場別の「やりがい」は?「向いている人」は?

同じ薬剤に関わる仕事であっても、勤務先によってやりがいを見出せるポイントは異なります。目の前のことに必死になっていると見落としがちなところですが、あなたはどのような点をやりがいと感じていますか?職場別の「やりがい」と、「その職場に向いている性格」を見てみましょう。

病院・大学病院

【やりがい】
・患者が快方に向かう姿を見ることができ、有名な医師の治療を目の当たりにすることができる
新薬の情報を手に入れやすいことから、知識を深めることができる
【向いている人】
・几帳面で常識的な行動を取れる、人の世話が好きなタイプ

療養型病院

【やりがい】
・患者の変化を日々感じることができる
・総合病院と比較して、医師に投薬に関する提案がしやすい
【向いている人】
・自分の知識をフル活用したいアクティブなタイプ

ドラッグストア

【やりがい】
・多くの病院・先生の調剤を経験することができる
・飲み合せ・副作用に関する知識が増える
薬だけでなく経営に関する知識を身につけることができる
【向いている人】
・コミュニケーション能力が高く、先を読む力があるタイプ

調剤薬局

【やりがい】
・地元の人と仲良くなれて、実際に役に立っているという実感が持てる
・じっくりと仕事に取り組むことができる
【向いている人】
・おとなしく、優しいタイプ

在宅医療

【やりがい】
・治療の現場に直接出向くことで、人の役に立っていると実感できる
・キャリアの幅が広がる
・医師に患者の状態に合わせた投薬提案ができる
【向いている人】
・気配り上手で、思ったことをきちんと口にできるタイプ

公務員薬剤師

【やりがい】
・無駄のない合理的な考え方・仕事ができるようになる
・情報に多く触れることで経験値を高めることができる
【向いている人】
・几帳面でありながらも決断力のあるタイプ

パート薬剤師

【やりがい】
時給が高めに設定されている
・人の役に立っているというやりがいを感じながら、家庭のこともバランスよく行える
【向いている人】
・子育て・介護という家庭の事情を抱えているタイプ

3,薬剤として「やりがい」と「収入」のどちらを取るか?

仕事ができて、プライベートも充実している薬剤師は、「やりがい」と「収入」のどちらを取るか、悩む傾向があるようです。特に、30代後半以上の中堅、企業勤務や病院薬剤師に多いようです。答えとしては、年収レベルを下げることなく「やりがい」を維持できれば問題はないはずです。そのためには転職も視野に入れながら「薬剤師としての誇り」「やりがい」を追求し、収入と同時に精神的にも満足できる状況を作り上げることに注力すべきでしょう。

4,「やりがい重視」で職場を選びたいという薬剤師へ

薬剤師としてのやりがいに悩み、「このままで良いのか」と感じている薬剤師は、転職という道を選んでみてはいかがでしょうか。しかし、ただ闇雲に転職しては意味がありません。自分がやりたいこと、今後どのようなキャリアを積み、どんな薬剤師になりたいのか、それを明確にしておく必要があります。

そこが見えていないという薬剤師は、相談相手として薬剤師専門の転職エージェントが強い味方になるでしょう。エージェントは、薬剤師転職のプロフェッショナルです。あなたの悩みに真剣に耳を傾け、最適な職場を探してくれるでしょう。

仕事のやりがいのみならず、収入面、人間関係などに関してもつまずきを感じたら、何でもエージェントに相談してみてください。たとえ転職につながらなくとも、自分自身の仕事を改めて見直すチャンスが得られます!

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら