女性薬剤師がガッツポーズではげます

「薬剤師なんて辞めてやる!」というあなたに贈る転職エージェントからのアドバイス

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師は、人の健康、さらに言うなら命を預かるとても大変な仕事です。新薬やジェネリック医薬品などの知識もどんどん吸収していかなければ追いつかない近年。プレッシャーを感じたり、はたまた人間関係に悩んだり…。

エージェントが実際に遭遇した、「仕事を辞めたがっている薬剤師」の悩みと、それに対するアドバイスをまとめてみました。

「新卒3年以内」自分に自信のないあなたへ

大学を卒業したばかりの新卒薬剤師が、思った以上に仕事のレベルが高く追いつけない。また、先輩や上司と折り合いが悪いと感じてしまった。そんな時に辞めたいと思うのは、薬剤師のみならず、どのような職業でもあることです。まず、あなたは現に採用され求められた人材であることを思い出してください。採用されなかった方の存在を思えば、あなたはすでに「選ばれた人」なのです。できることからコツコツと、もう一度今の仕事に打ち込んでみてはいかがでしょうか。

社会人になってからも学びはとても大切です。しかし、まとまった時間が確保できない社会人は、隙間時間を有効活用することが重要です。通勤時間を活用するよう、勉強アイテムを準備してみてはどうでしょうか。

勤務中も、わからないことがあればその場で先輩に聞いてください。間違いを起こしてしまうよりはるかに前向きな行動ですし、先輩も「素直でいいな」と思ってくれるはずです。仮に「先輩や上司に嫌われているかも…辞めたい…」という悩みを持っているのであれば、それは「気にしすぎ」です。どんな人でも100人中100人に好かれる必要はないのです。

「薬剤師自体を辞めたい」と思うケースは?

薬剤師としてキャリアを積んできた人でも、ミスをしてしまい「薬剤師を辞め、一般の仕事に就きたい」と思うことはあります。カルテの読み間違い、患者の名前や疾患を間違えるという基本的ミスをはじめ、薬剤を間違えたといった深刻な事態もあるでしょう。

定期的に薬を受け取りに来ていたうつ病患者が、みずからの命を絶っていたたことを知り、自身の無力さを感じてしまったという薬剤師もいます。勤務先での人間関係がスムーズでなく、自分自身が心身ともに疲れきってしまったという薬剤師も少なからずいます。ストレスに見合う収入があればなんとか持ちこたえることもできるのでしょうが、それもかなわず転職の道を選ぶ薬剤師も多いものです。

「病院を辞めたい」「調剤薬局を辞めたい」と思うときは?

病院や調剤薬局は、一定の人間関係の中で仕事をしなければなりません。そのため、人的ストレスによって辞めたいと思う薬剤師からの相談はとても多いです。特に女性の多い職場では、噂話や陰口、いじめによって追い詰められてしまう人もちらほら。

特に病院勤務の薬剤師は、医師や看護師と対等ではないと感じてしまい、仕事自体にやりがいをもてなくなる人もいます。そんなときは、周囲の「こんな薬剤師になりたい!」と思える先輩や上司を見つけましょう。そのような人を見つけ、その人との人間関係を強めることができれば、改めてやりがいを見つけることができますよ。

「公務員薬剤師なんて!」「パート薬剤師はもういや!」という実例

夜勤や遅番で体力を消耗するのに給料が低い…そんな公務員薬剤師からは、しっかりとした生活を始めるだけの給与を得るまで時間がかかるという声が聞こえてきます。一方、ある程度自由がきくと考えられているパート薬剤師であっても、思い通りのシフトにならなかったり、時給が上がらないという悩みを持つことがあります。

どちらにも共通しているのが、職場の人間関係です。公務員という性質上、ある程度固定された人員・年功序列の中で仕事を回さなければならない職場では、何らかのはずみで一度狂ってしまった歯車を調整することは難しいもの。ドラッグストアなどでパート勤務している場合はその逆で、入れ替わりの激しい環境が面倒な人間関係を招いていることもあります。

肌に合わない環境で頑張り続ける意義を見い出せなくなっているのなら、是非一度転職エージェントに相談してください。

それでも「辞めたい」「苦しい」と思ったら

以上、仕事で苦しむ薬剤師のリアルな声を紹介しました。もし、本当に現在の職場に踏みとどまる自信がない、辞めたいという薬剤師は、転職という道を選ぶことをおすすめします。ストレスを抱えながら仕事をしていても、モチベーションが上がらず、昇給も絶望的でしょう。スキルアップをすることも難しいはずです。それならば、新天地で気分を一新し、輝いていた頃の自分を取り戻してみませんか。

そのお手伝いができるのが「薬剤師専門の転職サイト」です。専任のエージェントが、あなたの現在の悩みをしっかり受け止め、それを解消できる職場を探してくれるでしょう。年収アップや条件面の交渉なども遠慮なく話してみてください。

転職は若いうちにしてしまったほうが有利です。悩んでいる時間がもったいないですから、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録してみましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら