転職に成功した女性薬剤師のコツとは

転職に成功する薬剤師はここが違う!転職活動のコツを徹底調査してみた

薬剤師が転職するとき、どんな点に注意をしなければならないのでしょうか。「初めてのことでわからない」「採用されるかどうか自信がない」という方も多いはずです。また、転職に向けて動き出すタイミングはいつがいいのでしょうか。 このページでは、再就職先選びから手順、転職活動をはじめるべきタイミングに至るまでを徹底的に紹介します。
転職サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,薬剤師はどんな理由で転職したいと思ってるの?

薬剤師が転職を考え始めるのは、どのような理由なのでしょうか。多くの原因は「人間関係」です。たとえば、「自分が嫌われているという被害妄想」「性格が合わない人が職場にいてつらい」「いじめられている」といったものです。これは仕事へのモチベーションに直結するだけに、かなり重大な問題です。

2,転職は3回まで?繰り返すと、将来が「先細り」になる

転職のたびに壁にぶつかって、職場を転々とする薬剤師も少なくありません。これは薬剤師に限らず、どのような職業の人にもみられることです。一般的に、短期の転職を繰り返すことは希望する就職先に「この人は採用しても大丈夫なのだろうか」と思われてしまうものです。

このような不利な状況を避けるため、職場選びでどうしても譲れないポイントを絞り、それを満たしてくれる職場を探すべきです。希望先の人的環境はわからないまでも、労働条件・給与に関してはしっかりと話を聞くことはできるはずです。不安要素を一つひとつ自分の手で取り除く努力をしなければなりません。転職活動用に、企業がセミナーや説明会を開くこともありますので、積極的に足を運び、社風を伺うことも大事な転職活動の方法です。

3,転職活動に自信のない方へ贈るエール

転職には、「学歴に自信がない」「面接に自信をもって臨めない」「転職の手順がわからない」といった不安要素がつきまといます。これらの不安をリセットし、胸を張って転職活動を行う方法をご紹介します。

学歴に自信がない

6年制薬学科卒業者と4年制薬科学科卒業者とでは、転職の際に差がつくのでしょうか。転職の現場においては必ずしもそうではありません。専門知識やスキルが高いと思われがちな6年制ではありますが、「4年制お断り」という求人情報はほとんど存在しないのです。同じ年齢ならば、社会経験のあるほうに軍配があがるはずです。

面接に自信をもって臨めない

志望する職場の勤務形態が正社員であろうと、パートであろうと、選考で見られている点は何ら変わりはありません。もしその職場で内定をもらえたらどのように貢献ができるか、将来どのような薬剤師になりたいかなど、履歴書に書ききれないニュアンスを伝えましょう。志望理由と自己PRを自分の言葉で語ることができるかどうかをチェックされます。

転職理由について聞かれたときにも、スムーズに答えられるように準備を。「いじめです」、「人的ストレスです」はネガティブな印象を与えてしまいますから柔らかい言い回しを考えておきましょう。今まで経験したことに自信を持ち「薬剤師としてより高いスキルを積みたいと思います」など、前向きな言葉を準備してください。面接時の服装はスーツやジャケット着用で、という基本もお忘れなく。

転職までの手順がわからない

初めて転職を考える方の前に立ちはだかる大きな問題のひとつに、「手順がわからない」というものがあります。これは薬剤師のみならず、どのような職業の場合も同じです。

  1. 退職決意
  2. 上司へ退職の相談(3か月前目安)
  3. 退職願提出(2か月前目安)
  4. 引継・有給消化
  5. 機密保持署名、保険証、名刺、名札等返却(前日か退職日当日)

この流れさえ覚えておけば大丈夫です。現在の勤務先独特のルールがないかどうか、事前に服務規程をチェックするのも忘れないようにしてください。現在の勤務先のルールに沿わない退職は、その後の転職活動に影響を及ぼすこともあります。

4,転職活動にベストな時期はいつ?

薬剤師の転職活動が活発化するのは9月です。11月もしくは12月もまた狙い目です。この時期以前に、薬剤師専門の転職サイトへ登録し、求人情報をチェックできる状態を作っておきましょう。転職エージェントへの相談も、この時期以前から始めてください。より好条件の転職先情報を手に入れるためには、先手を打つことが何より大切です。

5,薬剤師は売り手市場?買い手市場?

薬剤師に転職をためらわせる理由は「今は転職すべき時なのか」という不安です。転職活動を始めるため会社に辞表を提出しても、次の就職先が見つからなければ大変なことです。
では、2016年現在、薬剤師募集活動を積極的に行っている職場をチェックしましょう。

ドラッグストアはヒートアップ中

今や薬剤師なしには収益が確保できないドラッグストアは、当然求人数も多いです。「病院に行くまでもない」「軽い症状なら市販薬で」と、仕事帰りにドラッグストアを訪れる客も多いからです。第一類医薬品の販売にかんしては薬剤師を常駐させる義務がありますので、この状況もすぐに理解できます。

CRC(治験コーディネーター)も募集が活発

新薬開発の最前線ともいえる医療現場で被験者に接しながら、治験内容の説明、不安軽減の相談役として活躍できるCRC。特徴としては福利厚生の充実、企業だからこその土日休み、という点で人気です。社会貢献度も高く、やりがいを求める方にとっては魅力的な仕事内容といえます。

病院は“下降気味”

公立・私立を問わず、病院の給料は下降気味です。2年に1度見直される医療費報酬の改定により国が医療費削減を行おうとしている現実があるからです。
一方で、総合病院であれば、数多くの薬や症例に触れることができるため、スキルアップの面では有利なため人気です。キャリア形成のため、将来の自分のためと判断できれば、総合病院もひとつの選択肢となり得ます。

6,転職活動に限界を感じたら…

転職とは、自分自身のキャリアの問題であるのと同時に、現在の勤務先にも影響を及ぼす一大事です。

可能な限り現職と次の勤務先が決まるまでの期間を短くし、自分の望む働き方を選びつつキャリアプランを具体化するためには、自分一人の力では限界があります。そこで、薬剤師専門の転職エージェントの力を借りてみてはいかがでしょうか。あなたの希望にしっかり耳を傾け、理想的な職場を探してくれるでしょう。さらに、面接対策や書類の作成など、内定を勝ち取るために全力を尽くしてくれるのです。

非公開の転職情報を持っていることもありますので、まずは登録し、相談するところからはじめてみてはいかがでしょうか。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら