転職不安を解消した女性薬剤師

薬剤師の転職不安を解消!職場別、雇用形態別に徹底分析してみた

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

どんな職業でも悩みはついてまわります。薬剤師も例外ではなく、「今の職場にい続けるべきか悩んでいる…」「薬剤師としてのキャリアをさらに磨きたい」など薬、転職に関する悩み、迷いを抱えている薬剤師も多いでしょう。同時に「やっぱり元の職場の方がよかったと後悔しないだろうか」という不安も付きまといます。

そこで、このページでは悩みを解決した実際の転職モデルケースや、雇用形態ごとのメリット・デメリットをはじめ、転職エージェントが過去に取り扱った珍しい転職先情報などをご紹介します。

転職先の「メリット・デメリット」を事前に知っておこう!

あなたがイメージしている転職先はどこですか?勤務先ごとのメリット・デメリットを先に知っておけば、あなたの望む働き方である程度絞り込みができます。自分でも予備知識を持っておくと、求人情報を読むときも、誰かに相談をするときもスムーズです。

病院(大学病院)

病院での勤務は、幅広い症例を見聞きすることができ、新しい薬に触れるチャンスも多いことからスキルアップにはもってこいの職場です。年収も比較的高いことが魅力。一方のデメリットは、多忙であること、医師や看護師との人間関係が難しくなる可能性です。

ドラッグストア

病院に行くまでもないけれどなんだか体調が…。そんな来店者と触れ合うことができるドラッグストアはキャリア選択の幅が広いのが特徴です。薬剤師という資格を持っていることでより重宝されるのも魅力。幅広い処方せんを取り扱うことから、一般薬との飲み合わせの知識も格段にアップします。家庭の事情で地元を離れられないという理由でも選ばれる転職先です。

出入りの激しい店舗ならば、人間関係もトラブル含みであることも多くあり、ここが悩みのタネとなることがあります。

製薬会社

新薬に関する知識に触れる機会の多い製薬会社では、各種セミナーを社内開催していることがあります。薬剤師としてのみならず、人としても成長できる場を設けているのです。デメリットは、休日が少ないこと。ワークライフバランスを重視する人には少々つらい職場でしょう。

公務員薬剤師

薬事行政・保険行政に関わることで、「人の役に立っている」という実感を持ちやすいのが公務員薬剤師です。特殊な例としては麻薬取締官・麻薬取締員、保健所での食品衛生監視員、保育所の薬剤師という仕事があります。公務員という安定感の一方、デメリットとしては、「思った仕事ではなかった」「年収が知人の薬剤師よりも低い」と感じることも少なくないということ。

他と比べず、安定を求める人に向いているのが公務員薬剤師です。公務員になるための試験をパスしなければなりませんし求人も多いとは言いづらいもの。常に求人情報にアンテナを張っておかなければなりません。

プライベート優先ならば、「契約社員」「派遣・パート」という働き方での転職も

転職先を探すといっても、正社員ではなく契約社員や派遣、パートという形で転職に臨むことも可能です。特に女性の場合、結婚や出産を期にママになり、ライフスタイルが大きく変化すること、ブランクが生じることも珍しくありませんので、正社員以外の勤務形態を検討する人が多くいます。

契約社員のメリット・デメリット

勤務先と直接契約を結ぶ契約社員は、後に正社員への道も開けやすいことがメリットです。契約期間を決めて働けることから、「数年後には改めて別の資格試験に挑戦したい」「結婚を予定している」といった明確なライフプランを持っている人が選ぶ就業形態でもあります。デメリットは、契約期間中の退職が難しいということです。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は、契約社員とはまた違ったメリットがあります。スキルとそのときの求人のタイミングが合えば、思ってもみない大病院や大手企業で働けるチャンスに巡り合うこともあります。一方では、次の派遣先を紹介してもらえなかった場合そこで収入が途絶えてしまう、労働時間による給与計算ですから休みの多い月は収入がダウンするといったデメリットがあります。産前産後休暇や育児休暇は基本的に取れないものと考えてください。

パートのメリット・デメリット

生活の中で、重視したい点が家事や子育て、または資格試験に向けての勉強などである場合、パートという働き方もよいものです。勤務時間や日数の面で融通がきくからです。
デメリットは、希望する収入に見合うシフトが組まれないこともある、ということです。また、ボーナスが出ないこともあり、収入面での頑張りがいが見出しづらいということも。これは、自由な働き方とトレードオフの関係にありますので、割り切って臨むべきでしょう。

こんな“お仕事”への転職もエージェントが相談に乗ります!

薬剤師が活躍できる場は、上記以外にも多くあります。やってみたいことが明確にある場合は、専任のエージェントへ希望を伝えてみてください。

例えば、

  1. CRC(治験コーディネーター):専門性が高く、被験者の様子に直に触れられる
  2. CRA(臨床開発モニター):社会貢献度が高く、やりがいが大きい
  3. CRO(新薬開発):専門性が身につき、常に新しいことにチャレンジできる
  4. 化粧品メーカー:あこがれの商品に携わることができ、やりがいが大きい
  5. 学術:困っている人を助けられるという満足感がある
  6. 研究職:病気に悩む人を救う新薬を作るというやりがいを見付けやすい
  7. 薬事:専門知識を活用し、さらに高い専門性を身に着けられる
  8. 卸業者:頑張りが結果に結びつき、金銭的なやりがいを得られる

このような職場を探しているのであれば、ひとりで仕事を探すのは困難です。積極的に薬剤師専門の転職エージェントに相談をしてください。非公開情報を持っていることもあります。キャリアプラン・ライフプランとあわせて検討することで、ビジョンが開けてくるはずです。

年収アップのためには、転職が近道!

働き方も大事、でも年収アップも大事、という方には転職がひとつのキーワードになります。今の職場で年収600万円、700万円、800万円以上を目指すためには、昇進し管理職になるほかないはずです。そのためには何年かかるでしょうか。職場が公営の病院や街の調剤薬局ではそもそもそのような年収を狙うこと自体が難しいことでしょう。

このようなときこそ、転職を検討してください。調剤というフィールドで働き続けたいのであれば大手調剤薬局チェーン店へ、人付き合いも苦にならず頑張りが直接数字に現れる仕事を望むのならMRへ…。自分が求め、また自分を求めてくれる場所をスピーディに探すことができれば年収アップも夢ではありません。

見事に転職を果たした人たちのケースから学ぶ

エージェントに相談をして転職を成功させた人たちの相談内容と、その結果を知りたくはありませんか?二つのケースを、薬剤師転職サイトのエージェントの言葉を借りてご紹介します。

病院薬剤師・入社1年目の男性のケース

転職のタイミングで悩んでいたこの30代の男性には、「まだ就職して1年、そのタイミングではないでしょう」とアドバイスをしました。ですが、現在の職場で悩みを抱えており、どうしても転職したいという意思が固かったのです。転職を勧めてみたい勤務先がありましたので、そこで実現すべきキャリアビジョンを明確に提示しました。「将来安心して過ごすためには、これが実現しなければなりません」と具体的に提案、彼はそれをきちんと理解し、納得したうえで転職を果たしました。

調剤薬局勤務・結婚を控えた女性のケース

これまで順調に薬剤師としてのキャリアを積んできた30代の女性。いずれは転職をと考えながらも結婚が決まりました。結婚が先か、転職が先か…。私は先に転職をすることを勧めました。結婚し子どもが生まれると転職には不利になってしまうからです。この女性は早速転職活動に入りました。特に女性の場合、このような“人生のイベント”に左右されることも多くあります。結婚から出産、育児が見込まれる場合は、育児施設のある病院も選択肢に入れるべきでしょう。

あえて他業種への転職をすすめることもあります

転職エージェントは、まずあなた自身がいきいきとできる環境を探す努力をしてくれます。正社員であれば、少なくとも8時間はその場にいなければならないのですから、苦痛を感じないところでなければなりません。エージェントは相談者本人の希望だけではなく、性格やライフプランなどを総合的・客観的にみています。時には薬剤師以外の仕事を紹介することもあるほどあなたの立場に立って考えてくれます。

前述のように、薬剤師には様々な勤務先・勤務形態があります。あなたの性格・考え方と働き方とをうまくマッチさせ、働きがいのある毎日へと導くのが薬剤師専門転職エージェントの仕事なのです。多くの転職ケースを知るエージェントこそ、あなたの転職相談相手にぴったりです。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら