残業が辛くない女性薬剤師薬剤師

残業がつらい薬剤師必見!残業のルールと残業のない職場の特徴とは?

「毎日残業がつらい」「残業代が少ないような気がする」……。日々の残業に悩まされている薬剤師は多いかと思います。ただでさえ薬剤師は立ちっぱなしの体力仕事。ヘトヘトになるまで働く毎日が続くと、「残業のない職場に転職したい!」と考えることもあるのではないでしょうか。そこで、このページでは、残業にまつわるルールについて紹介します。自分の職場と照らしあわせて、しっかり守られているかどうか確認してみてください。また後半では、残業のない薬剤師の職場をまとめて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,残業のルールを知っておこう

まずは、企業が守るべき残業のルールについて紹介します。

残業代はいくらもらえる?

残業については労働基準法で定められており、「時間外労働」と呼ばれます。残業代についても同法律で決められており、たとえば勤務日の残業であれば22時までは1.25倍以上の残業代が支払われるのがルールです。また22時以降の残業や休日労働、休日の残業についても支払われるべき残業代がきちんとした数字で決まっています。会社の就業規則などを確認してみるとよいでしょう。

残業代の出る時間は?

労働基準法の定める時間外労働には、始業時間前や休憩時間の労働も含まれていますが、ほとんどの職場では定時後のみの労働を「残業」として残業代支払いの対象としています。たとえば9:00~17:00が就業時間の場合、定時後の17:01からが残業となります。

残業代の出る時間単位は職場の規定によりますが、15分単位、30分単位、1時間単位などとなっており、単位に満たなければ残業代は出ません。残業代が足りないのではないかと思う人は、この時間単位を一度確認してみるとよいでしょう。

2,そもそもなぜ残業が発生するの?

残業の原因は、ドラッグストア、調剤薬局、病院のいずれも、発注などに時間を取られるとケースが多いようです。また調剤薬局の中でもいわゆる門前薬局は、病院が混雑していたときにその患者さんの調剤を全部終わらせるまで当然帰れません。病院薬剤師の場合は急患などで残業が多くなることがあります。

3,残業のない職場に転職しよう!

残業代が発生しても、精神的・体力的なしんどさには変わりはありません。そこで思い切って残業のない職場への転職を考えるのも一つの方法です。そこで以下では比較的残業のない職場を紹介します。

デスクワークの仕事

オフィスワーク、デスクワークの仕事には残業のない求人が多く見られます。たとえば製薬会社のコールセンターで医薬品情報についての質問に答える仕事などは、薬剤師の経験を生かしつつ、定時きっかりに帰ることも可能です。また大手総合病院のDI室も、医薬品の情報を収集、整理するデスクワークであるため、残業が少ない傾向にあります。

製薬会社での管理薬剤師

製薬会社では人件費の削減のため、定時退社が可能なところが多くなっています。また大企業の場合は有給休暇が取りやすいなど、福利厚生が整っている点もおすすめです。

一部の病院

総合病院など大規模な病院の場合は、発注や在庫管理を事務職員にまかせたり、管理がシステム化されたりしているケースがあります。その分仕事が減るため、残業を回避できます。

一部の調剤薬局

調剤薬局も残業のない職場が増えてきています。もともと併設病院を受診した患者さんの対応が中心になるため業務がそう多くないことや、営業時間が短いことなどが理由として挙げられます。また近年は処方箋を受付可能な薬局が増えたこともあり、受付時間が終わったあとは患者さんに別の薬局へ行ってもらえるようになったことも大きな要因となっています。

派遣薬剤師

派遣薬剤師は正社員やパートと違い、働いている企業と直接雇用関係にないため、残業がありません。また勤務日や勤務時間に融通が利くなど、仕事とプライベートを両立できるほかのメリットも多くある点が特徴となっています。

4,転職したい!と思ったら

今回の記事では、悩ましい薬剤師の残業について、残業代のルールやさまざまな職場の残業の実態について紹介しました。いかがでしたでしょうか。

思い切って残業のない職場に転職しようと思ったら、薬剤師専門の転職サイトを活用してみましょう。転職サイトに登録すると、専門のエージェントがあなたの現職での悩みに耳を傾け、希望する条件に合った求人を探してくれます。ぜひ登録してみてください。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら