研究職として働く薬剤師

薬剤師が研究職に就くには?気になる年収・転職するための条件とは?

薬剤師の仕事は調剤だけではなく、健康に関するあらゆる局面に立ち会えるといってよいでしょう。なかでも特徴的な仕事といえるのが「研究職」です。 薬剤師の資格をフル活用し、人のためになる新薬の開発に携わるという意味では“花形”ともいえる仕事です。関心を寄せる薬剤師も多いはずですが、研究職に就くためにはどんな条件が必要なのか、年収はどれくらいなのか、わからないことだらけだと思います。 そこで、このページでは「研究職」にスポットをあて、詳しく説明していきます。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,研究職と開発職の違いを知っていますか?

新しい薬の誕生に携わる仕事は、大きく「研究職」と「開発職」とに分かれます。「研究開発職」と一括りで考えられがちですが、その仕事内容は「研究職」と「開発職」で大きく異なります。

研究職

研究職は新薬のアイデアを見つけ、有効性を検証・追及する仕事です。新薬の合成、分析、薬理、毒性などの分野に分かれた研修室で実験を行い、成果を蓄積します。仕事内容は毎日が実験の繰り返しです。学会で外に出ることもありますが、基本的には研究所での実験が仕事の中心です。

開発職

開発職は、その新薬のアイディアを医薬品という形として具体化するための設計や製造を担う仕事です。研究室での実験はせず、臨床試験、つまり人体実験を行います。臨床試験の結果をモニタリングし、データを集め、有効性や安全性が確認されると新薬が完成します。どちらが欠けても、新しい薬は生まれません。いずれも薬剤師に人気の職業で、就職の難易度は非常に高いです。

2,研究職が“花形”であることの意味と年収

薬剤師が研究職に持つイメージは、「仕事が楽しそう」「狭き門をくぐったエリート」「生涯年収が高そう」というものです。上記のように、研究職は毎日の研究が仕事です。研究に没頭するのが好きな人にとっては、楽しくてやりがいのある仕事と言えます。また大手製薬会社の研究職の年収は平均で700万円~900万円、食品企業の研究職の年収は平均で500万円~800万円、化学企業の研究職の年収は平均で700万円~900万円です。さらに、能力を買われてヘッドハンティングされた薬剤師ならば年収1,000万円以上となるケースもあります。薬剤師全体の平均年収が500~650万円(HOP調べ)であることを考えれば、たしかに高給取りであることがうかがえます。

3,薬学部から研究職へ、大学はどこが有利?研究職の現実は?

研究職に関心を持つ高校生にも説明しておきたいことがあります。研究職に就くためには、上位の国立大学、もしくは難関とされる私立大学を目指してください。医療や製薬の世界では、出身校にこだわりを示す企業が多いからです。さらに、大学で何を学び、何を研究してきたのかを重視しますので、研究内容、教授と希望する業界との密接度合いも早い段階で情報収集しておくべきといえます。

博士号取得は必須項目?他に何が必要?

研究職に就くためには、博士号の取得も必須です。このため、先に触れたとおり、上位の国立大学・難関とされる私立大学へ進むことが大切なのです。医療なのか、美容なのか、製薬なのかといった志望業界によって多少の違いはあっても、博士号は欠かせない条件です。また、研究は同僚や関係する組織の人たちとの密な連携なくしては成立しません。コミュニケーション能力やディスカッションスキルも観察されることを意識してください。

研究職には表に見えない苦労も

調剤薬局やドラッグストアの薬剤師は、多くの人と触れあいながら職務を果たします。一方、研究職は研究室の中で行う仕事ですので、クセのある人の多い職場であれば心理的に苦労をすることがあります。また、成績を数値化することが難しいため、努力に対しての評価が正当でないと感じることもあります。会社の業績によっては、研究職以外への異動も珍しいことではありません。

4,薬剤師から研究職への転職例はある?

調剤薬局やドラッグストアでの勤務経験しかない薬剤師が、研究職へ転職するケースはほとんどありません。しかし、例外がないわけではありません。たとえば、国立薬学部出身の男性が研究職に進んだ事例があります。薬剤師になろうと就職活動をしたにも関わらず、その努力も甲斐なく“全滅”だったとき、薬剤師専門の転職エージェントに相談をしました。どうしても地元で薬剤師として働きたいという希望を持っていましたが、新卒採用も落ち着いた時期でもあり、ハードルは高かったのです。

エージェントは、独自のネットワークを使い製薬会社の研究職の欠員を発見、その男性にすすめたところ、「3年限定のバイトと割り切ります」と納得し、結果的に内定を勝ち取りました。その製薬会社は本社が東京都の大手でした。

5,どうしても研究職を諦められない方へ

先に挙げたとおり、薬剤師を目指した方が転職エージェントの後押しで研究職に就くケースもあります。これはかなり珍しいことです。転職エージェントへの相談という行動、エージェントのネットワークからの情報がうまくマッチしたことで生まれたケースです。薬剤師専門の転職エージェントがいたからこそ実現しえた成功例ですね。

研究職は狭き門だからこそ、自分一人の力でなんとかなるものではありません。その道のプロである転職エージェントの力は必須といえるでしょう。ライバルの薬剤師に先を越されないよう、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録しましょう。

薬剤師登録者数No.1!エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 高い知識レベルを身につけてキャリアアップしたい薬剤師
  • 確実に年収アップしたい薬剤師
  • 自分が希望する職場に確実に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら