在宅医療薬剤師

高齢化は止まらない!在宅医療における薬剤師の位置付け

少子高齢化が急速に進む現代日本。国は病床数を増やさないために在宅医療の推進に舵を切りました。そういった情勢の中、薬剤師に求められる役割にも変化が起こりつつあります。これまで、病院や街の調剤薬局といったステージで働いてきた薬剤師。在宅医療においては何が求められるのでしょうか?その役割について迫ってみました。。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,実際の業務内容を知ることからはじめよう

薬剤師が在宅介護に携わる前に知っておかなくてはならないことは多くあります。調剤薬局での患者対応はある程度“定型化”されていますが、在宅医療や終末期医療に関わる場合にはスピーディーな対処が求められます。この段階で、かなりイレギュラーなケースが発生することも想像できるでしょう。

また、患者の病状、ご家族の介護体制を知ることはもちろん、担当医師や訪問看護師やケースワーカー、ケアマネージャーからの信頼を得ることも大事です。患者本人や、自宅で介護に当たっている家族の気持ちに添える人間力も求められます。
在宅医療に求められている薬剤師の求人はこちら

2,業務の報告書はどうする

医師からの指示に従い薬学的管理指導計画書を作成し、訪問薬剤管理指導を開始しますが、緊急の場合医師から口頭での指示を受けることもあります。訪問時には、服薬アセスメントシートに記載しますが、その例は以下の通りです。

以下、ノート書類風の見せ方で

  1. 朝昼晩の服薬に偏りがある(夜の薬が残っているなど)
  2. パッチ薬の貼り替えができていない(残り数カウント・赤みやただれのチェック)
  3. 目の前で飲んでもらったときの状況(包装を自分で破れない・薬物や水の誤嚥など)
  4. 服薬管理法が徹底されているか(お薬カレンダーや配薬ボックスの利用状況)

必要事項を記入したら、速やかに医師に提出を。その情報を元に、医師は副作用や健康上の問題、病気の進行度合いを把握します。

3,「人の役に立ちたい」という気持ちが何より大切

自分の意思で動けない高齢者や、障がい者に寄り添いたいという気持ちで薬剤師になった方も多いでしょう。そういった薬剤師にとって、在宅医療はやりがいを感じられる“現場”です。しかし、病院内で調剤・服薬指導を行うのとは異なり、単独で動くことが多いため、患者・家族・医師・訪問看護師・ケースワーカーなどとの連携をキープし続ける根気強さや細やかさが求められます。

常に自分にできることは何か、自分に課せられた役割は何かを問いながら業務を行う日々が続きます。在宅訪問指導の現場で薬剤師を支えてくれるのは、「相手の気持ちに寄り添い、理解したい」という使命感です。

4,在宅医療薬剤師に必要な知識・スキルは?

一言で在宅医療といっても、患者の病状は様々です。単に服薬状況のチェックや指導を業務内容とするのではなく、患者自身が言葉にできないことを状況から理解したいと思える人に向いている仕事です。コンプライアンスの遵守はもちろんのこと、処方の正確性、副作用の有無の観察、薬剤情報をわかりやすく正確に提供するスキルが求められます。

また、バイタルチェックをしなければならないこともあります。プライマリケア認定薬剤師の資格を取得し、患者を総合的に観察し対策を考えられる人材になれば、薬剤師としての可能性はぐんと広がります。

5,在宅医療における薬剤師の役割は?

改めて在宅医療における薬剤師の担う役割を考えてみましょう。止まることのない高齢化によって、自宅で患者を診なくてはならない家庭の増加、自宅で終末期を過ごしたいと希望する患者の“生活の質向上”のニーズという側面を支えることが求められています。在宅医療を担当する医師の負担も増加していますから、それを支えるという意義もあります。

また、正しい知識を伝えることにより潜在的な飲み残し薬剤費を削減すること、介護に携わる職員が致し方なく薬剤にかかわっている状況を改善するという、社会的に大きな役割も担うこととなります。
在宅患者訪問薬剤管理指導料が大きく引き上げられたのも、それに関わる薬剤師の役割の重要性を反映したものでしょう。

6,“最前線の現場”だからこそ、エージェントを活用して!

在宅医療という言葉も一般化してきましたが、現場に求められる人材は医師だけではありません。より広範囲な知識や経験を持つ薬剤師も求められています。在宅看護の役に立ちたいと希望するのなら、求人内容で訪問薬剤師業務を掲げる病院を探すことが近道です。

確立されたとは言いがたいフィールドでの仕事ですから、条件面も充分に検討し、応募しなければなりません。薬剤師に特化した転職エージェントへの相談により、やりがいのある現場を見つけてください。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら