副業で薬剤師をする女性

薬剤師が副業考えるなら何がベストだろう?在宅?翻訳?それとも…?

近年、副業がブームになっています。薬剤師も、今の給料に不満があったり、今の職場に何かあったときの保険が欲しかったりという方は副業を考えるのではないでしょうか。また今の仕事に余裕が出てきて「少しお小遣いを稼ぎたいな」と思う方もいるかもしれません。

では薬剤師は副業できるのでしょうか?またおすすめの副業はあるのでしょうか?今回はこうした点に着目して紹介していきます。

副業する前の注意事項

お小遣い稼ぎの感覚だからといって、誰でも副業をしていいわけではありません。以下に該当する方は注意してください。また、副業とは切っても切れない税金に関するポイントも紹介します。

副業が禁止されている薬剤師

公務員薬剤師は、国家公務員法および地方公務員法で副業が禁じられています。また管理薬剤師も薬事法で、薬事に関する兼業が禁止されています。いうまでもなく法律違反は犯罪となりますので、これらに該当する人は副業をしてはいけません。

職場の就業規定を確認しよう

法律で禁止されていない薬剤師の場合にも、職場の就業規定で兼業(副業)が禁止されていることが多くなっています。もし違反すれば懲戒解雇など厳しい処分を受ける可能性があるため十分な注意が必要です。まずは上司に副業をしたい旨やその理由を相談しましょう。そして現職で給料を上げる方法がないかを検討することも大切です。

税金の申告も必要

もし副業を行うことになったら、自分で確定申告を行う必要があります。その旨を会社に報告しておきましょう。二つ以上の事業所から収入を得ている場合は、それぞれの会社に税金の申告を任せられないためです。あとから手続きがわずらわしくならないよう、副業することが決まったらできるだけ早く担当者に伝えるようにしましょう。

おすすめの副業

副業できることが分かったら、自分に合った副業は何かを探ってみましょう。薬剤師の経験やスキルを生かせる副業には以下のようなものがあります。

アルバイト

ドラッグストアでのアルバイト
ドラッグストアは基本的に遅くまで営業しており、無休の店舗がほとんどです。ですので本業が終わったあとや休日にシフトを入れるという働き方ができます。勤務時間や勤務日の融通がある程度利く点が魅力です。

講師のアルバイト
薬剤師の知識を生かした講師の仕事もおすすめのアルバイトです。自分で探すことは難しい仕事ですが、勤務先から講師を頼まれるケースがあります。この意味でも、副業をしたい場合は現職の勤務先にまず相談し、副業を望んでいることをアピールしておくとよいでしょう。

在宅ワーク

医療翻訳
英語が得意な方におすすめの在宅ワークが医療翻訳です。海外の医学書や論文を翻訳する仕事で、クラウドソーシングやマッチングサイトを利用して探すことが可能です。薬剤師のスキルを生かして医療現場の最先端に関われる仕事であるため、やりがいを感じられるでしょう。

ネットワークビジネス(アフィリエイト)
ネットワークビジネスは、薬剤師に限らずさまざまな仕事の人から人気を集めている副業です。なかでも自分のブログやホームページに広告を貼り付けて広告収入を得る「アフィリエイト」は多くの人に利用されています。薬剤師の場合は、現職の知識や経験を生かした記事を提供でき、閲覧者数を増やせる点がポイントです。

在宅ライター
近年、専門知識を得ることができるインターネットコンテンツが増えています。当然、薬剤師の世界について知りたいという方々も多く、「薬剤師ライター」の需要も高まっています。仕事探しの方法には、クラウドソーシングやマッチングサイトへの登録が便利です。プロフィール画面で資格や経験をアピールすれば、スキルに見合った依頼を受けられます。仕事をしただけ収入が増える点、ライターとしての経験が蓄積されれば仕事が増えたり単価が上がったりする点が魅力です。

教室を開く
自宅を教室として使い、近隣の人向けの講座を開くという方法もあります。たとえば緩和ケアとしての薬の飲み方指導や、東洋・西洋医学との組み合わせを教える教室などが考えられるでしょう。薬剤師としてのコミュニケーションスキルをアップするためにも役立つ副業です。

副業意外で収入を増やす方法がある?

いかがでしたか?気になる副業はあったでしょうか。

副業をしたいという薬剤師は基本的に現在の収入に不満を持っているはず。そこで、発想を転換し、思い切って転職してみてはいかがでしょうか?薬剤師の資格を活かせる魅力的な副業はたくさんありますが、やはり「掛け持ち」は厳しいものです。そこで、転職によって年収をアップさせて、副業の必要性をなくしまえばよいのです。

もちろん、やみくもに転職しては失敗してしまいます。そこで「薬剤師専門の転職サイト」に登録することをおすすめします。

転職のプロである転職エージェントが収入アップ、キャリアアップ、その他の待遇など、あなたの要望をじっくり聞いたうえで、理想的な職場を探してくれるでしょう。
こんな便利なサービスを活用しない手はありません。エージェントは、収入をアップさせたい薬剤師の強い味方となってくれるでしょう。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師