時短勤務で喜ぶ薬剤師

【保存版】時短勤務でも稼げる!薬剤師派遣まとめ

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

「正社員として働いているけれど、フルタイムで働くのに疲れてしまった」、「キャリアアップもいいけれど、もう少しマイペースに働きたい」……。そんな方は派遣として働くことを検討してみてはいかがでしょうか。とはいっても、給料や福利厚生などの待遇や職場の環境など、不安に思うこともありますよね。

そこで今回は、派遣で働く薬剤師について詳しくご紹介します。今まで知らなかった派遣の魅力がきっと見つかるはずですよ。

1.派遣薬剤師の仕組み

派遣薬剤師は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先企業となる薬局や病院、ドラッグストアで派遣スタッフとして仕事をします。

派遣先企業と直接雇用関係にない点が正社員やパートとの違いです。

派遣薬剤師の仕組み

とはいっても働く環境は正社員とほとんど変わりありません。以前と比べ「派遣だから」といって仕事内容が露骨に制限されることや、立場が明らかに低いなどの扱いを受けることはなくなってきています。うれしい社会環境の変化ですね。

2.派遣薬剤師の働き方を見てみよう

続いて、薬剤師派遣の時給相場や就業時間など、働き方をくわしく見ていきましょう。

時給相場

全国的に派遣薬剤師の時給は3,000円~4,000円前後が相場となっています。高給なため、場合によっては正社員よりも高い月収が狙えます。月に40万円以上を稼ぐことも十分可能です。今の時代、月に40万円以上を稼ぐというのはかなり大変なことです。それを「派遣」という働き方で得られるのは薬剤師ならではの特権かもしれません。

就業時間

派遣の場合は就業日数や就業時間に融通が利くケースが多くなっています。週3日、4時間以上の勤務という時短勤務で働ける求人のほか、なかには週1から勤務可能という求人も。まずは子育て、家事ありきという主婦薬剤師などにおすすめの働き方です。自分の都合に合った求人を探すとよいでしょう。また正社員と違い残業が少ないため、きっちり定時退社できる点も魅力です。

福利厚生

保険・年金やその他福利厚生については、契約を結んだ派遣会社の制度にしたがって受けられます。派遣企業のほとんどはしっかりした福利厚生制度を持っているため安心できるでしょう。受けられるおもな福利厚生には、有給休暇や各種社会保険、健康診断、薬剤師賠償責任保険などがあります。

また派遣先企業や派遣企業が大企業であった場合には、派遣企業の保養所やレジャー施設と、派遣先企業の福利厚生制度を両方使えることもあります。正社員やパートでは享受できない派遣ならではのメリットですね。

期間

勤務期間は比較的自由がききます。派遣先企業によりますが、最短で1年未満から、長ければ契約を更新して5年や10年同じ職場で働くことも可能です。派遣薬剤師は部署異動がほとんどないため、居心地が良い部署に長くいられることがある点も魅力です。また退職の際には直接派遣先企業と交渉する必要がなく、派遣期間を一定のめどにしてスムーズに辞められる点もメリットです。

研修制度

ほとんどの場合、研修が受けられます。場合によっては派遣先企業での研修も受けられることがあります。仕事に必要なスキルを身につけたり、ブランクを解消したりできるため、長年現場を離れていた薬剤師も安心して働き始めることができますね。

3.薬剤師派遣に求められる条件

派遣薬剤師が高給を狙える雇用形態であることをおわかりいただけたと思います。しかし、そんな「おいしい」派遣薬剤師になるにはどうすればよいのでしょうか?条件など詳しく見ていきましょう。

経験

多くの場合、実務経験が必要となります。ただし、ドラッグストアでは調剤以外にもさまざまな業務があるため、実務経験に自信がなくても転職可能な場合があります。またブランクがある場合は、正社員を辞めてから1~3カ月程度が望ましいとされています。

年齢

年齢制限はほとんどなく、さまざまな年齢の人が派遣で働けます。ただし、企業が欲しい人材としては、30代後半くらいまでといわれています。50歳以上になるとかなり転職が厳しくなっているのが実情です。
とはいえ、まずは人間性が重要です。年齢相応の落ち着きを持ち、物腰の柔らかさがあれば、内定を勝ち取る可能性はぐんと高まります。

4.派遣と正社員、パートの比較

当然、派遣としての働き方は正社員やパートとは異なります。ここでは、ほかの働き方と比べた派遣のメリットやデメリットについてみていきましょう。

派遣のメリット

なんといっても、勤務時間や勤務期間の融通が利き、ワークライフバランスを確保しやすい点が最大のメリットです。また、企業によっては正社員よりも高時給で働けることも大きなメリットですね。

正社員と比べたデメリット

ボーナスが出ない点、長期的に見て生涯年収が低くなる点など給与面でのデメリットが挙げられます。また調剤業務以外の仕事が中心となりやすいため、キャリアを積むには不向きであるといえます。

しかし逆に言えば、調剤が苦手という方には最適なポジションが得られるでしょう。

パートと比べたデメリット

パートと違って派遣は派遣先企業と直接雇用関係にないので、パート以上に不安定です。しかし、まじめに仕事に取り組み、周囲としっかりコミュニケーションをとっていればそこまで心配することではありません。

5.選考のプロセス

いよいよ薬剤師派遣の求人に応募しようというとき、気になることは選考プロセス。ここでは選考の流れについて詳しく見ていきましょう。

面接はあるの?

派遣で働く場合、面接不要とされている求人も多く見られますが、実際にはほとんどの企業で「顔合わせ」や「職場見学」という形の面接が行われています。これは、企業にとっても派遣薬剤師にとっても、働いてみてやはり合わなかった、というアンマッチの問題を防ぐための方法です。やや気の引ける面接ですが、企業側だけでなく、少しでも働きやすい職場に就くために薬剤師側にとっても大切なプロセスになります。

選考フローは?

選考フローとしては、まず派遣企業から企業へスキルシート(名前を伏せた履歴書のようなもの)を提出します。スキルシートの内容から企業が面談を希望したいと判断したら、面接の日程が組まれます。そして面接の結果によって合否が決まり、合格となれば採用が決定します。必要であればこのあと条件交渉も行えます。

■薬剤師派遣の求人はどこで探す?

いかがでしたか?派遣薬剤師のメリットや特徴がわかってきたのではないかと思います。

派遣で働きたいと思ったら、薬剤師専門の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、専門のエージェントに細かい条件に合った求人を探してもらえたり、選考フローでのアドバイスをもらえたりします。

何かと気になる人間関係や職場の雰囲気、お休みの取りやすさなどについても詳しく教えてもらえます。エージェントの力を借りて、ぜひ理想の求人を見つけてくださいね。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら