勤め先によって異なる薬剤師ボーナス

薬剤師のボーナス額はいくら?勤め先によって意外な差が!

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師と一言でいっても職場は様々です。当然、労働環境も異なりますし、支給されるボーナス額も違ってきます。でも、他の職場ががどれくらいボーナスを支給されているか、意外とわからないものですよね。そこで、このページでは調剤薬局からドラッグストア、大学病院に至るまでの平均的なボーナス額を紹介していきます。「ボーナス額が高い職場で働きたい!」というのは誰もが願うこと。転職を希望する際の目安として、知っておいて損はありません。

調剤薬局・ドラッグストア・病院・MR、それぞれのボーナス額は?

薬剤師が働く職場といえば調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業が挙げられます。さて、それぞれの職場でどれくらいボーナスが支給されているのか、ランキング形式で見ていきましょう。

  • 第1位:製薬企業(平均年収720万円)100万円
  • 第2位:ドラッグストア(平均年収650万円)90万円
  • 第3位:調剤薬局(平均年収500万円)約70万円
  • 第4位:病院(平均年収450万円)約60万円

いかがですか。やはりダントツで多いのは製薬企業。これは予想通りと言ってよいでしょう。しかもMRであれば「営業成績」によってさらなるアップも期待できます。第2位のドラッグストアもかなりの金額です。その下に調剤薬局と病院と続きますが、他の業種にくらべれば十分なボーナス額といえるのでは?

新卒のボーナス水準は?

続いて、新卒薬剤師のボーナス額も見てみましょう。

  • 調剤薬局―初任給の80%程度
  • ドラッグストア―初任給の120%位
  • 病院―初任給の約50%
  • 企業(MR)―初任給の約100%
  • 企業(研究職)―初任給の約100%

やはり目にとまるのはドラッグストア。意外なことに、MRの「約100%」を引き離して第一位の支給額です。

同じ薬剤師として勤務しても、新卒の段階でこれだけの違いがあります。企業やチェーン店は、しっかりとした評価基準があるため、ボーナス金額に差が付いてしまう傾向にあるのです。ドラッグストアに関していえば、年俸制をとっている企業もあり、ボーナス込みの金額提示をされることもあります。このあたりもきちんと確認をしなければなりません。

派遣やパートの薬剤師でもボーナスはあるの?

職場別の支給額はわかりましたが、「雇用形態別」での支給状況はどのようになっているのでしょう。転職を検討する際、私生活の事情によっては派遣やパートを選ばざるを得ないこともあります。このような場合もやはり気になるのがボーナス。

派遣・パートのボーナス支給の現実を以下にまとめました。

【調剤薬局・ドラッグストア】
派遣―なし/パート―就業規定により(大手の場合はあり)
【病院】
派遣―なし/パート―就業規定による(ほぼなし)
【企業】
派遣―なし/パート―就業規定による(概ねあり)

「あり」の職場であっても、正社員より低くなることは当たり前。あまり期待しないほうがよいでしょう。
なお、「派遣でもボーナスあり」と謳っている会社がありますが、基本的に派遣にはボーナスはありません。お給料から少しずつ積み立てをしてボーナスのように還元するという仕組みを採用しているのです。

転職はボーナス支給後?それとも前?

転職をするタイミングとして「ボーナス支給前か、支給後か」という悩みをよく耳にします。

せっかくもらえるお金ならば受け取りたいと思うところですが、まずは会社の支給要件をチェックしましょう。就労規則に「ボーナス支給日に在籍しない、もしくは退職を予定している者には支給しない」という文言はないでしょうか。もしもこの記載があるのであれば、ボーナス支給後に退職したい旨伝えるとよいでしょう。

同時に、転職先のボーナスを算定する対象期間も調べることができれば、入社すべきタイミングも計算することができます。たった半月、たった1ヶ月の違いでボーナス支給を逃してしまうかもしれないのです。

しかし、そこは社会人としての節度をもって臨まなければなりません。誰かが会社を辞めるということは、次の人材確保、引継ぎに要する期間が発生します。これまでお世話になった会社には“立つ鳥跡を濁さず”の精神で恩に応えたいものです。

やりがいとともにボーナスを期待するなら、相談しながら細かくチェックを!

ボーナスは、会社の規定に左右されるものです。今回は「おおむね」の平均額を追ってみましたが、中には年俸制で「込み」となっているケースもあり、年々わかりづらくなっているのが現状です。また派遣やパートは基本的に“期待薄”であることもわかりました。

もし転職先でもボーナスを希望するのであれば、条件を詳細に調べなければなりません。そこで活用したいのが、薬剤師専門の転職エージェント。転職希望先と自分の希望を相談しながらうまくすり合わせることができます。

一般的な転職サイトではなく、薬剤師専門のエージェントを選ぶことが必須なのです。「ボーナス額を重視したい!」という要望をエージェントに伝えれば、それに見合った求人を紹介してくれるでしょう。こんな頼もしい味方はいません。エージェントを有効に活用して、年収をグンとアップさせる転職を目指しましょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら