手取りが良くなった薬剤師

気になる薬剤師の手取り額!社員・パートの現状

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

第100回(2015年)の薬剤師国家試験にパスしたのは63.1%です。決して「広き門」とは言えず、試験に至るまでも6年制の薬学正規課程を修めなければ薬剤師にはなれません。だからこそ、薬剤師になったからには、よりよい条件で働きたいところです。それまでに要した努力・費用に見合った収入を期待するのは当然のことです。

すでに働いている方であっても、今の手取り額が周りと比べて高いのか安いのか気になりますよね。そこで、このページでは薬剤師の平均的な手取り額をケースごとに紹介しています。

まずは、手取り額の意味をおさらい

「手取り額」とは一体何でしょうか。ご存知の通り、お給料から色々なものが引かれて手元に残る金額のことを指します。具体的に引かれるものは以下の通りです。

  • 所得税
  • 健康保険料
  • 年金保険料
  • 雇用保険料
  • 住民税

これらを引かれることによって「総支給額-約2~3割」が手取り額となります。

職場によっては団体生命保険や財形貯蓄制度があり、さらに“引かれもの”があることも。これは一般企業の会社員と何ら変わりはありません。

新卒時の手取り平均額はいくら?

薬学教育が6年制になってから、国家公務員薬剤師の初任給は20万800円となったと公表されています。これをベースに、病院に勤める薬剤師の初任給も決まります。

それに対し、一般の薬剤師の初任給は市場にも左右されます。今現在、職場別の初任給ランキングは以下の通りです。

  • 1位:ドラッグストア
  • 2位:製薬企業
  • 3位:調剤薬局

例えばドラッグストアの場合、初任給の手取り額は、25万円~35万円(年収にすると400万円程度)が一般的です。病院薬剤師では、初任給手取り額は20万円~25万円(年収にすると300万円~350万円程度)です。

地方では人手不足も手伝い、さらに手取り額が高くなります。

薬剤師の月収は、キャリア(年数)によって大きく開く

どのような職種にも言えることですが、キャリアを重ねれば重ねるほど月収(=年収)は上がります。これは薬剤師でも同じこと。20代の平均年収は400万円~499万円、30代では500万円~599万円が多いとされています。このことから考えると、給料をアップさせるためには、社員・パートを問わずキャリアを積み重ねるべきといえるでしょう。

日進月歩の薬剤の知識を絶え間なく取り入れ、医療全般に対する知識を深める努力を続けることが給料アップを目指す上で重要なのです。

30代・40代の薬剤師の場合

30代の薬剤師の年収で、一番多い割合は500万円~599万円です。ここから所得税や住民税、各種保険料を引き、月の手取りに換算すると30万円台です。

40代ともなれば、年収が600~699万円になる方も少なくありません。これを月の手取り換算すると、40万円前後となります。

パートの場合は?

薬剤師は、パートでも働きやすく、高給を得やすい職種として知られています。専門的な知識を身につけ、国家試験をパスしている強みです。

薬剤師としてパート勤めをしている場合の手取り額はどのくらいでしょうか。これは勤務先や、どのくらいの時間を仕事に費やせるのかで変わりますからすぐに答えを導き出せるものではありません。そのため、モデルケースを立ててみます。

【時給2,500円で1日4時間、月に20日間時間働いた場合】

月に20万円の収入を得ることになります。地域により異なりますが、所得税や住民税を引くと、手取り額は18万円強となる計算です(※社会保険に加入しない場合)。1日4時間の短時間労働でこれだけの収入を得られるのは薬剤師パートの強みですね。家庭との両立もできますし、収入に納得できれば理想的な働き方といえるかもしれません。

専門エージェントへ相談することが、結果を大きく左右する

少子高齢化や、セルフメディケーションへの意識の高まりから、医療の現場やドラッグストアなどで薬剤師が不足しています。それに伴い、薬剤師は引く手あまたとなり給与も上昇しています。

つまり、今は薬剤師が収入アップを目指すうえで大きなチャンスの時期なのです。収入アップ、そしてキャリアアップを本気で目指すなら転職がおすすめです。そのためには「薬剤師専門の転職サイト」に登録し、エージェントの力を借りましょう。あなたの目指す方向へと適切なアドバイスをしてくれますし、忙しいあなたに代わってぴったりの職場を探してくれるでしょう。エージェントの力を借りれば、あなたの行く手を大きく左右する、よい転職先を見つけることができるはずです。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら