hopeyecatch

フリーランスになって収入増。それでも会社員時代より常に不安/37歳javaエンジニア

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

フリーランスのjavaエンジニアにはとにかく案件が集まる!レバレジーズの@agentにまず登録。月収100万円超えフリーランスプログラマーも。

フリーランスのプログラマとして活動

現在フリーランスでプログラマとして活動している者です。一応現在でも正社員ではありませんが会社勤めもしておりリアルタイムで双方のメリット・デメリットを実感しています。今日はその事についてお話したいと思います。

まず、おおまかなざっくりとした会社員とフリーランスとの比較としては、やはりフリーランスの場合は自分のペースである程度仕事が可能という所が大きいと思います。

つまり今日はちょっと疲れているからこの案件は明日にしようとか、この案件は自分的にはメリットが薄いから断ろうとか、そういう事が基本的に可能なのはかなりのストレス軽減になりました。

フリーランスのjavaエンジニアにはとにかく案件が集まる!レバレジーズの@agentにまず登録。月収100万円超えフリーランスプログラマーも。

会社や上司が守ってくれないため、責任感が必要

そういう意味ではやっぱり自分には会社勤めよりもフリーランスの方が合っているという気がします。ただフリーランスの場合、会社員とは違い守ってくれる上司や会社があるわけではありませんので、責任は直結して自分に降りかかります

ですので、確かに自分のペースで仕事が出来る部分があってそういう点については良いのですが、やはり「自分自身で仕事をしている」という責任感はより必要になってくるのではないでしょうか。

そして仕事の善し悪しがそのまま自分自身の評判に繋がりますので逃げ場が無く、会社員時代とはまた違う緊張感や責任感が必要な事があるのは間違い無い事実だと思います。

フリーランスのjavaエンジニアにはとにかく案件が集まる!レバレジーズの@agentにまず登録。月収100万円超えフリーランスプログラマーも。
agent-banner01

技術者でも営業の能力が必要

また会社員とは違い、仕事は基本的に自分で取ってくるものなので、自分自身が営業マンである必要もあり、そういう意味では、技術者でありながらも営業の能力もある程度は必要という事になると思います。

もしかするとフリーランスの場合は色々な職種を経験した人の方がより能力を発揮出来る場合もあるのかもしれませんね。この辺りの問題は最近常々感じており、フリーランスというのはより多岐に渡る能力が必要なのは間違い無いです。

個人事業主となり、本格的に経営して行く立場になれば、さらに必要とされる能力は増え、より見識のある人間に成長する必要があると思います。プログラマという職種柄、基本的には一生涯学習がモットーですが、やはり他業種でもフリーランスとして活躍する場合は、より一層に学ぶことに貪欲になる必要があると思います。

フリーランスは苦手な分野でも積極的に学ぶ必要がある

社内では自分が苦手な仕事を人に任せ、自分が得意な仕事を自分が行う、という分業がある程度可能だったのですが、フリーランスになると基本的には自分で問題解決する必要に迫られる事が多いのを実感します。

もちろん自分の苦手な仕事を別に委託するという事も可能ですが、それをやっているばかりでは自分自身の仕事の幅が狭まってしまい、結果、他のフリーランスの方に仕事を取られ仕事を失ってしまう事にもなりかねません。

ですのでフリーランスとして働く場合は、前述したように、自分の苦手な分野でも積極的に学んで行き、世の中のトレンドを見極めてよりビジネスとして質の高いものを取捨選択して行く必要があるのは確かだと思います。

フリーランスのjavaエンジニアにはとにかく案件が集まる!レバレジーズの@agentにまず登録。月収100万円超えフリーランスプログラマーも。

収入は会社員時代よりずっと増えたが、安定するまでは大変だった

収入については、ある程度のクライアントの継続した依頼が来るようになってからは、会社員時代より増えたのは確かです。しかしそこまで安定するまでが大変だったのも事実で、最初は自分自身で営業して廻って仕事をもらい格安で受注していた期間が結構ありました。

この頃は本当に大変でやっぱり会社員の方が良いのかなと思った時期もありましたし実際にそういう努力をする必要が無い会社員の方が良い面も多いと思います。

でも、前述のように、実績を積んでクライアントの信頼を得て、継続した仕事依頼が来るようになってからは、会社員時代とはまた違った「仕事をしている」という充実感を得られるのもフリーランスの素晴らしい所だと思います。

収入の面においてもある程度の信頼を得て固定されたクライアントが付きだしてからは、仕事をすればするほど直接自分の収入になりますので、やはり安定してからの収入は会社員時代よりずっと多いです。

フリーランスのjavaエンジニアにはとにかく案件が集まる!レバレジーズの@agentにまず登録。月収100万円超えフリーランスプログラマーも。
agent-banner01

フリーランスは「不安感」が最大のデメリット

しかし、やはり不安が常にあるのも事実です。生え抜きの会社員ならば、かなりの額の退職金・年金が保証されていると思いますし、やはり一番のメリットは常に会社から守られているという安心感だと思います。

病気・怪我でしばらく仕事が出来なくなったら?仕事が取れなくなってしまったら?という心配がやはりフリーランスよりぐっと少ないと思いますし、会社員の場合はやはり守られているという安心感があるだけでもかなり大きなメリットだと思います。

フリーランスの場合はやはりその辺りの不安が常につきまといます。会社員と比べて今まで書いて来たようなメリットもありますがやはりこの不安感というデメリットは最大のデメリットだと思います。

結局のところ、会社員とフリーランスのどちらが優れているという事ではなく、やはりそれぞれに合った仕事選びをする必要があるのだと思います。私の場合は、どちらかというと、フリーランスの方が合っているという気がしますが、やはり完全には会社員を辞める事も出来ず、その双方のメリット・デメリットを感じていますので、現在のようにある程度両立しているといった感じです。

エンジニアはフリーランスの案件があふれている

フリーランスのphpプログラマーやjavaエンジニアはやはりフリーランスで有利。レバレジーズの@agentに集まるまい月150件以上の案件のうち、半分以上がこうしたアプリケーション開発の案件です。登録は無料、60秒程度で完了しますので、求人案件をチェックしてみては?

agent-banner01

(1) 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
(2) 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
(3) 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。