post-1050

14時間勤務でも昼30分、夜30分の休憩しか取れないホテルサービススタッフ

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
マイナビエージェント

★★★★

詳細

3位
Spring転職エージェント
(アデコ)

★★★★

詳細

まず、私は就職したのではなくアルバイトで働かせて頂きましたがアルバイトでも理解出来るいわゆる「ブラック企業」に勤めていました。この仕事を始めたキッカケは、大学進学の際に観光に携わる学部に行くことから、観光に関連したアルバイトをしたいと考えてホテルのサービススタッフへのアルバイトを自ら希望しました。

始めのうちは覚えることで必死で、社員や、定時社員(パートのことを言います)に食らいついて仕事を覚えていたのですが、入った時期も時期だったのでしょう。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

どんなに長く勤務しても休憩はトータルで1時間だけの制度

私のバイト先は婚礼も取り扱っているので、もちろん婚礼のサービスも仕事ですが何より働く時間が長いのが問題です。朝9時に出勤し、労働終了時間が決まっていないのでキリのいいところで打ち切る。アルバイトも社員と同じように働きます。土日の休日は忙しいのは承知です。一番多くて14時間拘束されたこともあります。

さらに、こんな長く拘束されているにも関わらず、休憩時間はトータルで1時間しかとれない制度です。(食事休憩の昼30分、夜30分と決められています)

しかし、他部署はこの制度ではないため、更衣室に設置されている休憩所で睡眠をとるなどしてます。そして、アルバイトよりもはるかに少ない労働時間できっちり定時には上がっています。(多分10:00〜18:00くらいでしょう)

また、総支配人は口だけで指導、無駄な研修も開始し、会場セットが間に合わないなどアルバイトでさえストレスの溜まる職場であるのに、社員は板挟みにされて、もっと苦痛だと感じられます。4年間働いていますが、辞めていく社員も多く見てきました。

社員よりも定時社員(パート)の方が給料が良い

しかし、こんなブラックな企業でも我慢出来た理由は、やはり人の環境の良さです。今の主任になってからは、「叱る時は、叱る。ゆるいときはゆるく」のオンオフの切り替えがはっきりしていること。

そして、どんでん(1会場での宴席が終了して、片づけ、セットし直し、また宴席を始めること)の行うチームワークの良さ、面倒をしっかり見てくれる人、仕事の愚痴を言える人がいるからこそ続けられているのだと考えられます。

年収においてはアルバイトであるので分からないのですが、定時社員の話を聞けば、社員と同じように働いて、休みが2日確保されている社員に比べれば、休みを自分で決めて働き続けている定時社員の方が給料は良いと聞きました。ボーナスにおいても、すずめの涙程度だと社員でさえ言っています。

ちなみにアルバイトの私の給料は、時給850円で、土日のみで拘束されて約8万くらいのお給料を頂いています。1日1万円くらい時間拘束されているんですね。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

口だけよく挟む、現場を知らない駄目な上司

上司や、部下については、私の部署の上司はとにかくいい人ばかりであるのは間違いないですが、幹部にあたる上司たちはとても駄目な人ばかりであると思います。

現場を知らないで仕事をしていること、その上電気代の無駄や水道代の無駄など口挟み、どっかにいってしまう。必要のないものばかりを購入し、本当に直してほしいところは後回し。これは本当にどうにかしてほしいものでもあります。

部下ではないですが、アルバイトの後輩においては、自分もゆとり世代ではありますが、やる気のある、なしが凄くハッキリわかります。向き、不向きもあるのでしょうが、わからないことは聞きに来る、コミュニケーションがちゃんと図れる子が少ないなと感じます。これも、携帯が普及して、画面とにらみっこしている子が増えているからなんでしょうか。

ホテル業界よりも居酒屋の方が業務形態がしっかりしていた

アルバイトとして、現在も続けていますが、掛け持ちでやっている神田の居酒屋と比べると居酒屋は業務形態がしっかりしていると思います。ここは、土日祝日休みですが、ランチ11:00〜14:00 ディナー17:00〜23:00と営業時間が確保されているので、営業時間が終了して次の日のセットが準備できたら帰宅という感じです。

社員は朝9時くらいに出勤しているようですが、ランチが終わって、ディナーに入るまでは休憩時間で休息をとることが多いみたいなので、ホテルよりも効率の良い働きをしていると思います。

業界は違えども、ホテル業界は就職活動をしてでもブラックであることは間違いないでしょう。ただ、インターンシップで、沖縄にあるホテルのベルスタッフを経験した時は、8時間の労働基準はどの社員にも守られていたものと感じられると、今働いているアルバイトのホテルはかなり労働無視しているのがわかります。

なにやら、契約書みたいなのをこの間書かされていたようでもありますし。。。来年から、私は社会人になりますが、ブラック企業でないことを願うばかりです。

年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、をご紹介します。

【年齢別】のオススメ転職サイト

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
Spring転職エージェント(アデコ)

無料登録


登録はコチラ
知名度は低いが、企業の人事から直接情報を入手しているため、30~50代の「転職がしづらい層」でも転職成功率が高いことで有名。 また取引社数は7,500社・非公開求人率80%と大手並み。リクナビやマイナビなど有名転職サイトと一緒に登録しておくと情報収集力が一気に上がるので、転職で失敗したくないなら登録必須。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳?29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。