post-1046

1日4時間の残業でも月5時間分の残業代しか支給しない語学スクール事務

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

以前働いていた職場を辞めてから、就職活動を始めました。ハローワークにマメに通っていましたが、求人件数が多い割には、自分のしたい仕事の求人が少なく、見付けたと思っても条件が合わなかったりして、なかなか面接に行きたいと思える職場が見つかりません。

無職期間も一カ月半になると、さすがに焦ってきて、就職活動を始めた時の条件より、少し緩い目で求人を見るようになりました。そこで目に留まったのが、ある語学スクールの事務でした。入学の説明や電話対応、外国人講師のスケジュール調整や、テキスト作成などが主な業務です。

給料が安いのは分かっていましたが、勉強をしに来る場所なので、販売などの接客よりも何となく良いイメージがありましたし、無茶苦茶な激務というわけではないだろうと思っていました。しかし、働いてみるとすぐに、その会社がブラックであると分かりました。

求人票に書かれていた残業五時間は実働ではなく支給分だった

ハローワークで見た求人票には、十時から十八時までの早番勤務と、十四時から二十二時までの遅番勤務の交代制となっていましたが、実際は、早番の場合も十八時で帰れません。結局いつも遅番の人と一緒に帰ることになるので、早番の数が多い週は、十二時間拘束になり、毎日本当に疲れていて、家に帰ればお風呂にも入らずに死んだように眠っていました。

残業は、求人票には五時間と書かれていましたが、それは、どれだけ残業をしても五時間分しか支払われないという意味で、残りの四十五時間は、完全なサービス残業でした。退職して数年経った今でも、あの時の未払いの残業代を思うと、悔しさでいっぱいになります。

早朝手当がつかない朝八時からのビラまき

しかし仕事はそれだけでは終わりません。社長の気まぐれで、始業時間前にビラまきをさせられることが、月に二度くらいありました。

三日前くらいに、ビラまきを命じられると、朝八時から一旦出社して、大きな段ボールに入れられたビラを、相棒と一緒に台車で運び、スクール近くで配る作業です。完全な勤務時間外業務ですが、もちろん手当は一切出ませんでした。

そのチラシを二時間ほどかけて配るのですが、ティッシュやアメなどを付けてくれれば、まだ受け取ってもらいやすいものの、ケチな社長のせいで、通行人はあまり受け取ってくれません。昨晩遅くまで残業して、まだ眠い体で配るのは体力的にとてもつらかったですし、ハッキリ言って効果があるとは思えませんでした。

二時間が経つと通常業務が始まるので、受け取ってもらえず残ったビラを、また同僚と引きずって帰ります。体力の限界までこき使われるブラック会社なので、退職者もとても多かったです。
「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

退職者の補充は社員が倒れる寸前でしか募集をかけない

その語学学校の受付は私を含めて三人いましたが、私に仕事を教えてくれた最も古株の女性でさえも、入社して一年に満たない人でした。あと一人の受付は、私より三か月前に入社した人で、気が合いそうだったのですが、私が入社して一カ月後に辞めてしまいました。

通常の会社なら、誰かが退職届を出すと、すぐに求人を出すのが普通ですが、社長は、もしかして人数を補充しなくてもやっていけるのではないか?と考えたようで、何か月も募集せずに様子を見ていたのです。

同僚がこなしていた分の仕事が、一気に私と先輩にのしかかってきて、更なる激務になりましたが、しばらくの辛抱だと思って何とか耐えていたものの、一向に新人が入ってこないので、先輩に尋ねるとその事実を告げられました。

社員が倒れるまで、私たちのつらさを理解できないのかと、本当に腹が立ち、いつも親や友達に、私の仕事の愚痴ばかり聞いてもらっていました。

転職活動したくても忙しすぎて出来なかった

ブラック企業でもさすがにすぐに仕事を辞めるのは、気が引けたので、自分を励ましながら何とか五か月続けましたが、辞めると言い出した時も、社長に「今の大変な状況が分かっているのか!」怒鳴られ、私にはもう限界でした。

本来なら次の仕事を見付けてから退職するのがベストですが、休みが少ないので、転職活動をしたくてもなかなかできません。実家暮らしだったので、しばらく無職でも生活にすぐ困るわけではないため、先に辞めました。

それだけこき使われて、月に十七万円の収入しかなく、先輩によると十万円程度のボーナスも、あったりなかったりだということです。スタッフみんな本当に苦しんでいましたが、妻子を養っている主任の男性などは、「辞めたくても辞められない」と、私が辞めることを羨ましがっていました。

今の仕事は、お給料は高くないものの、毎年三千円ほどきちんと昇給もしますし、残業はほとんどないので、アフターファイブに友達と食事をする余裕もできました。あの時、辞めようか迷いましたが、他にも働きやすい会社はたくさんあると分かった今では、正しい決断だったと思います。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。