転職 怖い

転職が怖いアナタへ~不安解消にはまず相談 キャリアコンサルタント活用事例

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

転職成功の秘訣に、キャリアコンサルタント。近頃、活用事例が非常に多くなっていることで知られています。

とはいえ、これが一体なにをする人々なのか知らない、そんな方も多いのではないでしょうか?

キャリアコンサルタントとはどういった職業で、なにをしてくれるのでしょうか。

現在の会社に不満があり転職希望だけど、転職に関する情報に詳しくない、だから決断できず不安感が拭えず迷いのさなか。そうして日々モンモンと過ごしている人こそ、この記事を読み参考にしてください。

キャリアコンサルタントとは?~転職者にとって縁の下の力持ち

端的にいえば、キャリアコンサルタントは求職者の転職に対して支援を行う職業のことです。キャリアアドバイザー、キャリアカウンセラーとの別名があり、エージェントと呼ぶこともあります。人材バンク、人材紹介会社も同義となります。

ハローワークやジョブカフェ内で就職相談に応じる職員を呼ぶケースもありますが、昨今では同業種の民間企業や、その専門職社員を表す場合が多くなっています。この記事では、民間コンサルタントの特徴についてお話したいと思います。

キャリアコンサルタントの仕事内容としては、以下が主流です。

  • 求職者の希望する業界や職種、職業志向性などについてカウンセリング
  • 求職者の経験、適性やスキル、能力に応じた適職や適合する企業の紹介
  • キャリアデザイン設計の相談、アドバイス
  • 企業に対する求人斡旋
  • 求職者の志望企業に対する条件交渉
  • 履歴書など求職者の応募書類書き方指導
  • 求職者の面接、入社などに関するスケジュール調整
  • 入社後の相談、フォローアップ

以上のように、非常に詳細かつ総合的なフォローを行うのが特徴となっています。

業者によっては、求職者一人に専任のコンサルタントがつき、親身な面談に応じるケースもあります。また求職者が希望する業種、職種に精通したコンサルタントが担当につくのが普通です。求職者の前職での業務経験や志望業界、職種などについてカウンセリングを行い、その希望が叶う企業を紹介するのが基本的な業務となっています。

コンサルティングの流れとしては、年収アップに加えてスキルアップが望み、キャリアアップもしたいといった様々な要望についてヒアリングすることからスタートします。それから求職者自身の年齢、経験、ヒューマンスキルを含めたスキルレベルなどに応じた求人先とのマッチングを行います。求職者に代わって、企業側との条件交渉も行います。

求職者と企業お互いの望みが叶う、そうした観点からマッチングを実施するため、キューピッドみたいな役割とも言い換えられます。プロ野球選手と球団との年俸交渉において、選手の代わりに交渉を一手に引き受ける代理人。これとよく似ていると言えますね。

求職者にとって、まさに縁の下の力持ちと呼べる頼りがいある存在なのです。

実例拝見~キャリアコンサルタント活用で転職成功!

民間のキャリアコンサルタント、エージェントがスゴイのは、人事に関する本当のプロあるいは専門家である点です。

公開から非公開まで各種求人情報を取りそろえ、エンジニア志望者にはエンジニアに特化したコンサルタントが、ホテル業界志望ならその業界に精通したコンサルタントが対応します。業界情報や職種独特の勤務形態、年収相場、仕事内容といったことを勉強した人間がアドバイスするので求職者は納得できますし安心です。また、そういった知識を駆使して企業側と
の折衝を行いますから、企業側もごまかせず希望条件が通りやすいのです。

こうした点が、ハローワークとは異なります。ハローワークの場合は、特定業界や業種、職種に精通した職員を配置していないからです。サービス重視の姿勢である民間企業のほうが、幅広いタイプの人材をそろえています

料金に関してですが、求職者側は無料でカウンセリングや職業紹介を受けられます。

コンサルタントの紹介によって求職者が就職したケースで、採用した企業側にのみ料金支払い義務が生じます。それがコンサルタント会社の売上になるのです。このケースでも、求職者側が料金を支払うことはありません。

ここからは、コンサルタントを活用して転職に成功した実例のいくつかをみてみましょう。

1.薬剤師(女性・33歳)
出産を機に前職を退職。子供が保育園に通園するようになって復職。残業がほぼない、土日に休める調剤薬局を紹介してもらいました。ブランクが長かったので不安でしたが、好条件で復帰できました。

2.ITエンジニア(男性・26歳)
残業のない日はないが、残業代がついた日もない。休日出勤も当たり前で、うつ病に近い精神状態。環境最悪で体調も崩しがちでした。就活や面接にあてる時間もなかったのですが、エージェントさんの折衝によって比較的ヒマな土曜午後に面接。無事内定をいただきました。

3.金融(男性・29歳)
前職は不動産営業。投資用のワンルームマンション販売で、ほとんど飛び込みセールス。売上がないと上司に罵倒される、そんな毎日の繰り返し。ひどい職場でした。営業に出かけるフリをして何度かカウンセリングを受けていたら、某金融系の中堅企業からスカウトが。給料はいいし、勤務条件も前職に比べてはるかにラク。30歳手前でキャリアアップといえる転職ができたのは幸運でした。これからの人生に絶対プラスです。

4.デザイナー(男性・39歳)
40歳前で転職しても、トクはしないだろうと思っていました。前職は印刷会社でのDTPオペレーター。長年この仕事ですが、イラストレーターの勉強はひそかにやってたんです。エージェントさんにマッチングをお願いしたら、単行本の装丁デザイナーを探している出版社が紹介されて。トントン拍子に入社まで漕ぎつけました。長時間勤務に慣れっこで、前職の勤続年数も長いから使えそうだと感じてくれたみたいです。

歳取ってるからムリだろうと思い込んでいましたが、動いてみるものですね。お金の面はちょっと上がっただけですが、やりがいはドンとふくらみました。

字数の関係上、さほど数を紹介できないのが残念ですが、みなさんコンサルティングを受けたことによって好条件や夢をつかんでいるようです。

転職するタイミングはどんな時?

 「この会社、ダメだ」
 「転職するべきか、どうだろう?」

フトしたきっかけでも、そんな考え方が芽生えたときこそ、転職するにふさわしい状況であり時期到来なのかもしれません。

新たな世界へ踏み出すのは怖いでしょう。恐れがあって当然です。転職には勇気が必要ですが、しかしコンサルティングを受けて転職成功した先輩の言葉を参考にすれば、動かないよりは積極的に動いたほうがマシと思えます。

 「やっぱり、どうしても転職したい!」

そのように思ったら、一緒に将来の可能性を探ってくれる心強いコンサルタントに依頼するのが上策です。

 「しかし、信用できるコンサルタントばかりとは限らないよね?」

こういった疑念が浮かぶなら、友人のように親身なコンサルティングを行うタイプのコンサルタントを探しましょう。比較的、中規模のコンサルタント会社が親密で親身な仕事をするとされています。

依頼する際にも最低2~3の複数社へ登録しておくのが肝心です。

  • 志望する業界や職種についての情報や知識に疎い
  • 社会人としてのマナーがなっていない
  • 強引に紹介企業へ応募させようとする

こんな側面が見られたら、そのコンサルタントを利用するべきではありません。消去法で、コンサルタントを判断する手が有効なのです。よい転職のためには、よいコンサルタントを。胸に刻んでおきましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細