転職 学歴

低学歴&第二新卒の僕が理想の転職できますか?~人柄重視のキャリアチェンジ成功パターン

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

「出身校は、あまり自慢できる名前ではない。新卒で就職先をみつけたはいいが、3年目で転職希望。こんな自分でも理想の転職が叶えられるのだろうか?」

いわゆる低学歴の部類で第二新卒。就職に最も有利なはずの新卒で入った会社を辞めて再就職するのですから、心は不安でいっぱいに違いありません。上のような悩みに邪魔されて、勇気が出ない人もいることでしょう。

もっとも、昨今の転職事情を考えるなら、その種の悩みは無意味です。“人柄重視

これが理想の転職へ導くキーワードとなるのです。今時、学歴にたいした価値はないのですよ!

転職に学歴は関係ナシ~大多数の企業が“人間力”で考査する!

採用基準のなかに人柄重視との文言が添えられているのは、ブルーカラーや3Kばかりという先入観を抱いていませんか? 月給が低いか、仕事がきつい。そんなイメージを抱いている人も、いまだに多いことでしょう。

ところが、昨今は違います。求人情報を閲覧すると、ホワイトカラーの正社員採用でも人柄重視、学歴不問など、全国各地で該当する応募条件が非常に多くなっています。
試しに、転職サイトでキーワード検索してみましょう。

対象はジョブダイレクト。各社転職サイト、ハローワーク、企業自社ホームページの求人情報を集めた就職のための総合検索サイトです。これに人柄重視、学歴不問のキーワードを入力して検索すると、2015年11月9日14時での該当求人が全国に1052件。1時間前より10件多く新着情報が更新されており、該当企業や広告がとても多いと分かります。

件数自体が非常に多いですが、さらに注目したいのは内容です。東証一部上場企業の不動産ディベロッパーや外食チェーン、Webマーケティング企業など様々な業界におけるホワイトカラーの募集が、数多く掲載されているのです。

学歴不問で人柄重視のホワイトカラー採用といえば、あるとしてもベンチャー、そう考えていた人が多いのではないでしょうか。

業種、職種にしても多種多様です。ファッション業界での販売職、店舗運営マネジメント、広告代理店営業や商社マン、サービス業スーパーバイザーや店長候補、不動産仲介営業、一般事務。IT系技術職でもSEやセールスエンジニア、サーバ管理、ソフトウェア、システム開発におけるサポート業務といった募集が存在しています。中には、役職者専任の運転手といった変わりダネもありました。

人柄重視で学歴不問、ついでに経験不問。実際に職探しのつもりで検索すると、こういった文言で転職者を歓迎する企業が、意外に多数あることに気づかされるのです。

転職する時に留意するポイント

学歴不問、人柄重視採用を行う企業へ転職する道は、閉ざされていません。案外、その門戸は広いことが明白になりました。

次に、社会経験の浅い第二新卒が、そうした転職を希望どおりの成功へ導くにはどうしたらいいのか、その方面へ論点を変えましょう。そもそも、人柄重視とはどんなことでしょうか? これについて考えて、かつ理解する必要があるからです。

人柄重視を採用基準の一つに掲げているケースで、採用可否決定において最重要視される試験は面接です。履歴書に明記できる経歴が少ない第二新卒が相手で学歴やキャリア、経験を問わない以上、企業の立場としては面接で人物を推し量る以外に判断の術がないからです。

そのため当然ながら、そういった企業の面接官は百戦錬磨。人間の観察力において非常に優れていると考えなくてはなりません。求職者側としては、これに応じた対策を練る必要があるのです。

企業の求める人材である「人柄重視」とはなにか?

改めて、人柄重視について考えてみてください。この言葉から、どういったイメージが思い浮かびますか? 以下、箇条書きで示してみましょう。

  • 人当たりがよい
  • やさしい
  • 笑顔が好印象
  • 礼儀正しい
  • 節度がある
  • 明るい声でハキハキ話す

ごく常識的に考えてみた場合、ザッと思いつくだけでも以上のような感じになるはずです。

人柄のよさとは、いわゆるヒューマンスキルでもあります。たとえば、仕事に関連がないことでも興味深い会話ができる、これもヒューマンスキルの一種です。また常識人であるか、ビジネスマナーや良識を備えた人間であるかといった点も、大枠でみればヒューマンスキルに数えられます。

こうした観点のほかに、意外に人柄の一種として面接官が注目しているものがあります。“熱意”です。

どれだけの真剣さを持って面接に臨んでいるのか、この会社に入りたい、この仕事をしたいと願っているのか。百戦錬磨の面接官たちは、プロの感性により求職者の放つ熱の温度を計測しています。

キレイ事のタテマエは見破られます。表現や言葉の巧みさよりも熱意、スキルや頭のよさ以上に真剣さ。むしろ、そちらのほうがより重視されます。ゆえに自分の真剣さや熱意をいかに伝えるかを考えることが、人柄重視、学歴不問を採用基準とするタイプの企業へ入社する近道なのです。

加えて、ビジネスマナーの有無が問われる以上、身だしなみへも注意を払う必要性があります。遅刻、風邪など病気にかかっているといった点も、自己管理できないだらしない人格との評価へつながります。人柄重視の会社に入りたいのに、人柄的にバツと思われたら、元も子もないですよね。

もっとも、色々な企業が人柄重視求人を行っているとしても、自分に最適な企業をピックアップするのは至難の業です。また若手の場合、社会や業種、職種のウラを知らず、思わぬブラック企業へ入ってしまい後悔するケースが頻繁にあります。注意するべき点が、意外に多いのです。

人柄重視採用の企業への転職にはコンサルタントへの相談が欠かせない

若い人材が人柄重視企業への転職を求める場合は、企業情報に通じたキャリアコンサルタントや転職エージェントに相談するのが最良の手段。情報だけでなく自身の適性を知り、面接対策やエントリーシートの書き方までアドバイスをもらうのが希望の転職への最短ルートです。

やりがい、仕事の楽しさ、プライベートの充実、アナタが活躍できる新たなステージの発掘、色々な要望。一緒に考え実現へと近づけてくれるコンサルタントが必ずいます。

オススメできるのは、大手よりも中小規模のコンサルタント会社です。何度でも、親身になって相談に応じる企業が多いのが理由です。勇気を出して、もっとよい職場へキャリアチェンジ。応援してくれる人が、必ずいます!

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。