転職 一年

新卒一年目の転職はYes
or
No?~不安解消のセオリー教えます!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

新卒で入社してまだ一年未満で、すでに転職希望。両親から、どれだけ叱られるだろう、泣かれるかもしれない。理由は、とにかく仕事がツライ。そもそも就職した会社が失敗だった、朝に目覚めても布団から出たくない…。こんな悩み、なかなか他人には言えないですよね。

そうやって人知れず悩んでいるアナタにこそ、この記事を贈ります。世の中には、アナタを受け入れる優良企業も沢山存在しています。そのことを知って、悩み解決を目指しましょう。

入社一年未満で会社を辞める~後ろめたい転職は成功するのか?

結論から先に述べます。

成功の可能性は十分にあります。昨今では新卒入社三年未満の社員でも、既卒ではなく新卒同様の「第二新卒」として扱い採用する企業が増えたからです。かつて、新卒入社まもない若手が転職することへの抵抗があったのは確かです。キャリアに傷がつくと悩み、勇気が出ない方は現在でもいることでしょう。しかし、今やその価値観は時代遅れになりつつあります。なぜでしょうか?

第二新卒であれ新卒一年未満であれ、実務の経験者だからです。キャリアからすれば当然、たいした職歴ではありません。業務での実績も皆無に等しいでしょう。

しかしながら該当者は業種や業界、期間の長短にかかわらず、営業や販売、企画や事務など、それぞれの職種で経験を積んできました。その点について、疑いようはありません。

雇用する企業からすれば、その点が十分にメリットになるのです。条件面や扱い自体は新人ながら、社会人経験を有していますから、社会に対する免疫がすでにあります。同職種への転職なら研修など教育が最小限で完了するので、雇用者にとっては、むしろ歓迎すべき人材とすら呼べます。これが昨今の第二新卒就職活動事情なのです。

少子高齢化時代の到来も、企業に若者確保へと走らせる一方の動機です。若年層を多く取り込んで会社全体の若返りを企図し、延命をはかるのです。後々スキルアップして逞しくなった若者が、たとえば十年後の会社へどれだけの利益を与えてくれるか、そんな将来性の点にも期待を寄せています。

先見の明を持った企業こそ、第二新卒の採用に抵抗がないのですね。現状、IT系ベンチャー企業が若年層積極雇用の代表ですが、大手も第二新卒市場へと続々参入しつつあります。

恐れず積極的な行動を~再挑戦可能な今こそ人生の勝負へ

若いうちは、いくらでも再挑戦できます。人生いくらでもやり直す機会があります。考えてみれば当然のことです。

新卒入社一年未満の転職でも、逆にチャンスが与えられたと考えるのが妥当かもしれません。まだ固定された職種がないのはメリットでもあり、今後の可能性を見据えた幅広い形でのチャレンジも可能なのです。異業種や異なる業界へ飛び込むのも上策で、むしろ考えてもみなかった新たな能力が開花するケースもあるでしょう。

場合によっては、思わぬ高収入を手にすることもありえます。なにしろ若者は、ただ若いだけで可能性のカタマリなのですから。

もっとも、いかに幅広い業種や職種にチャレンジ可といっても、やはり個々の適性があります。そういった部分の見極めを一人で行うのは、さらなる誤りにつながる危険性を持っています。

信頼できる大学時代の先輩に意見を求めるといった方法もありますが、20代前半の若者が持っている人脈には限りがあり、狭いのが普通です。本当の意味で参考となる言葉が、いったいどれだけ聞けるでしょうか?

再挑戦には、転職コンサルタントの協力が不可欠

総合的な観点で考えるなら、転職サイトのキャリアアドバイザーなど、専門家へ依頼するのがベターです。企業情報収集や転職アドバイスのプロなら、求職者個々に適した職場を紹介できることに加えて、将来に向けて最善となるキャリアパス構築法も指導できます。

面接での髪型や服装などの身だしなみ、言葉づかい、イメージ良好な職務経歴書の書き方だって教えてくれます。面接官がどんな質問をしてくるかのセオリーまで、教えてくれるケースもあります。また、一般の求人誌やサイトなどでは目にできない好条件の非公開求人も、アドバイザー経由で知ることができます。

オススメなのは、登録者が多い大手よりも中小規模の転職サイト。中小の場合は登録者が少ないため、一人に対して親身で丁寧なコンサルティングを行うと言われています。やりがいが感じられる企業との、最高のマッチングが実現されるはずです。

これまで見てきたように、若いうちの転職は意外に問題とされず、キャリアに傷がつく時代ではありません。積極雇用する会社もあるのですから、悩んで消極的になるのはモッタイナイ話です。キャリアアドバイザーも、おそらく同じ意見を述べるのではないでしょうか。

ともかくも、笑顔を忘れず朗らかに。面接に伺う際にも、最も大切なことですよ!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細