エンジニア 転職理由

エンジニア転職理由の見本サンプル~ポジティブシンキングが成功の基本!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

キャリアアップの最短ルートが転職というのは理解している。転職できるなら、今すぐにでもしたいと考えている。

このように思っているエンジニアの方は、案外多いのではないでしょうか? しかし、求人先企業の人事担当者がオッ!と目をとめるような転職理由や志望動機が浮かばない場合、なんだか二の足を踏んでしまいますよね。

担当者から注目され、かつ高評価を受けて内定に結びつきやすい転職理由がないものか。常々そんなことを考えているなら、この記事を参考にしてください。

人事にアピールできる言葉とは?~こんなセリフは嫌われる!

転職情報サイトのリクナビNEXTが2009年4月付でアップしたアンケート記事『キャリアがない、実績がない・・・。20代必見!/人事担当者が「採用したい×採用したくない」と感じた瞬間』に、転職理由あるいは志望動機に関して各企業採用担当者が述べた貴重な意見が載っています。

  •  「他社でも通用するような志望動機には興味がない」(製造)
  •  「自分の言葉で書かれていない志望動機はNG」(サービス)
  •  「なぜ当社に入りたいのか、が伝わってこない志望動機ではピンとこない」(サービス)

これら3つの意見をつなげると、

 “より具体的に、自分の言葉で、当社を選択した理由について述べなさい”

そういった意味合いになりますね。

転職においての志望動機とは、本来、自分自身の言葉で伝えるものです。どこかのサイトや転職指南本からコピペしてきたようなバレバレの内容や言い回しは、もちろん避けなくてはなりません。

また、退職理由の記述において最上級に嫌われるのが、前職での年収や仕事内容などについてダラダラと不満を書いているケースです。人事担当者は愚痴など聞きたくありません。加えてそうした物言いは、社会人としてのマナーに欠けます。

エンジニアとしての適性や将来性以前に、社会人としての常識を疑われます。それが最悪の結果を招いてしまうのは言うまでもないことです。

アピール度の強い転職理由例文紹介~ビジョンや興味を明確に伝達しよう!

反対に、どんな書き方をすれば採用担当者の心に訴えることができるのか?

伝えるべき最大の価値は、自分自身のビジョンです。夢、目標、目的と言いかえてもよいでしょう。いかにポジティブな姿勢でもって、希望を胸に抱いて応募し面接に臨むか。担当者にそうした印象を与えることが、自分に興味を持ってもらうきっかけとなります。

同時に、明るいポジティブな言葉で、ビジョンに関してはむしろ本音を伝えるのがベターです。言い方次第では、よくあるマニュアル風の言葉よりも案外響くものです。たとえば、こんなセリフ。

「究極の目標は同じ分野での独立ですが、まだ私はこれといったスキルもキャリアも、アイディアも持っていません。しかしながらこの業界において当分野をリードする御社に入社すれば、業務を通じてハイレベルな技術を身につけることが確実です。幾度もプロジェクトに参加することによって、私自身の企画力も磨かれると確信しています。プログラミングの奥深さや本当の楽しさも、学ばせていただければ有難いです。ひるがえってその経緯が、御社の事業に役立つのだと考えています。」

御社で学ぶことが、むしろ会社への貢献に直結する。基本的には自分の夢を語っている格好ですが、同時にこの会社を選択した理由が述べられており好感度アップにもつながります。

上のセリフには、戦力として自分を売り込む姿勢も盛り込まれています。20代中盤でまだ実績自体は乏しくても、有望な人材と認識させ、ポテンシャルの面で期待させる言い回しとなっています。

つづいて紹介する以下のセリフには、どういった特徴が盛り込まれているでしょうか。

「私は高校生時代から、趣味以上のライフワークとしてプログラミングを学んできました。実務経験は少なく未熟ですが、Cやjavaを筆頭とする言語自体への習熟度に関してはプロにも負けない自信があります。また、個人で勉強を重ねるうちに出会った御社のソフトに興味を持ち、以来御社製品のファンとなっています。これだけ魅力的なソフトをつくり、つくる技術力を持つ会社があるなら、ぜひそこで働きたいとかねがね思っていたのです。このたび御社が中途採用を開始したと知りましたので、ご応募させていただきました。」

担当者あるいは企業にとって嬉しい、そして人材として魅力的な言葉が並んでいます。

彼はこの会社のユーザーであり、長年のファン。実務経験は少ないながらも、プログラミングに関しては大ベテランです。言語を知っており使いこなせる上に、自社の製品まで愛用しています。プログラミングの知識に加えて会社の得意分野や特性を知っているなら、仮に業務未経験だとしても準戦力と考えることができます。

最高のユーザーが最高のエンジニアを兼ねるかもしれない、そんな期待を採用担当者に抱かせる表現です。また、プログラミング習熟度がさほどでないとしても、会社製品の愛用者でよく知っているだけでも、与えるイメージは良好なものとなります。

好印象強化のために~キーとなるフレーズに基づいた転職理由を

次に、担当者へ好印象を植えつける可能性が高いフレーズの例を紹介します。

  • 業務を通じたキャリアアップが、御社でならできる
  • この方面で定評のある御社でスキルアップして、いずれ魅力あるプロジェクトを立ち上げる
  • 得意な言語が募集要項にあり、経験を活かせるフィールドと感じた
  • 30歳までにはチームリーダーとして活躍するのが目標
  • 御社の開発理念に共感し、自分も加わりたい
  • プログラミングによるシステム構築が楽しい
  • もっと生活に密着した人の役に立つシステムをつくりたい
  • ゲームをするのも、つくるのも好き。ゲーム業界はすたれない
  • 幅広い分野での開発実績を知り、一緒に仕事すれば自分も様々に経験できて磨かれる
  • 責任のある仕事がしたい
  • 緊張感のある仕事がしたい
  • IT業界におけるマネジメントを学びたい
  • 設計構築すべてにおいて、御社で学ぶつもり
  • ソーシャルメディアをつくったら、自分で運用監視まで。経験は宝。

ランダムに並べたのみですが、それぞれの味わいが分かるでしょうか?学びの姿勢と向上心、やりがい、夢の実現といった心の中身が浮き彫りとなる、すべてその種のフレーズなのです。

 「わが社をこんなにも買ってくれている」

企業側が、そんなふうに意気に感じるフレーズも含まれています。

こういった種類のフレーズをキーワードあるいは主題とし、それから「より具体的に」「自分の言葉で」「当社を選択した理由」について転職理由を語るのが、印象アップのコツなのです。

エンジニアの世界は慢性的に人手不足で、とくに若手の有望株確保がどの職種も共通の懸案事項です。少しでもプログラミング知識があり、業務経験があるなら、喉から手が出るほど即採用したいのが大半の会社の本音です。

また、アナタが20代中盤だとすれば、まだまだキャリアチェンジによるスキル&キャリアアップが許される年代です。社内でニートになっているのはモッタイナイ話です。少々でも転職の意思があるなら、むしろ積極的に行動するべきと言えるのです。

迷うならエージェントも有効活用~ダマサレない賢い転職の方法とは?

最後に、どうにも成功の自信がなく転職へのふんぎりがつかないなら、どうするべきかをお話します。

最も有効で成功率が高いのは、転職エージェントの活用です。

上の例文にもあったように、会社がどの分野を得意とし、どんな製品をつくっているかの情報について知るだけでも、転職理由の深みが変化します。自分自身で企業の詳細情報や特徴を調べ上げるのは不可能に近い技ですから、エンジニアに特化したエージェントの情報収集力が頼りになります。

有利な条件の非公開求人も、エージェントへの依頼ありきで示されるものです。迷いがあるなら、まず該当サイトへの登録をオススメします。エージェントの利用は登録からカウンセリング、アドバイス、面接へ向けた戦略構築など、求職者側はすべて無料がデフォルトです。

まとめにかえて、エージェント利用における自己防衛戦略について述べておきます。

“複数社への同時登録”

この使い方がオススメです。

腹立たしいですが、なかには求人先企業との契約を重視するあまり、求職者の利益や希望を後回しにするエージェントもいます。親身に相談に乗りアドバイスをくれるエージェントが大半ですが、そんな被害を回避するには、エージェントと転職者との情報格差を減らすことが不可欠なのです。

ダマサレない、安心なエージェント利用のためのワンポイントアドバイス。締めの言葉として、お贈りしておきましょう。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。