pixta_19548247_m

薬剤師に聞いた職種別、職場別のやりがい

薬剤師の皆さん、仕事にやりがいを感じていますか?日々同じ「作業」の繰り返しで、何のために仕事をしているかわからない、毎日が充実していない…という方も多いのではないでしょうか。

確かに、薬剤師は一定のパターンで仕事を行うことが多く、胸を膨らませて薬剤師としての仕事を始めた「あの頃」の気持ちを忘れてしまいがちです。

このページでは、薬剤師と「やりがい」について深く迫っていきます。今の職場でやりがいを感じられない、やりがいを取り戻したい方はぜひお読みください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.薬剤師がやりがいを感じる職場、感じない職場

薬剤師が活躍できる職場は、薬局や病院をはじめ数多く存在します。当然それぞれ特色が異なり、やりがいにも大きな違いが生じるものです。ここでは、職場別で薬剤師がどんなポイントにやりがいを感じているか詳しくみていきます。

特に注目していただきたいのが「あなたが働いている職場」です。日々の仕事に追われて、見落としがちなやりがいを再発見できるかもしれません。
また、「その職場に向いている性格」もあわせて紹介していますので参考にしてください。

1.調剤薬局のやりがいと向いている人

やりがい

・調剤の仕事がメインで集中できる

・自分のスキルが日々磨けている

患者さんの病気が治り、お礼を言われたとき

・患者さんに質問され、完璧に答えられたとき

向いている人

・おとなしく、世話好きで優しいタイプ

2.急性期病院のやりがいと向いている人

やりがい

・提供情報が治療方針に反映され、効果的だったとき

・医師や看護師とのチーム医療体制の一員になり、心地よい緊張感と充実感を同時に感じているとき

患者さんが快方に向かう姿を目の当たりでできる

・有名医師とともに仕事ができ、最先端の治療を学ぶことができる

新薬の情報を手に入れやすいことから、知識を深めることができる

・最前線の医療現場だけに、薬局での仕事にくらべ膨大な知識吸収が必要

・日々勉強が必要で、つねに身が引き締まる職場

向いている人

・几帳面で常識的な行動を取れる、人の世話が好きなタイプ

3.療養型病院のやりがいと向いている人

やりがい

・患者から直接、感謝の言葉をもらったとき

・患者の変化、症状改善を日々感じることができる

総合病院と比較して、医師に対して投薬提案がしやすい

向いている人

・自分の知識をフル活用したいアクティブなタイプ

4.ドラッグストアのやりがいと向いている人

やりがい

・給料が高いので、月々の給料日やボーナスが支給されたとき

・OTC販売を行った常連のお客様が、元気になったとき

・処方した医薬品について説明を求められ、的確に答えられたとき

・店舗スタッフに質問されて、薬学知識を披露できたとき

多くの病院・先生の調剤を経験することができる

・飲み合せ・副作用に関する知識が増える

薬だけでなく経営に関する知識を身につけることができる

向いている人

・コミュニケーション能力が高く、先を読む力があるタイプ

5.製薬会社のやりがいと向いている人

やりがい

・医師に顔を覚えられ、信頼されたと感じたとき」(MRの場合)

自分の会社が開発した薬で、社会貢献できている

・新薬の認可が下りて、医薬品が商品として発売されたとき

単なる一般社員ではなく、薬学教育を受けたプロとしてのプライドが満たせたとき

・多忙だが、年収が高いので生活が充実

向いている人

・組織のなかでコミュニケーションをとるのが好きなタイプ

6.在宅医療のやりがいと向いている人

やりがい

・治療の現場に直接出向くことで、人の役に立っていると実感できる

・キャリアの幅が広がる

医師に患者の状態に合わせた投薬提案ができる

・社会に対して、患者に対して貢献度が高い仕事ができる

高齢の患者やその家族から「ありがとう」と言ってもらえたとき

向いている人

・気配り上手で、思ったことをきちんと口にできるタイプ

7.公務員薬剤師のやりがいと向いている人

やりがい

・無駄のない合理的な考え方・仕事ができるようになる

・情報に多く触れることで経験値を高めることができる

・情報に多く触れることで経験値を高めることができる

向いている人

・几帳面でありながらも決断力のあるタイプ

「職場別のやりがい」まとめ

「やりがい」の内容は職場によって多種多様ですね。しかし、一点だけ共通しているポイントがあります。それは「世の中の役に立っている」「感謝してもらえる」といった、自分の存在と業務が治療に役立っているという事実に対するやりがいです。あなたはいかがですか?

薬剤師を志した頃のピュアな心情。だれもが一度は感じたに違いない、金銭を超越した真のやりがい。薬剤師のやりがいは、ここに答えがあるのかもしれません。

2.薬剤師のやりがいにまつわる転職の例

続いては、「やりがい」にまつわる転職の実体験を紹介していきます。今の職場でやりがいを感じられないという薬剤師は参考にしてください。

やりがいを失い、MRへの応募も全滅したけれど…

長年薬剤師として働いてきたものの、やりがいを失いつつあったというAさん(30代男性)。そのタイミングで結婚が決まり、収入をアップさせる必要があったのでMRへの転職にチャレンジ。しかし結果は全滅ですっかり意気消沈してしまいました。

そこで、転職サイトのエージェントに相談をしました。エージェントからのアドバイスは、本当にやりたいことを探すため、自分自身と向き合うことでした。その結果、やはり薬剤師を続けたいという結論に至り、希望年収を満たす職場への転職を果たしました。

やりがいを求め企業の研究職へ

調剤薬局の薬剤師として長年勤務したBさんは、結婚をきっかけに家庭に入り、スーパーのパート勤務に転身。気がつけば10年以上が経過し、50代に突入していました。当然、薬剤師としてのブランクもかなりのものになっていました。

そんなBさんが薬剤師への復帰を思い立ったのは、パート先での人間関係が悪化したため。それを気に、薬剤師の資格を生かし家計の足しにしたい、スーパーの仕事ではなく、もっとやりがいのある仕事をしたいと考え、エージェントに相談しました。

年齢的なこと、ブランクがあること、コミュニケーションが苦手なタイプであることから、目の前の仕事にじっくり向き合える「企業の研究職」を紹介されました。その結果、その企業に契約社員として入社しました。人に気を使わずに済むこともあり、やりがいを感じつつ仕事に打ち込んでいます。

pixta_23001564_m

【まとめ】やりがいを取り戻すには転職が一番?

いかがでしたか。これらの体験談は、現職のやりがいに疑問をいだいた薬剤師が、やりがいを取り戻すストーリーと言い換えることもできます。

そうなると、やりがいを得るためにもっとも手っ取り早い方法は転職と言えるのかもしれません。今の職場で絶望しているなら、新天地で、新鮮な気持ちでキャリアを再スタートさせた方が確実ですし、効率的です。本当にやりがいを求めるなら、転職を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

⇒希望職種別の薬剤師転職サイトランキングはこちらから

3.「やりがいがない」と悩む薬剤師は伸びしろがある?

やりがいがないという悩みを持っている薬剤師に共通していること。それは「仕事ができて、収入も低くはない」という点です。それなのに、何か満たされない…。ある意味これは「ぜいたくな悩み」であるとも言えますが、志が高いことの現れであるともいえます。

だからこそ、やりがいがないと悩んでいる薬剤師はこれからグンとスキルアップ・キャリアアップする可能性を秘めています。当然年収もアップするでしょう。

薬剤師としてのやりがいに悩み、「このままで良いのか」と感じている薬剤師は、転職という道を選んでみてはいかがでしょうか。しかし、ただ闇雲に転職しては意味がありません。自分がやりたいこと、今後どのようなキャリアを積み、どんな薬剤師になりたいのか、それを明確にしておく必要があります。

今後のビションが見えていないのなら

やりがいのなさは感じているものの、具体的に自分がどうなりたいのか、ビジョンが見えていない…。そんな薬剤師には薬剤師専門の転職エージェントが強い味方になってくれるでしょう。

エージェントは、薬剤師転職のプロフェッショナルです。あなたの悩みに真剣に耳を傾け、最適な職場を探してくれるでしょう。

仕事のやりがいのみならず、収入面、人間関係などでつまずきを感じたら、何でもエージェントに相談してみてください。たとえ転職につながらなくとも、自分自身の仕事を改めて見直すチャンスが得られます!

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら