薬剤師 年収 1000万

一般薬剤師が年収1000万稼ぐことは可能?実現させる3つの方法

1000万円という年収は、医師や弁護士、超一流企業の社員などしか到達できない「夢」のように思えますよね。薬剤師では、どれだけキャリアアップしても、どれだけ努力してもそこまでは到達するのは難しい…と考えている方が多いのでは?しかし、あきらめてしまうのはまだ早いです。「当たり前の働き方」「ほかの薬剤師と同じ働き方」から脱却して、このページで紹介している働き方を実現できれば、1000万円は夢ではありません。ぜひ最後まで目を通し、高収入薬剤師へのきっかけにしてください。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.1000万は可能?まずは薬剤師の年収の現実を知っておこう

厚生労働省の発表によると、平成26年度の薬剤師平均給与は38万円。推定年収はボーナスを含めて530万円程度とされています。1000万円という金額のハードルの高さが実感できるかと思います。

また、少し視点を変えて、薬剤師の国家資格を得るためにかかったコストについても考えてみましょう。大学卒業までにかかるコストは、学費だけでみると国公立なら約350万円ですが、私立では1200万円超となるケースもあります。

卒業して薬剤師となっても苦労がつきまといます。上記の平均年収から想像すると、国公立ならまだしも、私立であれば6年間にかかったコストの償却には気の遠くなるような時間がかかります。返済義務のある奨学金の支給を受けていたら、それだけ生活を圧迫するはず。

「もっと年収をアップできたら…」と思うのも無理はありません。さらに「年収1000万円の大台を狙えたら…!」という気持ちになる薬剤師もいるでしょう。それは決して夢見事ではありません。

現状を打破し、より高いステージへ上っていけば、到達できる夢なのです。そのためにどういった手段があるのか、次項から解説します。

2.年収1000万を狙う薬剤師の「具体的」な方法

1.地方の役職薬剤師求人に転職

薬剤師レジデントの専門性について説明している

平成18年度以降に薬剤師国家資格の取得条件が6年制大学卒業へと変更されてから、地方における薬剤師不足が従来以上に深刻となっています。この状況が「地方における薬剤師賃金相場の上昇」という、薬剤師にとってはありがたい状況を招いています。

六大都市を除く地方都市では慢性的な薬剤師不足となり、高額求人を提示することでなんとか薬剤師を確保しています。特に中小調剤薬局にその傾向が強いです。

具体的には、役職でない一般薬剤師でも時給3000円以上や年収600~700万円といった好条件が珍しくありません。一般でこの待遇ですから、薬局長や管理薬剤師ともなれば住宅手当など諸手当込みで年収1000万円以上に到達するケースも現実的に存在するのです。

もしあなたが地方への転居OK、もしくは六大都市居住でも隣県への通勤が可能ならば、大幅な収入アップが実現できます。調剤薬局やドラッグストアなら管理職の求人が豊富ですから、これを選択肢とするのも有効な手段です。

管理職には相応のマネジメントスキルが必要ですが、5年以上の勤務、実務経験を持っているなら狙い目といえます。将来的に今の職場で管理職、と考えていた方なら、まかされる仕事内容や忙しさが変わらないまま大幅な年収アップができるということです。

2.治験や臨床開発の仕事に挑戦

people do medical experiment in lab

CRO(受託臨床試験実施機関)あるいはSMO(治験施設支援機関)業界も、高年収が期待できる職場です。今まで調剤メインで仕事をしてきた方にとっては馴染みがないかもしれませんが、社会貢献的な意味合いでもやりがいがあり、なおかつ高年収を期待できる仕事です。

仕事内容は、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)として、医療機関の臨床開発や、製薬会社が実施する新薬開発のサポートを行います。

具体的な薬剤師の年収例を挙げると、400万円程度の企業もありますが、大手企業なら900万円ほどを提示しているケースもあります。現在、それらの大手企業からの急募案件が多数見受けられ、決して「狭き門」ではありません。

薬剤師としてキャリアがあるなら責任あるポジションをまかされ、諸手当込みで1000万円を突破することも十分可能です。

薬剤師のワークスタイルとしてまだ認知が進んでいないこともあり、人手不足に悩んでいる職種です。だからこそ好条件の求人が多く、まさに「穴場」と呼ぶにふさわしいでしょう。高年収を狙うだけでなく、薬剤師としてキャリアや知見を広げたい、いろんなことにチャレンジしたい、という方にピッタリの仕事です。

3.薬剤師が年収1000万円を実現するには「ある」味方が必要

転職で高年収を得るために必要なこと

転職によって高年収を実現するのに不可欠な要素は、以下の3点です。

  1. 形成してきたキャリアやスキル
  2. 今後も知識やスキルを磨いていく「向上心」
  3. 好条件の求人情報をキャッチする力

1と2は、自分自身の問題です。確かなスキルとキャリアを持ち、今後もそれを磨いていこう、という気持ちがポイントになります。同様に大事なのが3の「求人情報をキャッチする力」です。

あなたが、どれだけキャリアがあり、向上心を持っていたとしても、求人情報を見つけることができなければ転職に成功することはできません。忙しさの合間を縫って、ネット上の転職サイトを地道に探しても、探せる範囲は限界があるのです。

結論から言ってしまいますと、好条件の求人を見つけるために、もっとも効率的で確かな方法は「薬剤師専門転職サイトのエージェント」を活用することです。

医療業界、さらにいえば薬剤師業界について最新のトレンドを把握し、転職事情について知り尽くしているエージェントが味方についてくれるというのは、とても心強いことです。

※大手転職サイト「薬キャリ」で1000万円以上が見込める求人を探したところわずかながらに見つけることができました。
%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%ef%bc%92

1000%e4%b8%87%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

あなたの要望を伝えればそれに合った求人情報を紹介してくれるでしょう。もちろん「年収1000万円の求人を紹介してください」という要望も、遠慮なく伝えてください。自分で探しているだけでは決して見つからない非公開求人も紹介してくれるでしょう。中でも高収入ハイキャリ求人を狙う方は薬キャリに登録することがおすすめです。

薬剤師は年収1000万円を十分狙えます。そのためには行動を起こすこと、そして、エージェントを味方につけることが最短距離といえるでしょう。

転職でのポイントは、自分が主導権を握っていることを意識することです。一部の人気な企業、病院を除いて、薬剤師の働き口は、溢れています。

ただ高慢な態度で転職活動に臨め、というわけではありません。転職サイトに複数登録し、それぞれの転職エージェントから様々な求人の紹介を受けましょう。紹介された求人を自分の目で比較し、希望により近い求人を選択しましょう。

独力で転職活動をしていたのではお目にかかることのできなかった好条件求人に出会うことができます。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら