s_Dollarphotoclub_93439377

安月給、人員不足、夜勤多い…介護福祉士を辞めたい理由5選

  • 職場の空気が悪い・・・
  • ボーナスが出ない、給与が低い・上がらない・・・
  • 有資格者なのにホームヘルパーと職務内容が変わらない・・・
  • 忙しすぎてお昼が取れない・・・
  • 書類はサービス残業でやるしかない・・・
  • 夜勤を断りたいけど断りにくい・・・

なかなか待遇が上がっていかない介護職。超高齢化社会において介護職で働く人の必要性は高まる一方ですが、いかんせん介護職は仕事がハード。介護は命を預かる仕事であるにもかかわらず、給与や勤務時間などの労働環境・待遇面は上がっていきませんね。。

離職率の高い介護職ですが、国家資格である介護福祉士も例外ではありません。介護福祉士の辞めたい理由(現在の職場を離れたい、転職したい、介護職を辞めたいなども含め)を調査してみました。

介護福祉士の辞めたい理由第5位「人間関係」

s_Dollarphotoclub_63876949

介護職は10名未満で切り盛りするような小規模な事業所が多いため、人間関係がうまくいかないとかなり消耗します。背景には、女性の職場であるケースも多いこと、ストレスのたまりやすいハードな業務内容であることなどが挙げられそうです。

年上の後輩が扱いづらい、管理職の上司が介護の資格を持っていないため状況が伝わらない、いじめに合う、家庭の事情による急な休みが取りづらいなど・・・

介護の現場はどこも人手不足。基本的に採用の現場では職場をよく見せようと必死です。中立的な立場で職場の比較をしてくれる転職支援サービスなどを利用しないと、職場の人間関係を就職前に確認することは非常に難しくなります。

介護福祉士の辞めたい理由第4位「業務内容が思いのほかハード」

介護の職場は、きつい・くさい・きたないのいわゆる「3K」。夜勤の仕事もあれば、急な対応でサービス残業が発生することや、ご家族からクレームが入ってしまうなどのトラブルも。

s_Dollarphotoclub_82167255

せっかく勉強して資格取得した介護福祉士だから簡単には辞めたくない、でも仕事がハードでこのままでは体を壊してしまいそう、家族にもストレスをぶつけてしまう・・・特に夏場は体力もかなり奪われますし、経営体質がブラックな職場も介護の現場ではまだまだ多いようです。

業務内容については、職場によっては大きく変わらないかもしれません。でもストレスになる要素がひとつでも少ないところで働きたいものですね。

介護福祉士の辞めたい理由第3位「サービス残業」

介護福祉士に限らず、介護職の特に現場の方は、自分のペースで仕事ができるわけではありません。突然仕事が増えてしまうことも多く、どうしても定時に仕事を追えてまっすぐ帰宅・・・というわけにはいかない日も多くなります。

介護施設にはあまり大規模なものはまだ多くなく、中小規模の新しい介護施設は労務体制が整っていないところも。経営の体質がブラックで、残業が発生しても残業代が支払われないなどは珍しくありません。

介護福祉士の辞めたい理由第2位「給料が安い」

s_Dollarphotoclub_84906787
介護の仕事が多少ハードなことは覚悟していた、介護経験はそれなりにあったので業務内容じたいには慣れている・・・それでも、やはり給料が安いことに不満を持つ介護福祉士の方はかなり多いのが現状です。

そもそもの月給が安いことのほかにも、

  • 「賞与(ボーナス)が少ない、出ない」
  • 「何年働いても月給(時給)がほとんど上がらない」
  • 「管理職になって仕事が増えたのに給料が変わらない」
  • 「介護福祉士の資格がない人と給料が変わらない」

そもそも介護福祉士のお給料の相場ですが、老健などの介護施設では正社員でも、月給は20万円前後。つまり手取りで16万円〜17万円程度となります。年収は300万円いかない方から、多くて400万円を少し超えるぐらいでしょうか。一般的なサラリーマンと比べてやはり高いとは言えませんね。

職務内容の厳しさに加え、夜勤や土日出勤など生活のリズムを取りにくいことも介護職の難しさ。せめて給与待遇が上がってきてくれればというところなのですが・・・

介護福祉士の辞めたい理由第1位「人員不足で忙しすぎる」

  • 「今日もお昼を食べる時間がなかった」
  • 「入浴介助で自分ひとりで3〜4名一度にお世話しないといけない」
  • 「夜勤や休日出勤のローテーションがヘビーすぎる」
  • 「2人や3人ではコールの対応が集中した時に仕事が回らない(老健)」
  • 「送迎を1日に何度もしてそこで時間が取られてしまう(デイサービス)」

s_Dollarphotoclub_72648493

国全体で見ても、この超高齢化社会において介護従事者の数はまだまだ不足しています。抱えている要介護者の数と職員の数を見ても、きちんとバランスが取れている施設はあまり多くはなさそうです。

辞めたいけど、辞めにくい理由は・・・?

(1)介護福祉士は、認定資格のホームヘルパーなどとは違い、れっきとした国家資格です。介護福祉士養成施設や専門学校を卒業する必要があったり、知識やスキル、経験はホームヘルパー以上のものが問われます。

「せっかく取った資格だしやりがいのある仕事なので、せめて待遇や環境がもう少しいい職場で働きたい」という介護福祉士の方は多いのではないでしょうか。

(2)どこの職場もそう大きくは変わらないのではないかという思いもあるかもしれません。月給が数千円違ったところで、業務内容が変わるわけではないしと諦めがちなのも、介護職の方の特徴です。

そこでお勧めしたいのは、介護職専門の転職支援サービスへの登録です。

これは、キャリアアドバイザーという仕事の方が、自分にあった職場探しを手伝ってくれるサービス。求人情報を一覧で確認することもできますし、転職相談を受けてもらうことも可能です。

また、会社から報酬を受け取っているサービスのため、転職支援サービスはすべて無料で受けることが可能です。

  • 「職場の人間関係や経営者・管理職の人柄などを事前に確認したい」
  • 「自分の給料がそもそも相場通りなのか知りたい」
  • 「せめて土日きちんと休める職場で働きたい」
  • 「少人数で忙しすぎる働き方をするよりも、人員数が足りている老健で働きたい」
  • 「施設の経営の体質を詳しく教えてもらいたい」
  • 「自分は老健がいいのかデイサービスの方が働きやすいのか、施設形態ごとの働き方の違いについて相談したい」

こういった相談が可能なため、「入ってみたらやっぱり違った・・・」という転職の失敗も防げます。少しでも退職や転職を考えたり悩んだりしている方は、ぜひ一度相談してみることをお勧めします。

HOP!おすすめの介護職専門転職サイト「クリックジョブ介護」

HOP!でお勧めしているのはこちらの「クリックジョブ介護」。30,000件を超える求人情報が集まっているため、マッチングの精度がかなり高くなっています。また、納得のいく職場が見つかるまで妥協せずキャリアアドバイザーが動いてくれるのも特徴です。

「転職をまだ決めたわけではない」という人も、お仕事に悩みを抱えている方は軽く相談をしてみるつもりで登録してみるのが良いでしょう。
クリックジョブ介護のHPはこちら
320x50_6

あなたにオススメの関連記事

    記事はありませんでした