薬剤師 幸福

失敗したくないアナタに贈る~薬剤師の“カンタン幸福”転職法

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

じつのところ、薬剤師は非常にストレスの多い仕事です。狭い調剤薬局の室内に長時間同じメンバーでこもるせいか、人間関係に悩む人が絶えない職業と言われています。そもそも、仕事自体が見た目以上にハードです。

「もっと条件がいい、のびのび働けるところへ転職したい」

そんな悩みと希望をモンモンとしながら抱えている薬剤師の方も多いのでは?

好条件で働ける職場を、いかに発掘するべきなのか。今回はその方法を解説します。

これから転職しようとしていて、失敗したくない、後悔したくない薬剤師の方は必見!

入社後すぐ辞める人多発~うつも多発の薬剤師勤務はブラック?

医師や看護師と同じく薬剤師の現場も慢性的に人手不足。しかし転職を繰り返す人が多い職業でもあります。薬局、病院での勤務あるいは調剤併設のドラッグストアでも事情は同じで、つねに求人が出され薬剤師が安定して居つかない特徴があります。

ブラックな勤務先が多いのでしょうか。もちろんそういったケースもありますが、やはり薬剤師の職業柄やその仕事内容に由来するストレスが大きな理由のようです。ほんの少しネットで検索するだけでも、日本中の薬剤師さんのやるせない悲鳴がゴッソリ拾えます。

  1. 「患者さんから苦情が頻繁。罵声も」
  2. 「大手調剤薬局チェーンで転勤が多い。残業も多いが年俸だからとの理由で残業代は出ない」
  3. 「14会社20店舗勤めた。どの職場も1年続いていない」
  4. 「先月は薬歴や在庫などで1ヶ月トータル15時間くらいの残業で2時間しか付けてもらえなかった」
  5. 「ついに辞める大手チェーン。仕事多くって辛かったなあー。体壊したよ。」

拾い上げればキリがないほど、現場の声が沢山。大手企業勤務でも人手が足りず激務で、それでいて報酬が少ない上に職場の雰囲気がわるい。そういったケースが多いせいか薬剤師には、上のコメントのごとく体調を崩すだけでなく、うつにかかってしまう人も少なくないようです。

基本的に薬剤師1人体制であるドラッグストアでは、調剤だけでなくレジ打ちまでこなすケースがあり、プレッシャーと肉体の酷使で心身ともに疲れ果ててしまうことも。

少しでも現在より勤務条件や職場環境のよい会社、薬局などがあったらすぐにでも移りたい。そんな気持ちで日夜求人情報に向かい合っている薬剤師は多いはず。その気持ちも、理解できるというものです。

薬剤師の幸福は情報次第~転職失敗を避ける方法とは?

上記の実情から分かるのは、薬剤師が幸福で失敗せず、後悔なき転職を果たすには情報収集が命ということ。情報不足が命取りになり、自分だけで悩むのは不毛。求人先情報を正しく入手し、納得のいくまで相談でき質問できる。そういった第三者のサポートを受けるのが最適と考えられます。

この場合に思いつくのはキャリアコンサルタントや人材紹介会社。雇用者側の詳細情報を保有していますし、求職者の要望に沿った求人票を提示してくれるのでミスマッチを防ぐ手段となります。最近では薬剤師専門のコンサルタントを兼ねた求人サイトも活用され、高い就業実績をあげています。

業界に精通するサイトとして現在口コミ評価が高いのがヤクステ。

ヤクステはマッチング力と非公開求人の豊富さが売り。ヤクステを通して転職した薬剤師の1年以内退職率が、わずか1%というから驚きです。求職者個人に専任のスタッフがつき、年収や休みなど希望条件にマッチする求人案件を提示。転職成功までサポートを続行するだけでなく、採用が決まった後のトラブルにも早急対応してくれるなどサービス精神旺盛。

条件登録は30秒程度で完了し、即日対応。使い方は難しくありません。登録からコンサルティング、転職成功に至るまで、求職者はずっと料金不要のシステムです。現在の職場に不満があるなら、まず相談から入ってみるのもひとつの手です。

その他のコンサルタント会社や紹介会社ですが、こちらに関してはYAHOO!知恵袋に興味深い記述があります。『薬剤師転職支援会社の徹底活用ガイド 』というタイトルで、アップが2015年2月。新しい情報ですから、参考にしやすいと思われます。

“転職支援会社を使用する上で一番大事なのは、『相性の良いコーディネーター』を探すことです。”と読者に語りながら、良いコンサルタントを探すためのポイントを述べています。それらポイントの項目を、下に箇条書で並べてみました。こうした意見も、参考にしてみてください。

  1. 「人の話をしっかり聴いてくれ、希望にそった行動をとってくれる」
  2. 「求人を一気に10社以上紹介してくるのはNG」
  3. 「業界に精通している」
  4. 「客観的な判断をしてくれる」

コンサルタント会社の方針、もしくはエージェント個人の考え方によっては、求職者よりも紹介先企業を重視するケースがあります。紹介実績がほしいばかりで、求職者の立場や気持ちを考えない。そんな場合もあるのです。

逆に、親身なコンサルタントもいます。店舗見学に同行し、薬局長との軽い面談などセッティングしてくれるケースも。見学者の客観的な視点でもって新たな職場候補の雰囲気などを確認するのは大事なことです。見学同行に賛同してくれるかどうかを、良いコンサルに出会うひとつの目安とするのもアリですね。

苦心してせっかく身につけた薬剤師の資格。後悔せず、幸せになるために行使しなければ大損です。前を向いて、しつこく最上の職場を探すべき。この記事が、良い転職の参考になってくれたら幸いです!

HOP!おすすめの薬剤師転職サイト

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら