エンジニア php

phpエンジニア必見!好条件の転職を実現するための戦略とは

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
レバテックキャリア
(エンジニア)

★★★★★

詳細

2位
Geekly
(ギークリー)

★★★★

詳細

3位
ワークポート

★★★★

詳細

「今の会社よりもよい労働条件で、年収の高い職場はないか?」

毎日ヒマさえあれば、求人情報を探している。そんなエンジニアの方は多いのではないでしょうか。あるいは仕事が多忙すぎて転職活動のために費やす時間もない、激務のためエネルギーもない。そのため、ついズルズルと現在の会社に居座っている。そういうケースもあるでしょう。

今回は、転職志望だけどなかなか踏み出せないエンジニアに贈る転職戦略虎の巻。phpスキルを持つエンジニアに特化した形でお伝えします。

phpエンジニアは未経験OK?~需要の高い言語だからこそ

Web系、オープン系にかかわらず使用頻度の高い開発言語であるphp。Webシステム開発やWebアプリケーション開発、ソフトウェア開発、Webサービス開発、ブラウザゲーム開発など多様な場面で重宝されるphpですからIT業界におけるphpプログラマの需要は高く、各転職サイトでも求人件数が非常に多い言語スキルとなっています。

HR(ヒューマンリレーションズ)業界に特化したキュレーションメディアのHRog(フロッグ)が2014年10月にアップした記事には、各プログラミング言語ごとの求人件数が記載されています。調査の結果によるとphpは1939件で第2位。1位のjavaは3548件と圧倒的な多さでしたが、phpの求人需要も非常に高いことが具体的に証明。募集の多さが、企業から歓迎されるスキルであることを立証しています。

また意外に多数見受けられるのが、PG職経験ゼロでもOKとする求人内容。学歴不問のケースが大半でもあり、それだけ人材が足りず売り手市場になっているわけです。開発経験者で実際の業務経験があるなら採用の可能性が100%近いのみならず、いきなりチーム開発をまかされプロジェクトリーダーとして迎えられるケースも少なくないのです。

資格取得者は優位?~ライバルphpエンジニアに差をつける!

Web業界をはじめとするIT業界で引く手数多のphp開発者。相応の技術や経験があれば転職即採用となる可能性は高いですが、それだけにライバルも多いと考えるのが妥当。他の応募者に差をつけ、よりよい待遇を手中にするにはどうしたらいいのか?

答えのひとつとして、資格取得をおすすめします。

phpの場合、特定非営利活動任意団体「php技術者認定機構」主催のphp技術者認定試験が、2011年から開始されています。

設立の主な理由が、ソーシャルアプリ市場の拡大とクラウド導入。エンジニア不足により企業の受注案件への対応が困難になり、開発環境が悪化。より以上の激務に追い込まれる悪循環に陥っているのは確かですが、需要拡大にともないさらなる知識や技術力を持つエンジニアの求人需要も増えているからです。また、未経験者でも資格取得者なら現場投入の時期を早めることができ、準即戦力として扱うことが可能になるのです。

むろん、開発業務にたずさわった経験者で資格取得者なら、即リーダー&高収入の目的も叶いやすくなります。開発経験にプラスしてプロであることを示す資格があるなら、自社開発案件におけるリーダーになれるだけでなく、プロジェクト先からも歓迎されるのは間違いないでしょう。

その他の選択肢として有効なのが、ITコンサルタントへの転職。Webサイトや業務システムの企画、システム開発に構築、運用。いかなる開発案件へも対応可のphpプロフェッショナルであることが、転職先選びの幅を広げてくれます。

需要の高いphpエンジニアだからこそ~第三者の視点から転職先選択

ビジネスノウハウを紹介するキュレーションメディアU-NOTEの2013年6月14日付記事『【CodeIQ提供】「とにかくアウトプットをしまくれ!」- イケてるエンジニアに共通する、たった1つのポイント』には、キャリアコンサルタントの貴重な意見が掲載。企業の採用担当者にアピールする方法としてアウトプットの大切さが説かれています。そのエージェントは求職者の人となりをみる意味合いで、対象者のツイートやブログにどんな情報が示されているかを確認するとのこと。

“イケてるエンジニアは何らかのアウトプットをしている。”

そうした共通項があるようです。

理想の転職先に出会うためには、常時企業情報を収集している転職エージェントを活用する手も有効。仮に在職中で多忙であっても、自分に適合する転職先候補の検討リストを作成してくれますし、好条件の非公開求人が提示されることもあります。当然、新規求人情報にふれるスピードが速くなる点でも、ひとりで探すより有利です。

いずれにせよphpは、各企業から必須スキルとして設定されるケースが大半の言語。未経験OKの会社も多いとはいえ、このスキルを持っているのは転職に有利なのですから、より条件のよい職場を探すのは当然だしそのために工夫したいところ。資格取得、アウトプットも方法ですが、アプリケーション開発やシステム開発経験など実務をどれだけこなしてきたか、これが最も問われるのは間違いのないことです。

phpスキルを持つエンジニアは3~5年程度の経験でも非常に大事にされています。求人広告のモデル年収例をみても500万円クラス以上が沢山。アナタの開発スキルを武器にして、ほんの少しだけ工夫を加えて、よりよい好条件をゲットしましょう!

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
レバテックキャリア

無料登録


登録はコチラ
元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。
Geekly(ギークリー)

無料登録


登録はコチラ
IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。
登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。