転職 第二新卒

新卒3年以内こそ転職すべき!?第二新卒の転職を成功させる方法

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を見る
1位
リクナビNEXT
(全年齢対象)

★★★★★

詳細

2位
リクルートエージェント

★★★★

詳細

3位
DODA
(20代対象)

★★★★

詳細

新卒で入社したものの、イメージと違っていた、職場環境になじめない、思ったより給料が低かった…入社3年を待たずに会社を辞めたがっている人が増えています。しかし、そんな皆さんに共通しているのが「早々に会社を辞めた自分に転職ができるだろうか?」という悩みではないでしょうか。そこで、この記事では新卒で辞めた人が転職に成功するための方法について紹介していきます。

①新卒だけど転職したいのはなぜ?

厳しい就職活動を乗り越えたにも関わらず、新卒で入社した会社から転職してしまうのはなぜなのでしょうか?代表的な転職理由を見ていきましょう。

1.新入社員にありがちな転職理由

入社と同様に退職も大きな人生の決断です。一体、新卒・第二新卒者の身に何が起き、なぜ転職したいという考えるのでしょうか?まずはその理由についてみていきましょう。

【理由その1】仕事内容のイメージが違った

これは、労働経験のない若い人特有の理由です。聞いた話と実際に働いてみてではどうしても理想と現実の差が生まれがちです。また、最近では採用に課題を持つ企業が多く、企業側も入社者を増やそうとメリットや魅力ある点を前に出して学生を口説く傾向にあるのです。その結果、学生が仕事の裏側の苦労や地道さへの覚悟を持たず入社し、壁にぶつかり早期退職につながるのです。

【理由その2】社風や社員との相性が合わない、人間関係が悪い

面接の際、採用担当は会社の顔であるため、人柄や能力の優れた社員が配属されるケースがほとんどです。そのイメージにひかれて入社すると、現場の社員と相性が悪かったというケースが多くみられます。

特に社員数の多い会社であればあるほど、職種や部署によって独特の雰囲気や個性があり、様々な人がいます。仕事なのだから苦手な人ともうまくやるべきともいえますが、どうしても苦手なタイプや生理的にNGというタイプはいるものです。職場というものは、不特定多数の人間が集まる場所ですから、人間関係のトラブルが発生するのは当然なのです。

【理由その3】独特の風習がある

これは入社してみないとわかりづらいポイントです。暗黙の了解で「朝は就業開始30分前に席につくこと」「意味のない、形骸化した会議が2時間ある」「特定の信条を強要してくる」といった独特な文化があるケースです。

この点を入社前に学生が見極めることは不可能でしょう。なぜなら、社員にとっては当たり前になっていることであるため、入社前の学生にわざわざ説明をしないからです。人によってはその風習を受け入れられず、退職に至ることもあります。

【理由その4】 給与や残業時間といった就業条件が悪い

入社前に伝えられていた給与金額よりも実際の給与が低かったり、残業時間についても「最初に聞いていた話と違う!」というケースはとても多いです。給与も予定より低く、毎日残業で休日出勤が当たり前…そんな生活なら、仕事を辞めたいと思う方が大半でしょう。

対価が低い=自分の評価が低いと感じやすくなりますし、自分の大切な時間を割いてでもその会社のために頑張ろうとは思えないでしょう。当然、退職は時間の問題です。

【理由その5】モラルに反している、会社の将来に不安がある

売上のために社会的モラルに反する手法や考え方を強制する会社も存在します。意識高く社会で活躍したいと考えていた学生であれば、その現実に落胆し、自分がその活動に加担したいと思わないでしょう。また、会社自体の業績も良くないことにより、将来の長期的なキャリアを考えづらく、常に不安を持ちながら精神衛生上良くない状態で働く方もいます。

5つの「辞めたくなる理由」を紹介しましたが、いかがでしたか?自分にも当てはまるという人も多いのではないでしょうか。これらを理由にして転職した場合、周囲から「辛抱が足りない」「最近の若者は」と言われることもあるでしょう。しかし、新卒・第二新卒での転職はとても前向きな選択といえます。この記事では、それについて詳しく説明していきます。

2.第二新卒って何?新卒との違いは?

よく「新卒」「第二新卒」という言葉を求人サイトなどでみかけますが、法的な定義は存在せず、その考え方には企業によっても差があります。一般的な概念としては、社会に初めて入社をした、または入社予定の学生を「新卒」といい、入社をして3年以内(25~27歳前後)の社員の総称として「第二新卒」という言葉を使います。

そういった新卒・第二新卒者は経験年数が少ないため必然的にスキルや経験は未熟です。そのため転職に不利ではないかという声も聞きますが、決してそんなことはありません。平成28年平均の有効求人倍率は1.36倍と着実に求職者に有利な状況になってきています。そのような中でも特に新卒・第二新卒若年者へのフォーカスをした求人も多くなっています。なぜなら、入社3年目以内の離職者が増えているからです。事業活動を健全に運営していくためには一定の年齢バランスや後継者の育成が必要不可欠です。それを補充する意味でも若年者の採用に意欲的なのです。

新卒・第二新卒ならではの価値
また、新卒・第二新卒には、ほかの年代にはない強みもあります。まず、若年者の採用にかかるコストが低く済むことです。次に、経験者よりも新しい環境に柔軟に馴染みやすいというメリットです。あまりにも経験豊富だと、頼もしさはあるものの、新たな環境に適応しづらく、企業としては「扱いにくい人材」であるリスクがあります。一方で、社会人の基礎を持ちつつ、特定のカラーに染まっていない新卒・第二新卒は企業にとって魅力的な存在です。言い換えれば20代の転職は経験よりもあなた自身の人柄が会社にフィットするかといった点や、今後のやる気を見てているのです。

マイナビエージェントで転職できる準備をしておこう

hataraku-banner02
20代転職 無料登録 履歴書対策 高年収求人
  • 約8割が非公開求人
  • 書類の添削、面接対策、スケジュール調整をサポート
  • 希望企業、希望職種、希望条件などヒアリングし自身に合った求人をご紹介
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉など、すべてマイナビエージェントが代行
  • 自己PR、履歴書・職務経歴書など客観的にアドバイス

②第二新卒で転職に成功できるの?

1.第二新卒で転職する人の割合はこんなに高い

厚生労働省の調査データからも、約3割ほどの新卒・第二新卒者が離職する意外な事実がわかります。特に中小企業で働く若者ほど早期退職の傾向が強いようです。企業の大半は中小企業ですから、相当数の若者が新卒入社の会社を早期退職しているということですね。

国もその状況を、指をくわえて見ているわけではありません。若年者支援事業に力を入れ、新卒・第二新卒者がより良い会社と巡り合えるように企業に補助金を出すなど、様々な取組みを行っています。

いざ転職するとなると不安も大きいとは思いますが、多くの若年者が転職を希望している事実、そして国がバックアップしていくれていると考えれば少し気持ちが軽くなるのではないでしょうか?

2.新卒で入社した会社から転職して成功した人の体験談

【Aさんの体験談】超ブラック金融から脱出

ある企業の説明会で、カリスマ社長の演説を聞いて感動したというAさん。その会社一本に絞って就活し、上場企業ながら面接で採用を確約されスンナリ入社できました。その時は「なんて運が良いんだ!」と思いましたが、その考えは180度変わり、むしろ「運が悪かった」と考えるようになりました。

なぜなら、Aさんを待っていたのは、上司から怒鳴られ、終電ですら帰れず社内に泊まるのが当たり前の日々でした。土日祝の出勤も当たり前で、同僚は体や精神を壊して次々辞めていきます。「オマエみたいな根性ナシはよそに行っても使えない!」と脅されましたが、思い切って2年目に転職の決断をしました。

マイナビエージェントに登録して面接のサポートと職歴書の添削を受け、金融からサービス業へ転身を果たしたAさん。新しい職場はしっかり残業代が支給され、週休2日も守られています。最初は慣れない業務に苦労したものの、しっかり研修が行われ、仕事の自信もついてきたそうです。Aさんは、「早めに見切りをつけて本当に良かった!マイナビエージェントを利用して転職して良かった!」と心から感じているそうです。

③新卒で転職するベストタイミングはいつ?

1.「最低でも3年は勤務すべき」は本当?

入社したばかりの会社を辞めたいと人に相談したり、早期退職についてネットを調べるとよく目にするのが「最低でも3年は勤務すべき」。たしかに一理あります。なぜなら、業務を一通りおぼえ、独り立ちができるまで2~3年ほどかかる仕事が多いからです。

しかし、短絡的に辞めたいと思ったのではなく、本当に自分の将来性や今後について熟考した上での退職希望であれば辞めた方がいいでしょう。時間は資本です。海外に比べまだ日本では「長く働く」ことが美徳とされています。しかし、嫌な会社や仕事にダラダラと従事するよりも、自分の輝ける場所で積極的に仕事ができるのであれば、どう考えてもそちらを選ぶべきです。

2.ベストタイミングは〇〇!

新卒・第二新卒で仕事を辞めると決意したなら、気になる点が退職のタイミングです。考え方としては、その会社の中で得られる経験やスキルを少しでも身に付けてから辞めましょう。会社によって必要な期間は異なりますが、辞めたいと思ってから3ヶ月、半年は踏みとどまって自分の中で目標を立ててみましょう。「これをクリアをしてから転職しよう」といった形です。

辞めたくなってすぐに辞職してしまうと、今後の仕事人生において自信を持てない状態になるからです。せっかく新しい職場で働くのであれば、前を見て、有意義な時間を過ごしたいものです。そのために、短期間であっても懸命に努力し、一定の達成感を持って辞めるということがとても重要なのです。

④第二新卒で自分にあった転職先を見つけるには?

1.第二新卒が転職にかかる期間は〇ヶ月

会社にもよりますが、転職をするには、応募、面接、条件すり合わせ、退職交渉などで短くても1ヶ月~半年はかかります。ただし、新卒・第二新卒者の場合は転職が初めてでしょうからもっと時間がかかるはずです。以下に転職の流れをまとめました。今のうちにイメージをつかんでおきましょう。

STEP1.職務経歴書、履歴書を作る(必要期間:1週間)
これらの書類作成は転職する上で欠かせないものです。社会人経験が短いとはいえ、その期間にどのようなことを学んだか、どんな経験を積んだか、どんなスキルを得たか、を提示する必要があります。

STEP2.転職の手法を知る(必要期間:1週間)
経験や職種、今後やりたい方向性によって適した転職活動は異なります。まずはどのような活動方法があるのかを調べましょう。基本的には転職サイトに登録し、人材会社にカウンセリングに行ったり転職フェアに参加する方法がスタンダートとなります。一方で最近では、SNSと連携した採用サイトやカジュアルに会社見学ができる若年者に向けた採用手法も登場しています。

STEP3.人に自分のキャリアについて説明、相談する(必要期間:1~2週間)
ただでさえ社会人経験が少ない新卒・第二新卒者。今後のやりたい方向性や経験の見せ方、伝え方については残念ながら素人となります。まずは自分のことについてアウトプットをしてみましょう。

人に伝えることの難しさにぶつかり、伝えることで自分自身で新たに気付くこともあるため、その内容を職務経歴書に盛り込んでいきましょう。この時、転職サイトのエージェントなど転職のプロに相談をすることを強くおすすめします。自分に合ったエージェントを味方につけ、自分のキャリアについて見つめていきましょう。自己を振り返り、言語化しておくことがゆくゆく面接にも役立ってきます。

STEP4.応募~面接(必要期間:2週間~10ヶ月)
エージェントに紹介された会社や、自分で探した会社に応募をし始めましょう。これが本格的な転職活動の第一歩といえます。コツとしては最初から絞り込みすぎず、興味がある会社があればまずは気軽に応募をしてみましょう。

書類選考を通過したら面接です。何を質問されるか、どう答えたら良いかを研究するには実践あるのみです。うまく話せなかったとしても「良い練習になった」と割り切りましょう。
また、面接は多い会社で4〜5回あるため、就業中の方は調整がきかないことも多くなり、転職活動が長期化することもあります。応募の際は、その点も踏まえておきましょう。

STEP5.内定~退職交渉(必要期間:1ヶ月)
月給制の社員であれば、民法上では退職月の前月に退職したいと伝えれば辞められるはずです。状況や現職の理解によっては、より早期に退職できるかもしれません。その点は現職と次の会社と交渉し、折り合いをつけましょう。

タイミングもありますが、あなたがいかに準備をしたか、真剣に向き合うかによって早く次の就職先がみつかるため、少しでも良いご縁を引き寄せられるよう励みましょう。

2.第二新卒の転職活動は在職中に進めるべき

転職でもっとも避けたいのは、仕事がない「空白期間」ができてしまうことです。つまり、在職中に次の就職先を決めておくべきなのです。なぜなら、退職をしてしまうとも収入がなくなるため、生活費用を貯金から捻出する必要があるのです。その結果あせりが募り、自分が納得した会社に出合う前にほか会社で妥協してします可能性があります。
さらに、空白期間について面接で突っ込まれるといったデメリットも出てきます。

事情があり、どうしても退職後に転職活動をする場合は、生活費などの具体的なプランを考えた上で決断をしましょう。雇用保険に加入していたならば加入期間によっては失業給付を得られるため、離職した際はハローワークを一度訪れてみましょう。

3.第二新卒の職務経歴書の書き方ノウハウ

新卒・第二新卒者の多くの方が悩むこと、それは、職務経歴書の作成です。経験が浅いため、数行しか情報が書いていなかったり、何をアピールしていいかがわからない、自分に自信がないという人がほとんどでしょう。

職務経歴書は、採用担当者があなたを知るきっかけとなる大切な書類です。経験がなくとも、今後の意欲を示し、自分を売り込むためのプレゼン資料なのです。

具体的に何を書く?
社会人経験に乏しく、期間が短いとしても、必ず得たものはあるはずです。よく振り返り、まずは上に書き出してみましょう。例を挙げてみます。

商材知識について深い知識を得た
働業界のビジネスモデルの基本を理解した
ビジネスマナー研修を受講し電話応対は完璧
Excelの四則演算ができる

できることはすべて明示しましょう。また、可能であれば目標数値に対しどの程度達成したか、1日にどのくらいの仕事をこなしていたか、といった「具体的な数字によるアプローチ」も書いておくと良いでしょう。

そして、何より大切なことは自己PRです。ただやる気がありますと言われても採用担当者の心には響かないので、自分の性格や仕事内のエピソード、自分ならではの工夫をした話を交えて記載しましょう。
早期退職をした新卒・第二新卒者は自信を失い、将来に対しても不安を抱いているものです。しかし、大事なのは「前職を早期退職したけれど、自分の設定した目標はクリアした、やることはやった」という気持ちが大事です。そのためには、やはり自信を失わない退職をしておくことが有効な手段となります。

4.第二新卒の転職相談は転職エージェントにしよう

転職をしたいけれども、不安が強いため転職に踏み切れない、という方もいるでしょう。そんな方には転職サイトの活用をおすすめします。転職サイトのメリットは、なんといっても転職エージェントの存在でしょう。あなたの不安を理解し、相談にものってくれますし、魅力的な非公開求人も紹介してくれます。また経歴書の添削や、面接指導まで行ってくれます。新卒・第二新卒で転職を考えている皆さんの心強い味方になってくれるでしょう。

⑤第二新卒におすすめの転職エージェントと転職方法は?

1.第二新卒におすすめの転職エージェント

20代、第二新卒が圧倒的に支持している転職エージェントはマイナビエージェントです。なぜなら全求人数の約8割が非公開求人であり、一般公開されていない求人のためライバルが少なく転職できる可能性が高いからです。また20代、第二新卒向けの転職エージェントならではの転職初心者向けのサービスが充実しています。

そのため、書類の添削・面接対策・スケジュール調整のサポートや書類応募・面接日程の調整・条件交渉は、すべてマイナビエージェントが代行してくれます。さらに転職後のギャップに泣かないために、質の高いキャリアコンサルタントがヒアリングし希望企業・希望職種・希望条件が自身に合った求人を紹介してくれます。

2.転職サイトを上手に使う方法

転職サイトの魅力はなんといってもいつでもどこでも使えるという利便性にあります。最近では各社アプリも出しており、通勤時間や隙間時間、自宅でくつろぎなからでも仕事探しもしやすくなってきています。自分好みの求人だけを抽出して検索もできますし、とても便利なツールといえるでしょう。

まずは「20代」「転職」というキーワードで情報を検索してみてはいかがでしょうか。20代に特化したサイトやサービスもあれば、便利ツール等得られる情報は様々です。知ることで一歩を踏み出せるきっかけになるのであれば、まずは20代の転職について調べてみましょう。

【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。

転職サイト名
20代
30代
40代
50代~
公式サイトリンク
リクナビNEXT

無料登録


登録はコチラ
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
リクルート
エージェント

無料登録


登録はコチラ
リクナビnextとは違って「転職エージェント」が転職のサポートしてくれるタイプのサイト。本気で転職をしたいと考えているなら、リクナビnextと一緒に登録をしておくこと。転職業界大手のリクルートが運営しているので、30歳~50歳の転職がしづらい年齢層」でも雇ってくれる優良な企業のデータベースを持っているのも大きな特徴。
DODA

無料登録


登録はコチラ
21歳〜29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
マイナビエージェント

無料登録


登録はコチラ
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
JAC Recruitment

無料登録


登録はコチラ
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート

無料登録


登録はコチラ
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。