転職 20代

20代後半の“転職適齢期”~異業種転職を成功へ導く参照7点

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細

転職を考えるなら、20代後半がひとつのリミット。円滑な転職を行うための目安となる年齢層といえます。

ただし、異業種や異職種への転職となると話はまた別。基本的に転職の場合は前職の実績が採用可否の判断材料となるからで、まったくの未経験で畑違いの職種を目指すなら、20代後半でも心配なケースが出てきます。

とはいえこの困難な異業種転職でも、成功に近づくための方法があります。今回はその点について説明しましょう。

1.20代が転職を決意する理由

20%e4%bb%a3%e3%80%80%e7%94%b7%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%b4%a0%e6%9d%90

まずは、20代が転職を決意する理由をみていきましょう。共感できる方も多いのでは?

  1. 第1位;自分がやりたい仕事ではない

  2. 第2位:給料が低い

  3. 第3位:会社の先が見えない

注目すべきは1位の「自分がやりたい仕事ではない」です。やりたくない仕事をまかされるのは誰だって苦痛です。また、この理由の裏側には「自分の思い描くキャリア形成ができるのか」という強い不安があるのではないでしょうか?若手である20代でも、多くの方がしっかりと自身のキャリアプランを持ち、それを実現したいという気持ちがあるようです。
2位の「給料が低い」、3位の「会社の先が見えない」も大きな不安の種になるでしょう。転職を考えるのに十分な理由です。
これらのほかには、「残業が多すぎる」「土日に休みたい」という実生活に直接かかわる理由もみられました。現代は仕事とプライベートを上手く両立させる「ワークライフバランス」の時代です。それを反映した結果といえるでしょう。

2.20代での転職は珍しいことではない?

20代での転職、やはり「なんとなく気が引ける」という方がほとんどのはず。しかし、そんな不安を払拭するようなデータがあります。新卒で就職し、3年以内に会社を辞める人の割合です。
「ほとんどいないはずだろう」と予想する方もいるかもしれませんが、意外なことに新卒で就職した社員の3割以上が入社3年以内で離職しているのです。
学歴別3年以内離職率

最終学歴 1年目に辞める人 2年目に辞める人 3年目以内に辞める人 合計(3年以内に辞める人の割合)
大学卒 13.1% 10.3% 8.9% 32.3%
短大卒 18.8% 12.2% 10.5% 41.5%
高校卒 19.8% 11.7% 8.6% 40.0%

出典;厚生労働省発表「新規学卒者の離職状況」

大卒を例に挙げると、3年以内に退職する若手は32.3%です。つまり、大卒で就職した3人に1人が、何かしらの理由で会社を退職しているのです。3年以内の退職は珍しいことではなく、むしろ転職して心機一転、新たな環境でキャリアを構築するケースが多いのです。
スキルもキャリアもまだまだ…という新卒3年目以内の若手でも、積極的に転職している現状が浮き彫りになりました。となると、ある程度のキャリアを積んだ20代後半の方であれば、さらに転職のハードルは下がり、スムーズな転職が可能になるはずです。

3.離職率が高い職種、転職先として人気の職種

続いて、20代で転職する人が多い業種をみていきます。この傾向からみえてくる事実はあるでしょうか?
20代(新卒3年以内)で離職率が高い業種

  1. 1位.:宿泊業・飲食サービス(52.3%)

  2. 2位.:生活関連・娯楽(48.6%)

  3. 3位.:教育・学習支援(48.5%)

出典:厚生労働省「新規学卒者の離職状況」

1位の宿泊業・飲食サービスは52.3%、つまり半分以上の人が就職後3年後以内に退職しているということです。宿泊・飲食といえば勤務時間が不規則なこと、夜間勤務を余儀なくされることが挙げられます。これらの特徴を踏まえると、どうしても早期退職者が多くなってしまうのでしょう。
昼間に、規則正しい時間で働きたいという若手労働者のニーズがみえてきます。

20代に人気の転職先

20代で早々に会社を後にする人たちは、どのような業種に転職しているのでしょう?特に人気の高い業種は以下の通りです。

      ・IT関連
      ・外資系企業
      ・広告代理店

ここで注目したいのはIT業界です。特に若い力を求めている業界ですし、企業としても「能力がある若手」と判断すればスピーディにに内定を出すようです。仕事内容ばかりではなく、若い社員も多く20代にとっては働きやすい業界といえるかもしれません。人気があるのもうなずけますね。

4.20代男性の転職事情〜転職成功の法則とは?

ここからは、男性、女性それぞれの転職を成功させるコツを紹介していきます。
まずは男性編です。

男性が転職を成功させるには?

やはり転職に有利な要素というと「有資格者」であることです。それを生かした業務経験があるなら履歴書や職務経歴書にも深みと具体性が出てきます。人事担当者へも強いアピールができるでしょう。
また、異業種への転職を目指している方は不安があるかもしれません。しかし、営業から営業へ、生産管理から生産管理へ、企画から企画へといった同職種への転向なら問題はありません。仕事の基本は理解していますし、扱う品目や職場環境が変わるだけです。多少の応用は必要になりますが、すぐに慣れることができるでしょう。
となると問題になってくるのが「異業種かつ異職種」の職場を目指している場合。白紙状態からの中途採用はやはり難しいのでしょうか?しかし、あきらめないでください。以下に、まったく未経験の業種・職種に転職したい方へのアドバイスをお伝えします。

経験不問の企業を探す

すべての会社が、必ずしも「即戦力」のみを求めているわけではありません。その業界・職種での経験がなくても、人物像やいままでの経験を見て人を採用する会社も数多く存在します。そういった会社を探し、未経験歓迎の会社や職種へ応募するのも有効な手段です。
未経験でも採用されやすいの職種、業種を紹介します。
職種:サービス系、営業、販売
業種:不動産、商社、サービス、メディア、小売、外食
特に注目が集まっているのが自動車関連業界で、製造、ディーラーに関わらず幅広い分野で人材を求めています。燃料電池や車載カメラ、ネット接続によるナビゲーションシステムなど、革新著しい自動車の付属品に関する技術者も求められ、人手が不足しているのです。この業界では、機械系のエンジニアのみではなく、幅広い人材が求められる時代になったのです。

前職の経験をうまくアピールする

異業種で異職種の仕事に挑戦したいなら、同世代の人間とくらべて遅れが発生している現実を受け止める必要があります。企業側も当然それを理解していますから、面接時にどれだけ自己アピールできるかが大きなポイントになります。
特に意識したいのが、これまでの社会人経験によって自分がどういったヒューマンスキルを得たかという点。スキルが足りないなら、人間的な魅力で勝負しようという考え方です。20代後半ともなれば5年ほどの社会人経験を積んでいますから、企業側はそれだけの「人間力」を期待しています。他業種からの転職なら、スキル以上に人間力や経験値を重視されると考えたほうがよいでしょう。特に面接では、書類でスキルを把握した上で面接に招いているわけですから、人間的な魅力をを重点的にチェックされていると考えてください。
自己アピールの内容も「会社や仕事を変えてみたい」「自分の可能性を試したい」といった、漠然とした転職理由は禁物。自身の持つキャリアビジョンと前職までに得たスキルや残した実績を示した上で、自分は入社後になにができるか、どうしたいのか明確に伝えアピールすることが大切です。
z

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

5.20代女性の転職事情〜おすすめの職種は?

続いて、20代女性の転職ポイントをみていきます。
女性の場合、結婚や出産といった人生の一大イベントが仕事に大きな影響を与えます。一時的に休職するか、退職するか…。こうした選択に迫られるのが女性の特徴です。転職するにしても、20代後半くらいの女性ですと採用担当者もそういった点を気にしているでしょう。ここでは、そういった「不利な状況」をくつがえして転職に成功するためのコツを紹介します。

女性が転職しやすい仕事は?

アパレルなどの販売職やパートなら、求人情報も多いので、経験者でなくとも転職はしやすいものです。しかし正社員での正規雇用となると状況は一変します。特に、業種や職種を変更するなら狭き門になるでしょう。
しかし、有資格者である場合や、しっかりとしたキャリアを積んで同業界・同職種に移りたい場合は有利な転職が望めます。特にMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト:マイクロソフト社が実施するワード、エクセルの技能検定)。)の有資格者は、エクセル、ワードなどオフィスワークの必須スキルを確実に身に着けていることの証になり、転職に有利です。
以下に、おすすめの資格と、それによって転職できる職種例を記します。

・簿記
日商簿記2級など商業系の資格があると経理職への就職が有利になりますが、事務、財務、総務、経営企画など多様な職種への転職例も多く存在します。商業系PCソフト(給与計算など)を開発するメーカーでも簿記に関しての専門知識を重視するケースがあります。
・調剤薬局事務
医薬分業化により、薬局は病院やクリニックに近接して存在しています。調剤を行うドラッグストアも増加しており、調剤薬局事務のスキルを身につければ、様々な職場で働くことができます。就職先の全体数は豊富といえますので、魅力的な仕事と言えそうです。

6.不安が多い「20代の転職」には相談相手が必要

%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

ここまで、20代の転職の現状についてみてきました。20代で転職することは決して珍しいことではなく、理にかなったことはお分かりいただけたと思います。一方で、スキルが成熟していない状態での転職になりますから、ある程度の苦労があることも現実です。
どうしても不安がぬぐえない、自信がないという方もいるでしょう。その場合は転職コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。
まずは、あなたが持っているスキル、抱いている不安などをすべてコンサルタントに話してみてください。その上で、ぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。今まで得た経験・スキルをもっと伸ばしたい、まったく違う業界に飛び込んでみたいなど、コンサルタントは様々なシーンの転職に対応してきた「転職のプロ」です。しかも、一人で仕事を探していたのであれば決して知り得ない「人間関係」「有給の取りやすさ」なども把握しています。
まさに至れり尽くせりのサービスを受けることができます。実は、コンサルタントに相談するという方法は、もっとも効率的で、理にかなってる方法と言えます。気軽に相談してみましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職実績 求人数
1位
DODA
約22万 約100,000

詳細

2位
マイナビエージェント
約15万人 約50,000件

詳細

3位
リクルートエージェント

約30万 約155,000件

詳細