pixta_24077429_m

薬剤師が英語力を「フル」に生かせる職場は?

英語力に自信のある方は、その能力を仕事に生かしてみたいと考えたことがあるはず。薬剤師も同様でしょう。薬局、ドラッグストア、そして病院などでは、やってくる患者のほとんどは日本人です。薬剤師のほとんどは、英語力を生かすチャンスがほとんどないでしょう。

しかし、本当に英語力を活かした薬剤師の仕事がしたいなら、その場所はしっかり用意されています。このページでは、そんな職場を詳しく紹介していきます。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

そもそも、薬剤師に英語は必要なの?

薬剤師の仕事に英語は必要なのでしょうか?冒頭でも少し触れましたが、対応する相手のほとんどが日本人である以上、「あまり必要でない」というのが答えになります。

外国人が多い土地であればドラッグストア、薬局などで重宝される可能性はありますが、やはり薬剤師の本分は調剤業務です。繰り返しになりますが、薬剤師の英語力は必須ではないようです。

しかし、これであきらめないでください。英語力が最大限に活かせる職場が存在します。それは「企業」です。

企業では英語力がフルに生かせる!役に立つ!

グローバル化が進むにつれ、外資系企業だけでなく日本国内の製薬会社や化粧品・健康食品を扱う一般企業でも英語力に優れた人材を募集しています。

特に、製薬企業における語学の必要性の高さは群を抜いています。外国人社員が多い会社などでは仕事や会話のほとんどが英語で行われることもあります。特に外資系企業では、同僚や上司がアメリカ人、というケースも珍しくありません。そうなると留学や英語学校に行ったという経験だけでは不十分と判断している企業もあります。英作文能力や会話能力もネイティブスピーカーと同程度のレベルを求める企業も珍しくありません。

そして、それらの企業では薬剤師の力は必須です。当然、英語のできる薬剤師は喉から手が出るほど欲しい存在と言えるでしょう。

製薬メーカー以外でも英語力は求められる

英語のできる薬剤師が求められるのは、製薬メーカーだけではありません。外国から薬剤やサプリメント・医療系器具を輸入する会社でも、説明書などの英文翻訳や医療通訳において需要があります。海外で輸入する際の交渉においても、医薬品に関する専門知識と語学力に長けた人材が重宝されます。

企業で英語力が求められる職種

企業では、英語力が強く求められることを紹介しました。しかし、企業と一口に言ってもその職種は様々です。ここでは、特に英語力を生かせる職種を紹介していきます。

学術担当者

学術担当者は、自社製品に関して医師などから問い合わせがあった時に対応します。その薬にか関してエキスパートである必要があり、そのためには海外の文献などを読まなければなりません。ほか、薬に関するライティングも英語で行いますから、高い英語力が求められます。

CRO(受託臨床試験実施機関)

CROとは、製薬メーカーの治験を支援する機関です。副作用などの情報を収集するために英語の文献を読む能力が必要です。ライティングを行う機会も多いですし、海外の会社との取引も多いですからスピーク力も必要になります。
総合的な英語力が求められるのがCROなのです。

MRは英語力が求められる?

製薬企業の代表的な職種といえばMRですが、英語力は求められるのでしょうか?結論から言いますと「必要ない」です。特に海外の文献を読まなければならないシーンもありません。

MRはとにかく医療機関への営業に専念することが求められます。しかし、英語力があって損をすることはありませんから、今後のために学んでおくとキャリアアップに役立つことは間違いないでしょう。

⇒「英語を活かせる職場」の求人が豊富な薬剤師専門転職サイトはこちら

英語を活かせる職場に転職したいなら

薬剤師専門の転職エージェントサイトや医療系求人サイトでは、英語力を活かせる病院の求人も多数紹介されています。さらに、登録すれば一般には公開していない「非公開求人」を紹介してもらうことも可能です。あなたの英語力に合わせて、最適な職場を紹介してもらえるでしょう。

そもそも、英語が生かせる職場の求人はレア求人といえるので「非公開」となっていることが多いです。自分の英語力が通用するか、それはどんな職場なのか、色々不安がある方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら