病院薬剤師1年目が抱く悩みとは

病院薬剤師1年目が抱く悩みとは

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

新卒で病院に勤務する薬剤師はどのような悩みを抱くのでしょうか。様々な問題を抱え、1年以内に転職を考える薬剤師も少なくありません。1年目の病院薬剤師が感じる悩みと対処法についてお話します。

1年目の病院薬剤師が辞めたいと思う理由とその解決法

6年以上にわたる大学生活を終えて資格を習得し、ようやく薬剤師として社会人デビュー。傍目からは何の問題もうかがい知れないのに、心の中では「辞めたい」と考えている薬剤師は少なくありません。入局1年目の薬剤師の悩みとは何なのでしょうか。

人間関係が難しくて「辞めたい」

薬剤の棚や処方手順などがなかなか覚えられなくて何度も先輩から注意を受けたり、病棟で看護師にからかわれたりと、人間関係に嫌気がさす瞬間が毎日訪れます。ちょっとしたミスにも露骨に嫌な顔をされたりするなら、働く意欲もうせてしまうでしょう。
先輩方にとっては何気ない言葉であっても、新人薬剤師は傷つきます。「頑張って早く一人前の仕事ができるようになりたいと思っていますので、あまり強い言い方はやめてもらえますか」と直接話してみることも一つの方法です。いきなり一番上の上司などに言いつけるなら、余計にひどい仕打ちをされてしまうかもしれません。まずは本人に伝えて、人間関係を改善して見るようにしましょう。

残業・夜勤が辛くて「辞めたい」

調剤薬局などの薬局に勤務する場合と比較すると、残業が多く夜勤もあるのが病院薬剤師です。人員が不足する職場では労働量が多く、身体的にも精神的にも参ってしまうかもしれません。他の職場と比べてあまりにも労働環境に問題がある場合は、転職を考えるのもよいでしょう。

プライベートの時間が持てなくて「辞めたい」

業務が全て終わっても勉強会やカンファレンスがあって、なかなか帰れないこともあります。休日出勤も多いなら、プライベートの約束もできなくなってしまいます。仕事も勉強も大事ですが、あまりにも数が多すぎると考える場合は、環境を変えてみることもできます。

責任が重すぎて「辞めたい」

薬一つで患者さんの生死を左右します。そのように考えると調剤を行うことも怖くなり、仕事が手につかないという人もいます。知識と経験を積むことで、ある程度恐怖を克服することができます。まずは勉強し、知識と経験を身につけていきましょう。

問題が解決できない時は

就職して1年未満という短い期間で離職してしまうと、再就職先を探そうと思っても、「ちゃんと続けられるのかな」「またすぐに辞めてしまうのでは」と採用担当者に判断されてしまい、転職や再就職がうまくいかないこともあります。ですが、あまりにも無理をしてまで職場に居続けるのも、自分の心と体を駄目にしてしまうことになります。どうしても無理だと決意するなら、思い切って転職活動を始めてみましょう。

転職サイトを活用する

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

近頃では、就職して3年以内に離職する「第二新卒」を積極的に雇用する職場も少なくありません。転職サイトではそのような転職先を、第二新卒の方に斡旋するサービスも行っています。第二新卒を積極的に雇用する職場で心機一転頑張って見るのはいかがでしょうか。エムスリーグループが運営する薬剤師専門の転職サイト「薬キャリ」は数多くの薬剤師の転職実績があります。今すぐ転職ということでなくとも、キャリア相談のサービスも無料で行っているので、あなたの問題解決の糸口が見えそうになければ一度相談してみてはいかがでしょうか。
また、どうしても責任に耐えられないと考える場合は、調剤以外の仕事を考えてみるのはどうでしょうか。コミュニケーション力のある人なら、製薬会社で営業活動を行ったり、調剤行為を行わないドラッグストアで販売に従事したりすることなどもできます。反対に、もっと知識を身につけたいと感じる場合は、新人教育が充実した職場を探すこともできます。教育体制重視で転職の情報収集をしてみるのも良いでしょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

病院についてより詳しく知りたい方は「薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたいリアルな現実」の記事も合わせてご覧ください。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら