病院薬剤師を目指す!採用される志望動機とは

病院薬剤師への転職が成功する志望動機の書き方3つのポイントと例文

病院薬剤師に転職を希望する場合、どのような志望動機なら採用担当者が「採用したい」と考えてくれるでしょうか。思わず採用したくなる志望動機の例文をご紹介します。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.採用したくなる志望動機の書き方3つのポイント

履歴書

まずは、履歴書を読んで採用したくなる志望動機の書き方3つのポイントを紹介します。

  • 職務経歴書
  • 志望動機
  • 転職理由・退職理由

<ポイント1>

採用を決めるうえで最も重視する書類はまず、「職務経歴書」になります。採用担当者は応募してきた薬剤師の過去の経験談、自社の調剤薬局や病院で活かせる経験は何があるのか知りたいのです。

<ポイント2>

職務経歴書の次に重要視するのは「志望動機」です。職務経歴書とは違って、志望動機は薬剤師本人の仕事への希望です。「私は◯◯がやりたいです。」「私は◯◯ができます。」と、自分の能力や経験を交えて希望を伝える場になります。

どんなに資格や稀な経験を持つ方でも、転職先の仕事とマッチしない資格や経験であれば、不採用もありえます。逆に、転職先の仕事とマッチする仕事の経験者であれば、好評価を得られます。

<ポイント3>

三番目に書き方のポイントとなるのは「転職理由」です。「なぜ転職したいのか」を伝えることが大前提になります。転職理由は様々で、「年収〇〇〇円にしたい」「新しい仕事を経験してみたい」など、積極的な転職行動が求められています。

2.病院に転職した薬剤師の2つの志望動機例

志望動機の例①「研究姿勢や患者に対する姿勢が素晴らしい!」

「大学、大学院と、がん化学療法を中心に研究をしてまいりました。研究を続けたい気持ちもありましたが、机上の学問ではなく、実際の医療現場で患者さんの生の声を聞き、スタッフたちとともに患者さんの抱える問題に当たることがもっと大事だと言うことに気付きました。
がん治療に関して実績が高いだけでなく、患者さんのQOLを高める独自の取り組みをされていることにも大いに感銘を受けています。貴院の素晴らしいがん患者のターミナルケアを含む全てのケアと取り組みに、私も参加したく思っております。よろしくお願いします。」

志望動機の例②「チーム医療を実践したい!」

「○○調剤薬局で5年勤務いたしました。仕事は楽しく、やりがいと興味を持って臨むことができました。ですが、どうしても薬剤師ばかりの環境ですので、病気に対するとらえ方も治療に対する見方も一律的になってしまっているように感じていました。
どうしてもっと多面的に患者さんや病気を捉えられないのか・・・と考えながら、家で大学の時の教科書を手当たり次第勉強し直していると、「チーム医療」という言葉につきあたりました。看護師や医師、そして私たち薬剤師が連携してそれぞれの立場から患者さんを評価し、評価した内容をチームで話し合うことで多面的な医療を提供できる「チーム医療」を、私も実践したいと思うようになったのです。
それからの毎日は、チーム医療に力を入れている医療機関探しに時間を費やしました。そして、貴院で私が思い描く積極的なチーム医療を実践していらっしゃることがわかり、ぜひ、私も加わりたいと思うようになりました。積極的なチームの一員になれるように努力しますので、どうぞよろしくお願いします。」

採用に有利な履歴書準備の裏ワザを見てみる

3.志望動機を述べるときに気を付けたいこと

面接

履歴書の志望動機の欄には、見やすい字体で簡潔にまとめられた文章を書くべきです。ですが、面接の際に「志望動機を教えてください」と質問された時は、長くなり過ぎないように気を付けながら、熱い思いと要点が伝わるように話すことができます。

これらの例は全て3分以内で話せますので、面接官から「長すぎる」とか「要点は何?」とは思われないでしょう。
自分自身の言葉で具体的な例を入れつつ志望動機を述べることが、面接担当者の心を打ち、採用されるポイントでもあるのです。

面接に不安がある人がやるべきこととは?!↓

4.転職に成功する履歴書作成と面接準備の裏ワザ

面接裏わざ

薬学部で得てきた知識は同じでも、人によって興味を持つ分野や希望する仕事内容は異なります。また転職する場合においても、以前、製薬会社で業務をしていたのか一般企業に就職していたのか、ドラッグストアなどで販売に従事していたのか、それとも医療従事者としての経験を積んでいたのかによっても、納得のいく志望動機は異なってくるのです。
それぞれのバックグラウンドに適した志望動機、納得できるだけでなく思わず採用したくなる志望動機を書くにはどうすればいいのでしょうか。

求人サイトの活用

薬剤師専門もしくは医療関係者専門の転職サイトなどでは、専門のスタッフが履歴書の添削指導をしてくれたり、面接における具体的なアドバイスをくれたりするサービスを提供していることがあります。

特に薬キャリマイナビ薬剤師では、専門のコンサルタントが履歴書の添削指導をしてくれたり、面接における具体的なアドバイスを提供するサービスがあります。

彼らは薬剤師転職における数々の成功事例を把握しているため、個々人に合った志望動機の書き方も熟知しています。転職経験が無く書き方が分からない方、転職が重なり自分の職歴に自信が持てない方は、ぜひ一度転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

薬キャリに無料登録するだけでも、毎日「薬剤師転職コンサルタントメッセージ」が更新され、「履歴書の書き方で悩んでいます」「転職回数が多いと不利でしょうか?」などの質問に、転職コンサルタントが丁寧に回答しているのが見られます。転職サイトに無料登録し、情報を眺めることから活動を始めてみませんか?

病院についてより詳しく知りたい方は「薬剤師が病院に転職したいなら、事前に知っておきたいリアルな現実」の記事も合わせてご覧ください。

履歴書添削・面接のサポートならエムスリー薬キャリ

エムスリーはこんな薬剤師におすすめ

  • キャリアアップのために転職を考えている
  • 調剤薬局以外の職場にも興味がある

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら