在宅医療において薬剤師が注意すべき問題点とは

在宅医療において薬剤師が注意すべき問題点とは

現在、在宅医療を利用している患者さんは65,000人以上と言われています。高齢化社会が進むことや、人口偏在化が進むことで、ますます在宅医療を利用する患者さんは増えていくと考えられています。在宅医療に関わる薬剤師の数も、より一層増えていくでしょう。 在宅医療が抱える問題点と特に薬剤師が注意すべきこと、そして在宅医療の求人を探す方法についてご説明いたします。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,在宅医療の課題とは

医師と看護師が中心となって在宅医療の関わることで、薬剤に関する知識や経験の少なさから様々な問題を招いてきました。例えば、嚥下障害がある高齢者に錠剤をすりつぶして提供することで、薬の溶解時間が大幅に短縮されて必要な器官まで薬剤が届かなくなってしまったり、飲み合わせが悪い薬剤と知らずに処方してしまったりなど、薬剤師がいれば未然に防げる問題が多発してきたのです。
この状態を深刻に受け止め、厚生労働省は2011年に在宅医療に関する調査を行い、薬剤師の必要性と在宅医療に関わる薬局を増やすことの緊急性を訴えました。薬剤師に関わる在宅医療の課題と、在宅医療の全体的な問題点について挙げていきます。

24時間体制が難しい

在宅医療では定期的に曜日や時間を決めて患者宅を訪問する「訪問医療」と、必要に応じて訪問する「往診」が提供されます。患者さんが急変した場合などは365日24時間至急の対応が望まれます。ですが、そのように対応できる医師や診療所・病院などの医療機関はまだまだ少ないのが現状です。

在宅医療だけでは経営が成り立ちにくい

在宅医療を必要とする患者さんが地域に多数いる場合は良いのですが、在宅医療を行うほとんどの場合は、広範囲に患者さんが点在するために患家を訪問する往復の時間が長くかかったり、それに見合う診療点数を請求できなかったりしますので、経営が成り立ちにくくなっています。そのため、在宅医療に関する診療報酬改定の必要性が高いと考えられています。

連携する保険薬局や小規模薬局の設備不足

がん患者さんには無菌調剤が必要となりますが、サポート薬局側に調剤設備がなく対応できないこともあります。それに加え、必要とされる衛生材料や医薬品が通常の薬局では提供できないことも問題とされています。

2,在宅医療において薬剤師が注意すべきこと

処方せんと向き合う調剤薬局での仕事と異なり、在宅医療における薬剤師の役割は広範囲に及びます。薬剤師の仕事内容と注意すべきことを見ていきましょう。

患者への指導と管理
ただ単に薬を提供するのではなく、患者さんの服薬状況と薬剤管理状況を把握し、適切な服薬指導と服薬支援を行います。また残薬が無いかチェックし、副作用の状況や症状の改善について把握します。

他のスタッフたちとの連携
ケアマネージャーや介護スタッフ、医師、訪問看護ステーションの訪問看護師などと密に連絡を取り、今後の治療方針や支援構想について話し合います。

3,在宅医療の求人の探し方

在宅医療を行う医師の事業所や、在宅医療事業を行っている薬局に所属するならば、薬剤師として在宅医療に関わることができます。ですが、在宅医療を行う医師は非公開で提携スタッフを募集していることが多く、また、在宅医療を行う薬局は全国にまだ10,000店舗程度しかないため、通常の求人サイトなどでは見つけにくいのが現状です。

転職エージェントサイトを活用する
そのような非公開求人や絶対的な件数が少ない求人案件を探すことができるのが、薬剤師専門の転職エージェントサイトです。薬剤師が資格を活かして就くことができる様々な業種や業界の情報が豊富に提供されていますので、転職を考える薬剤師の大きな味方になってくれます。在宅医療に興味を持つ方は、積極的に活用して行きましょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら